ROCKET RIDE 2

音楽と日々の雑談

売れたミュージシャンを嫌いになる理由

2017年07月16日 | 音楽
先日、サカナクションの山口が自分のFM番組で「売れたら嫌いになる理由」について語ったらしい。

まあ、よくある話だ。
まだインディーズだったり、世間では知られていない時期からファンだった人が、メジャーになって誰もが知る存在になったら興味をなくしてしまうってこと。
僕の場合、メジャーになってから知ることばかりで、売れてない頃から注目してたってこと自体があまりないんだけど、なんとなく心境はわかる。

この売れたら興味を無くしたりキライになったりする理由については、詳しくはリンク先を読んでいただくとして、僕がとくに「なるほど」と思ったのは以下の意見。

応援していたミュージシャンが売れてしまうと気持ちが離れてしまうのは、「売れていない」=「結果を残せていない」ことに、自分を重ねて見ているからではないかと思います。
目立たなくてファンも少ないミュージシャンと、学校や職場で思ったようにやれていない自分。
世間に認められていないところが同じだという安心感を感じて、自分のように冴えない彼らを応援したくなるのではないでしょうか。
だから、仲間だと思っていた彼らが人気になってくると、自分との差が開いていくのを目の当たりにしているように思えてきて、嫉妬心や阻害心で心から応援できなくなるのではないでしょうか。
ベンチ仲間だった部活の友達が自分を残してレギュラーに入ってしまうのと似たような心情だと思います。

ふむふむ、そういうことか。
たしかにそれはありそうだ。
売れてない頃は、なんとなく自分に近いものを感じるんだろうけど、売れてテレビに出たり、コンサート会場が大きなホールやアリーナになっちゃうと、手の届かないところに行ってしまうからね。
遠い存在になってしまってもう、オレたち、あたしたちのバンドじゃなくなってしまう。

あとは月並みだけど、メジャーになったら曲が一般受けするような曲調になって、昔あったアクみたいなのが消えてしまったとか。
昔はバンドメンバーだけでレコーディングやライブを行っていたのに、サポートメンバーが増えてきて変にゴージャスになってしまったとか。
その他、主要なメンバーがタレント化したり、俳優としてドラマなんかに出てたりすると冷めてしまう、ってのもあるだろう。

本来、プロのミュージシャンになったからには、売れなければならないわけで、結果が出せてることを喜ばなければならないだろう。
手が届かなければ届かないほど、本当は喜んだほうがいい。
それを「いかないで」と、いつまでもこっちのフィールドに留めたがるのはアーティスト側にとっては迷惑だろう。
それでもファンとしては、売れてない頃を支えた自分たちに、どこかで恩返しをしてくれ、って思うだろうけどね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ローリング・ストーンズとマ... | トップ | ちょっとだけ怪談っぽい話 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
売れるということ (カイン)
2017-07-17 21:31:47
私の場合は単純に曲が好きじゃなくなったというところでしょうか。
私は売れてない時でも身近に感じた事はなく、売れて遠くへ行ってしまった寂しさというのは感じた事がありません。
ライブやイベントに行くのも本当にたまーにだったからかも知れませんね。

握手会やサイン会等のイベントで前はメンバーと話が出来たのに、売れてからはスタッフの人にすぐ流されて話せなかった…
と言う話を聞いて、そういうファンは寂しさを感じている様子でした。
近くて遠い人 (ヤスバ)
2017-07-17 22:34:03
カインさん、こんばんは!
曲はメジャーになると変わってきますね。
サカナクションの人がいうには、CMやドラマとのタイアップなどが絡むと、好きなように曲作りが出来なくなり、どうしても曲がポップになったり、一般受けするようになるようです。
そうなると、売れてないときにあった、ある種のアクがなくなりますよね。
味がなくなるとか、そういうこともあるでしょう。

売れないバンドの場合、ライブをやっても客が10人以下とか、あるようです。
その10人にとっては、本当に身近な存在でしょうね。
それが、突然売れ出してホールやアリーナでライブをすうようになると、昔からファンだった人は寂しいと思うかもしれません。

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。