gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

夫婦

2017-07-29 20:35:35 | 日記
以前に勤めていた会社のOB・OG会のような集いがあった。20年も前の話である。その会は半年に1回の割で開かれていた。その何度目だったかに私は家人が運転する車で出席したのだが、そのとき私はいつものように後部座席の左側に座っていた。それを、会員の一人であるA子が見ていた。「亭主関白なのね」とA子が笑った。私は別に説明しなかった。「いつもの通りだ。席なんかどこでもいい。ゆっくりしたスペースがあればいいんだ」とは言わなかった。そして、次の集まりの日にA子がまたそのことを話し始めた。「あのことをみんなに話したら、それじゃぁ運転手とお客さんみたいじゃないって笑ってたわ」と言った。みんなとは、自分の家族とか友人達であるだろう。私はナルホドと思った。このことを逆にした図を考えてみた。つまり、夫が前でハンドルを握り、妻が後ろで脚を組んで、悠然と構えている図である。それはたしかに、運転手と客になる。

S男とK子も前記の会のメンバーである。二人は社内結婚している。S男は75歳になる現在でも自営の工場をやっている。中元・歳暮の季節になると、ウチの娘が勤めているデパートに(もちろん夫婦で)やって来て、たぶん、親会社の何人かに贈るのであろう品々を選んでいる。娘が少し便宜を図るらしく、お礼に、私宛に洋酒を送って来る。娘のいるデパートは、それだけ売上が増えるのだから礼は要らない。だから、私も二人に何かを送る。そういうことで、S男K子夫婦とは長い付き合いが続いている。好い関係である。夏と冬にそういう嬉しいことがある。二人はもちろん車に並んで乗るだろう。S男が運転席、K子は助手席である。そのうち、二人乗りの車でも買うのではないか。彼ら夫婦には、二人乗りマイカーが似合うと思っている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昼の時間 | トップ |  »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。