yabanjin-soulのTシャツ魂

ロック魂を手描きで表現するyabanjin-soulのたわごと・ひとりごと

『バーン・アフター・リーディング』 

2017年05月14日 | 映画
『バーン・アフター・リーディング』 本予告


今週レンタルしたのはやっぱりコーエン兄弟作品「バーン・アフター・リーディング」。

これってシチュエーションコメディの部類に入るのかな~。

大スターがこうやって真面目にコント劇をやるのはホントに面白い。

ジョージクルーニーは「おバカな女好き」という役柄は今回もさらに過激な「変態度」を見せている。

なんてったってハードSEX用チェアマシンを地下室で自作しちゃうんだからね。

しかも、それを妻相手じゃなく不倫相手に使うため。

その不倫相手もそれを見せられて目を丸くしながらも引いちゃうんじゃなく逆にそそられちゃうんだからね~。

ホントに笑っちゃう。

あのブラピもコーエン兄弟にかかれば単なる「筋肉バカ」に。

二人とも本当にバカに見えるから不思議だ(笑)。






でも、ね・・・。




大笑いしたんだけど、

コーエン兄弟作品になぜか個人的にイマイチ感がぬぐえないのかがようやくわかった気がする。


それはこういうシチュエーションで気がついた。

今回も死者が出るんだけど、

その死者の扱いがね、彼らの作品はどうも軽く感じるんだなあ。



話を面白くするための一つのシチュエーションとして殺されちゃってるだけのような気がするんだよね。

その殺された人がいなくなることによる悲哀を感じる人が出てこないというところにもそれは表れている気がする。


まあ、でもこれは本当に個人的な感想ですんでね。(笑)

「映画なんだからそんなこといちいち気にしてんじゃないよ。そんなこと言ってたらアクション映画なんて見れないじゃん」などと言われてしまうのがオチだと思いますので大ぴらには言いませんが。


とにかく、


ジョージクルーニーのスケベ顔が見たい人、変態加減を知りたい人、必見の映画です(笑)。


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナメクジ | トップ | バラとクモ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。