gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

将棋

2017-04-20 09:58:08 | 日記
久しぶりに将棋を指した。お相手はご近所のAさんで、家人がA夫人とコーラス会で知り合って、もう10年来の友であり、私も、大動脈瘤破裂以前はペインクリニックへの往復をAさんの車にお願いしていた。Aさんも夫人も好い人である。俗な言い方をすれば、顔に善人と書いてあるタイプだ。年齢は私より3ツ若いが、健康である。入院経験は、20代のときに患った日射病の1度だけだと言う。

Aさんとの将棋は2度目であって、前回は1年ほど前だった。そのときは1局だけ指して、ビールの時間になった。Aさんは、いわゆる攻め将棋だった。結果は私の勝ちだった。今回も同じような形になるような気がした。

対局は私の予想どおりに進行した。角道を開ければすぐAさんの手が伸びて角交換になる。端を突いて来る。桂馬が跳ねて来る。昔、高校野球の池田高校に蔦文也さんという名監督がいて、渾名が攻めダルマだった。Aさんも同じである。王将を囲まない。囲う前に砲撃を開始する。守備よりも打撃である。投手よりも打者である。攻めダルマである。だから始まって40年ぐらいまでは、私は受けにまわる。Aさんの攻めはムリ筋が多いので、受けるのはラクだ。エラーだけ気をつければいい。やがて、攻めが切れる。そのときを待つ。こちらはゆっくりと攻める。Aさんの陣には隙が出来ている。ムリ攻めの後だから、自宅が留守になっている。「ああ、これはダメです。ダメですねぇ」とAさんが繰り返すようになる。2局指して3時間、重田名人の指圧治療のあとだったので、腰は大丈夫だった。

NHK杯トーナメントで藤井聡四段が千田翔太六段を破って13連勝したという記事を読んだ。藤井君は14歳の中学生棋士である。テレビで彼の対局を観られるのはいつなのか、楽しみが1つ増えた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 老いとテレビと | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。