yabanjin-soulのTシャツ魂

ロック魂を手描きで表現するyabanjin-soulのたわごと・ひとりごと

映画「ロード・オブ・ドッグタウン」

2016年10月17日 | 映画
DOGTOWN & Z-BOYS トレーラー


TSUTAYAの検索機でデヴィッド・フィンチャー監督作品を検索したら

この映画がヒットしたのでてっきり彼の作品だと思って見てたんだけど

特典映像を見たら別の人の監督の名前が。

どうやらガセネタだったらしい(苦笑)。

でもそれがまた功を奏した。

この映画はすごく良かったね。

最近は実話物が好きなのもちょうど良かった。

1975年ごろの西海岸でスケボーの新しいスタイルがドッグタウンの少年たちによって広まっていったらしい。

彼らの成功物語なんだけど、その成功が仲間をバラバラにしていく物語でもあった。

とまあ、よくある話でもあるんだけど

悲劇でもあるお話をドキュメンタリータッチで描いた作品。

最後はメンバー同士がいたわり合う姿に、泣けるほどじゃないけど感動する。

この映画で「スキップ」役のヒースレジャーが何か賞をもらったらしいけどよく覚えていない。(笑)

そんなことどーでもいいっていう気分にさせる映画だね。

退廃的で、

世間の評価なんて二の次で、

とにかく自分の好きなことに取り組み続ける。

そういうことに価値を最も置くスタイル。

いや~、なかなかかっこいいじゃん!

全編に流れる音楽もすごくイカシテル。

ジミヘン、デヴィッド・ボウイ、・・・その当時に流行ってた曲が流れてサイコーにイカした映画だったね。

一度観といて損はないですよ。

******************

追記

デヴィッド・フィンチャーは「製作総指揮」で関わっているらしい。

でも特典映像には全く出てこなかったし

製作者として他の人が出てたから、もしかしたら名前だけ貸したのかもしれないな。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画ファイト・クラブ (Fight... | トップ | 暑くなったり寒くなったり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。