串カツ子の旅日記

美しい国、日本。まだまだ見たい所がいっぱい。
温泉、宿屋、食べ物、紅葉、桜、街並み・・・興味の対象は尽きません。

土石流被災家屋保存公園

2017年05月18日 | 旅-九州・沖縄

 2017.04.06 南島原 道の駅みずなし本陣ふかえ に併設されている
土石流被災家屋保存公園

1991年の雲仙普賢岳噴火の際、土石流に埋もれた家屋が、
屋内、屋外に11棟保存展示されている。

 

 

 流れ下った土石流の上を歩いている~

 

 

 

 この家屋だけは移築されたもの。

 

 

 

 どこでも見かける光景だが、何を感じてお賽銭を投げ込むのだろうか?

こちらは屋内展示場。 

 

 

 お寺だったのだろうか?

彫刻の施された梁やカエルマタが見える。

200円を支払い、大火砕流体験館へ入る。

椅子は体感音響装置が施されているので、火砕流や土石流の恐ろしい
地響きが伝わってくる。 

3Dでないのは救いかも。

土石流の映像。 

まるで津波のように感じたが、土石流の流れてくるスピードが
緩やかだったので、倒壊は免れたらしい。

いやはや、牙をむいた自然の脅威をまざまざと感じる施設だった。

火山の噴火とは無縁の所に住んでいるが、いつか襲ってくるかもしれない
自然災害を心の片隅にしまっておかなくちゃ・・・。

それへの備えは出来ているとは言えないが、嘆かず受け入れる
覚悟だけは持っておこうと思った。

 

 島原からフェリーで熊本へ。

同じ航路を2社のフェリーが運航している。

島原~熊本間を30分で結ぶ熊本フェリー

倍の60分かかる九商フェリー

料金は九商フェリーの方が1000円程安かったので、こちらに乗るが、
10分遅く出港した熊本フェリーに追い越される。

そしてスイスイ離れて行く。

 常連さんのウミネコ。

船内で売られているかっぱえびせん待ち。 

 

 熊本港から宮崎県小林市の神の郷温泉へ。

神の郷温泉で2泊したのに、連日雨。

桜も遅れているし、この雨では花見も出来ない。

あ~ぁ、残念。

九州の旅はこれで終わり。

小林から高速道路で岡山県の湯原温泉で1泊して帰阪。

 

『長崎県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原城跡 | トップ | 宝泉坊ロッジ-部屋 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む