とこのへや

とこの雑貨と、とこのお洒落着。
とこは樺太に住んでいたことがあります。
ときどきとこの嫁日記となります。

ヘナってどうよ?

2017-07-17 19:31:26 | 日記

こんにちは。

今日も暑いですが、3連休の最後、白髪がかなり目立ってきたので、美容室へ行ってきた。

白髪。 ともに白髪の生えるまで。 な~んて、新婚夫婦の、よくある誓いの言葉を子供のころに聞いた時には、そんな年を重ねるにはまだまだ相当長い年月がかかるのだなと思っていた。なのに、小学校3年になったばかりのころ、姉に「あんた!白髪ある!!」って言われてショックでね。

祖母に「それは若白髪っていうもんだ」と言われてちょっと納得したり、時をおいて、アニメ「ベルサイユのばら」でマリーアントワネットが一晩にして白髪になってしまったことは歴史的にも事実であったことなどを知って、髪は色素だけ抜けてしまうことがあるのかと思い至ったり。ベルサイユのばらが、なんの話だったのか分からず見ていたという自分の馬鹿さ加減にも驚きだったけど。なんだ、夢物語じゃなかったのか、だって(呆)。

30も後半になると、ふむ、染めねばならんのか、と、観念した。
ドラッグストアでテキトーに選んだ何かで、色合わせもせず、大してパッチテストにも気を使わず、昔、祖母の白髪を染めたっけなぁと自宅の洗面所やふろ場でちょいちょい染めたのだった。だんだん、汚さないように気を遣うとか手間がかかるわりに仕上がりがいいわけではないとか、面倒に思うようになった。あの匂い、キツイんだもん。
また、息子の成長に従って、卒園式、卒業式など装って参加するイベントごとに、私がみすぼらしくしていることは、息子や とこ にとっても良くないことなのだなと実感したことも大きい。イベントの時に、美容院に行って整えようと思うのだが、どうせならと、積極的に自分のイメージを伝えるようになったことで、そういったことにお金をかけることに対する心理的なハードルが下がったともいえる。

とこ の、「今日美容院でね、ヘナやってきたの」というのが、「ヘナ」という言葉を耳にした最初だ。ちょっと高いらしい。
個人宅でエステのお店を開いているママ友が、SNSで「ヘナ」を話題にしていた。美容室でやってもらうと高いから、自宅でヘナ、だけど匂いが嫌いという人もいるよね、と。あとは染めた週は、色落ちに気をつけるようにしているという。濡れた時に色が落ちやすいから、寝ている間に汗をかくと枕を汚す可能性がある。汚れてもいいタオルなどを敷いて寝るとか。

今日、とこ から「安いのよ」と教えてもらったお店で、リタッチ(部分的なという意味らしい)ヘナをお願いします、と頼むと、カラーを確認されるぐらいですぐ取り掛かってくれた。もう5、6回やっているので、特にカブレの心配をされることもなく、顔周りや首に着色を防ぐクリームをつけた後、調合された黄土色のクリーム状のものを髪に塗り付けていく。根元の白い部分にすべて塗り終わったらラップで覆って、ヒーターで温められる。嫌いと言われるその匂いは、いわば草の匂いで、そんなに臭い!というほどではない。
ヘナを調合する際、お湯を使うようで、いつもは地肌に温かく感じるのだが、今日は暑さのせいか、温度を下げてから塗ってくれたようだ。
私は温かいヘナの感触がとても気に入っていたのだけど。きもちいいんだな、これが。他の美容室で聞いた話だが、ヘナを塗るときに、温かい必要は全くないのだそうだ。

温め終わった後、やや時間をおいて洗髪。ヘアドライして終わり。

お店は、すいていて開始までに待ち時間は無かったけど、1時間半ちょっと、それなりに時間はかかる。
仕上がりは、つやつやで満足、お値段は3200円だった。
グレイタッチ(普通の白髪染め)だと2000円くらいだが、化学的な匂いがする。つんとしたやつだ。カブレさえなければ、髪へのダメージは少ないので、ヘナのほうがおすすめですよ、とはそのお店の店員さんの言。確かに、髪はひところより、つやつやしてるし、まとまりやすくなったと思う。

ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メロン。 | トップ | どや顔 自慢できること »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。