ニッコウの旅のブログ
旅行の写真集
散歩の写真集

               
                    




「松代城」
松代城は、長野県長野市松代町松代にある城郭で、元々は海津城とも言われた。
また茅津城とも言われ茅の生い茂った地であったと伝える説もある。形式は輪郭式平城で
国の史跡に指定されています。戦国期には甲斐国の武田晴信(信玄)が信濃侵攻を開始し、
北信豪族を庇護した越後国の長尾景虎(上杉謙信)との北信・川中島地域をめぐる川中島
の戦いへと発展する。千曲川河畔の海津城は川中島地域の拠点城郭として整備され、武田
氏は北信国衆である清野氏の館を接収し武田家足軽大将の山本勘助に命じて築城され、城
には小山田虎満(備中守)、二曲輪に市川等張・原与惣左衛門が配置されたという。
江戸時代、真田氏が松代藩主となると、松代城を中心に真田10万石の城下町が発展した。
明治の廃城にともない建物が壊されたため、長い間石垣を残すのみでしたが、1981(昭和
56)年、新御殿(真田邸)とともに国の史跡に指定されました。その後、長野市により環境整備
工事が行われ、2004(平成16)年に櫓門・木橋・石垣・土塁・堀などが復元されました。


























コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« デジブック 『... 記事一覧画像一覧読者一覧フォトチャンネル一覧 デジブック 『... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。