とこのへや

とこの雑貨と、とこのお洒落着。
とこは樺太に住んでいたことがあります。
ときどきとこの嫁日記となります。

潔さ

2017-04-04 23:31:45 | 日記

今晩は。

都内の桜は場所によっては
すでにほぼ満開ではないでしょうか。

青森県で生まれて育った とこ嫁には、
入学式に桜、はという様子は実際と違うのにというのが正直なところ。

なんせあっちは、桜が咲くのはゴールデンウィークの直前くらい。

ゴールデンウィークは花見が定番ってのも、なかなかおつですけれどもね。

例年、会社近くの公園で
新聞紙を敷いて桜を見ながら酒を飲むってのがありまして
首謀者が付箋に「公園で」と桜の花びらのマークを書いて
集合って感じでしたけど

今の部署、この繁忙期を超えれば3年になる。
会社自体は20年の在籍になるけれど
産休育休を経て復帰してから10年間までは、ほぼ残業対応なし
評価は昇給するギリギリで、当初はボーナスが普通にもらえました。

しかし昇格は全く話がない、名前を呼ばれない。
ひたすら作業だけをしている人。
残業をしなかったらそうなのか?と残業もフルで、
夜勤も対応しても何も変わらなかった。

ルールを決定するような会議には
自分より若手が参加するようになり、
提案をしても無反応。
あっても、「前に同じ提案があったからダメ」というだけ。

辞めた元上司に尋ねたら「提案と言う名のダメだしで、Win-Winじゃない」
と言われた。
ということはだ。
提案がいいとか悪いではなく、ただ上司に好かれて、
長く一緒にいることだけが
重要だということ。
懸案事項の相談をされるのは、そのほんのおまけってわけ。

意地でも「輪の中には入れない」という空気感。
作業だけをしていてくれればいいのに、という理屈。

もっと早く気がつくべきだった。

部を異動しても、
何をしても、評価はされないし、
昇格しないんだって。
自分の思うとおりに顧客へ価値を提供したいなら
会社を興して自分でやるしかない。

「公園」と付箋に書いてくれた人は
善意だろうし、昇格となんら関係はないけど
会社側の人間だから、一緒に桜を見る気にはなれなかった。

はっきり言えばいいのに
昇格はしないんだよ、評価される対象じゃないんだよ、って

もっと潔くいるべきだ。

「よくわかりました、ありがとうございました。」

3年の、いや20年の経験を活かそう。
それでいい。

私は無駄な時間を過ごしたわけじゃない。

ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大学の入学式 | トップ | ティータイム »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。