gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

言葉を重ねる

2016-10-19 21:43:38 | 日記
我が家の近い親戚の中での理系人間はただひとり、ボクちゃんのパパである。ボクパパは、慶應義塾大学の理工学部を出て、エンジニアとして東芝に勤務している。娘はパソコンの調子が悪くなると、ボクパパに修理してもらう。娘の依頼に、ハイハイと応えてくれる。「休日なのに申し訳ない」と言うと、「大丈夫です、大丈夫です」と言う。よく言われるような二つ返事で引き受けてくれる。快諾である。ボクパパは気持ちのよい人柄である。

車椅子を家人か娘に押してもらって病院の中を移動する。皆さんが気遣ってくださる。エレベーターの前では「どうぞ、どうぞ」と先を譲ってくれる。「あ、おそれいります。どうも、どうも」とご厚意に甘えることになる。乗用車から車椅子への乗り移りも簡単ではない。「ゆっくり、ゆっくり」と娘の声がかかる。

「お昼ごはんは、何にいたしましょうか?」、女中さんが祖母と私に訊きに来る。まだ女中さんがいたのだから、太平洋戦争の前だ。「オムライス、オムライス」と私が叫ぶと、「同じことを二度言ってはいけません。下品になりますよ」と祖母の声が飛ぶ。祖母は幼い頃の私の教育係だった。明治19年の生まれで、女子高等師範(お茶の水女子大)の出身だから、ホンモノである。下品という言葉を、よく使った。「うん」と返事をすると「はい」に直され、「ハイハイ」と答えると「ハイは一度だけです。二度言うと下品になります」と叱るような口調になった。


朝昼夕と、家人に呼ばれて食卓に着く。家人がすぐに「タオルタオル」と言う。タオルはエプロンの代用で、私がよく食べ物をこぼすので、襟元から胸前にぶら下げている。

私は時々、祖母のことを思い出す。祖母がいま、ここにいたら何と言うだろうかと考えてみる。「タオルタオルは下品ですよ」と、家人に向かって言うだろうかと考えてみる。 祖母はたぶん、家人にではなく私に向って、「きちんとなさい。それにしても、よくこぼしますね。食事はゆっくりとしなさい」と言うだろう。もちろん私は反射的に「ハイハイ」と応えてしまうだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不平不満 | トップ | やたらに »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。