atelier.jは相模原市矢部の洋服お直し

矢部で洋服のお直しをやっています。毎日ソーイング。小さな小さなアトリエ.Jですがオリジナル作品も作ってます。

ポルトガル 最終夜

2017年07月10日 | 旅行
ポルトガル最終夜はファドを聴きに行ったのですが、その前に町歩きをぐるぐるしていたので付け足しです。

手芸屋さんが開いてました。
嬉しい!中に入ってみる♡店内はボタン、ワッペン、テープ、毛糸、刺繍糸、手芸小物などなど。
アンティークなレジが目につきました。入り口から入った感じです。
シリコン製の指ぬきが使い易そうで買おうとお値段聞いてみたら、お高いのでやめました(><)ここでもケチなおばさん!
でもお店の方は
日本人ね〜、日本の本に載ったのよ。
そうなんです。だから、ここに来たかったんです。
どうぞ、楽しんで。
と言ってくれました。優しい(*´︶`*)
大満足です。
メインストリートは観光客で大賑わい、大道芸のお人形がファドを歌っています。ギターのおじさんがリアルで引き込まれましたよ。
お人形の病院のウインドウ楽しい小さい時に知っていたら、ハマったと思う…。
リュック率が高いです。
旅の目的、今回もまた布地屋さん。
一階は服地のカット売りがメインで2.3階カーテンやテーブルクロス、カバークロスは可愛い布地があります。
服地用のポルトガルらしき色、サイケ、ポップな布地は残念ながら アリマセーン
(´-`).。oO購入したのは各1メートル。帰って来てからW幅で、洗濯してもシワも寄らずサラッとしている布地でした。2メートル買えばいい良かったと自分のケチを後悔。

と、ここから前回の続き
船を降りてファド待ちで ぶらぶらしていたら


くちばしの家
なんのこった?
壁がくちばしの様だから…
近づき納得!
何?
ここの店を通った時にご婦人が食べてらして(すごい量を食べてらして)気になり便乗しました。カタツムリの中身を爪楊枝でほじくって食べます。
アッサリ味で美味しい。ゆっくり食べて完食。
タップリ陽も落ちて大聖堂近くのクルべ デ ファドへ。少し待ちましたが、予約無しで入れました。女の人、男の人のファドを聴きながら、バカリャウ コジードとワインを頂き最終夜、満喫しました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポルトガル7日目 オビドス | トップ | ポルトガル最終日のリスボン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。