yabanjin-soulのTシャツ魂

ロック魂を手描きで表現するyabanjin-soulのたわごと・ひとりごと

映画『ヘイル、シーザー!』

2017年05月05日 | 映画
映画『ヘイル、シーザー!』予告編


正直に言うと、コーエン兄弟監督作品の完成度の高さは認めるんだけど、

どうしてなのか、いつもイマイチ感がぬぐえない。

いつも見終わるたびに、「何でイマイチに感じてる自分がいるんだろう?」と思ってるもんだから、

そこを知りたくてコーエン兄弟作品は期待はしてなくても手を伸ばすことになる。

そして、いつもその肝心な理由にはたどり着けないでいるんだよね~。




んで、今回の「ヘイル、シーザー」。

いや~、大いに笑ってしまった。

ようやくコーエン兄弟と理解し合えたような気分。

予告編のストーリー紹介の内容は本編とはちょっと違うね。

まあ、一応誘拐事件は起こるんだけど、主役の「何でも屋」(本当は「何でも屋」なんかではなく、映画会社を取り仕切るマネージャーさん)はそればっかりに関わってない。

いろんな役者さんのトラブル解決に奔走してる。

ハリウッド映画の役者さんのイメージ維持に必死になるマネージャーとそのイメージとは裏腹に本当におバカな役者連中。

そのギャップが「夢を売る」という目的で正当化される。

そこに巻き起こるドタバタコメディ―映画がこの作品。

ダンスも、歌も、下手な演技をするのでさえも、本当に上手で、

ハリウッド俳優さんの質の高さには本当に驚かされるよ。




これまで「コーエン兄弟監督作品はちょっとな~」と思っている方、

これなら多分大笑いできると思いますのでおススメします。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 壁面画「こいのぼり」 | トップ | スーパー銭湯。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。