gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

10月31日

2016-11-02 10:36:22 | 日記
プロ野球にはあまり興味がないから知識茂内。毎週土曜と日曜に配達されるスポーツ紙で、競馬の予想のあとにちょっとその辺のページを見る程度だ。でも、今年はなんとなくおもしろそうな気がした。顔合わせが新鮮である。広島優勝すれば32年ぶり、日ハムなら10年ぶりなのだそうだ。ソフトバンクやジャイアンツのような常勝チーム同士でないのがよい。

知識がない。広島の緒方、日ハムの栗山両監督の球歴を知らない。どんな選手であったのかを知らない。投手のことでわかっているのは広島のエース前田健太君が春にアメリカへ行ってしまったこと、巨額の契約金をふり切って古巣で最後を迎える黒田博樹君が、どこまでがんばれるか。日ハムは二刀流の大谷君、ケンカ少年顔の4番打者中田君あたりが大活躍するのかどうか。両軍にどんな外人選手がいるのか、いないのか。

シリーズ開始前に、心情的には広島に勝たせたいが、金を賭けるなら日ハムと書いた。広島は市民球団である。選手の年俸は12球団で最も安いそうだ。カープ女子という応援団がある。試合のたびにスタンドが真っ赤になる。夏にはオバマ大統領が訪れて、あの昭和20年8月6日の原爆で死亡したアメリカ兵の霊を弔い、守り続けている日本の老人と抱き合ったシーンもあった。日本ハムはリーグ戦の途中で11ゲーム離されていたソフトバンクを逆転しての優勝である。金を賭けるなら、その勢いに乗る方がよいと思った。家人に1万円賭けないかと訊いたら、「大谷君の方?」と言う。これではカケにならない。

シリーズの結果は、ご存じのとおりである。広島ファンの方々には申し訳ないが、私はよかったという気がしている。
第一に両チームともホームグラウンドで3ゲームずつ戦えたことがある。いわゆるグッズの売れ行きもよかっただろう。第二にすべてのゲームがおもしろかったことがある。第6戦は大差がついたが、それとて後半に入ってからのことだった。黒田引退の舞台も観ることができた。第三に大谷ブームのことがある。家人も娘もにぎやかだった。かわいい、色が白い、顔が小さいのがいい…と巨顔病である私の前で燥いでいた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月30日 | トップ | ネコが来た »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。