ROCKET RIDE 2

音楽と日々の雑談

シング・ストリート 未来へのうた

2017年07月08日 | 日記
映画「シング・ストリート 未来へのうた」を見た。
これは昨年劇場公開されたジョン・カーニー監督作品で、80年代を舞台にした青春映画。
ジョン・カーニーといえば名作「ONCE ダブリンの街角で」が有名で、今回も彼得意の音楽が重要なテーマとなっている。

80年代、主人公は、当時流行のブリティッシュ・ロック、ポップスに夢中の少年である。
あるとき見かけた女の子の気を引くため、自分のバンドのPV制作に参加してくれと、ナンパする。
この時点でまだバンドをやってなかった彼は、大急ぎでメンバーを集めて、まずはデュラン・デュランのコピーからスタート。
やがてオリジナル曲をやるようになり、晴れてお目当ての女の子にPV制作に参加してもらうのだった。

少年の恋、学校の不良との確執、理不尽な校則、不景気な社会情勢、不安定な家族、そして夢のロンドン。
それらがステキな音楽と共に、まるで青春の1ページみたいに流れていく。

この映画って、たぶん現役高校生よりも、80年代に高校生だった人(とくに洋楽好きでバンドやってた、つまり僕のような人)のほうが楽しめると思う。
流れる音楽は、デュラン・デュラン、ホール&オーツ、クラッシュ、a-haなど当時を知る人なら、どれも懐かしい曲ばかり。
カメラワークはジョン・カーニーらしく、前作「はじまりのうた」を彷彿させるシーンも多い。
僕としては、登場人物がもうちょっと大人っぽいほうがいいと思うんだけどね。

彼らが演奏するオリジナル曲もいい。
例えば、これ。
ホール&オーツ「マン・イーター」の影響を受け、PVのイメージは「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の50年代のアメリカのパーティーだ。



「ONCE ダブリンの街角で」「はじまりのうた」よりいいか、と問われたら、ちょっと落ちるかな、と。
どうしても、主役のバンドメンバーが幼すぎる。
せいいっぱい背伸びしてるところなんて、この年頃らしくて微笑ましいけどね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソロ充でいこう | トップ | アルインコでシェイプアップ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。