gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

省エネ

2017-05-05 18:12:33 | 日記
晩酌の途中で家人の目の前にある味噌汁を少しもらう。3クチほど飲む。具は玉ねぎとジャガイモだから野菜の旨味がある。ダシも効いている。煮干しで取ったものではないが充分に旨い。だしの素、とかそういった種類のものだろう。煮干しや昆布や鰹節を用いるのが本筋というものだろうが面倒である。即席調味料でいい。省エネである。私は塩味のスープは1日に1椀しか食べない。20年間そういう習慣になっている。だから、晩酌の味噌汁少々は毎晩ではない。時々の浮気である。浮気の味噌汁は口腔や胃が喜ぶ感じになる。ホンモノでなくていい。私の味覚のレベルは高くない。

発明の基本に、便利さというのがある。薪で飯を炊くよりは炊飯器の方が便利である。ラクである。炊飯器なら飯が炊きあがる間に別の仕事ができる。鯵と胡瓜の酢の物が作れる。すなわち省エネである。何年か何十年かの後には、家事ロボットが出来るだろう。人間の運動はスポーツなどの趣味の方向に偏るのではないだろうか。

中学時代に冬季校内マラソン大会というのが毎年あった。学校を出て田圃の真ん中に通っているバス道路を通り、町の商店街を過ぎて戻って来る約10キロの道程だった。私は100メートル以上走るのが嫌いだった。苦手であり、バカバカしかった。だから田圃道の中間で近道を選び、街中は省略した。文字通りの省エネである。近道は歩いた。あまり早くゴールするのもヤバいからだった。そして時を見計らって校庭に到着すると、鬼のような顔つきの学年主任の男性教師が立っていて、「おまえら、近道したな!」と怒鳴った。私と何人かの省エネ仲間には、グラウンド3周を走るという罰則が待っていた。誰かがサヤッポしたのだった。サヤッポとは、現在のチクる と同義の茨城弁である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 他人(ひと)の弱みに… | トップ | 5月5日 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。