gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

依存症

2017-04-29 18:23:27 | 日記
脳梗塞で入院したときはまだ60歳で、酒量も30,40歳代の頃と変わらなかった。少ない日でも、サントリーホワイトのボトルを3分の1は呑んでいた。まさかとは思うのだが、アルコールの禁断症状が出るのではないかと不安だった。脳梗塞の方は右脚が動かないだけで、他の部分に不安はなく、きちんと話すこともできたし、手指も大丈夫だった。何かを考えることもできた。25歳まで住んでいた世田谷の家の近所にいたホンモノのアル中男のことを、思い出していた。その男は朝から酒臭かった。麻雀を打つと途中で手が震え、それが焼酎を1杯呑むとピタリと止まった。私はアル中度テストというのを雑誌で読んで試したことがあって、結果はアル中予備軍の中に入っていた。今回の入院は半月ほどかかるらしい。最初の2,3日はともかく、5日、1週間とアルコールが切れると手が震えたり、舌がまわらなくなったりするのではないか。幸いにしてそれは無かった。私はまだアルコール依存症にはなっていなかった。3日目あたりで、それがわかってほっとした。

現在の私は、家族依存症である。アルコールであれ薬物であれ、依存症の基本は、甘えである。酒のことで言えば、明日から禁酒しようと決心し、明日になれば、いや禁酒するのは難しいからまずは節酒だと、少しだけ呑む。少しだけが2杯、3杯となり、やはり禁酒は来月の1日からにしようとなる。すなわち甘えである。私は家族に甘えている。朝起きて洗面所へ行くときに、「痛い!痛い!」と言う。繰り返して言う。実際に腰痛は辛いのだが、もし家人も娘もいなければ、私はたぶん、黙って洗面所へ歩くだろう。話が逆である。人がいるときこそ、静かにするのが本当のはずだ。親しき仲にも礼儀は要るのだ。しかし、明日の朝も私の「痛い!痛い!」は口をついて出るだろう。家族依存症は死ぬまでなおらないかもしれない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長いお付き合い | トップ | 4月30日 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事