ROCKET RIDE 2

音楽と日々の雑談

ローリング・ストーンズとマーキークラブ

2017年07月15日 | 音楽
7月12日の水曜日、会社帰りにFMのスイッチを入れたらローリング・ストーンズの「ミス・ユー」が流れていた。
こんな曲が流れるなんて珍しいな、と思ってたら、次に流れたのはやはりストーンズの「アンダー・マイ・サム」だった。
それだけにとどまらず、選曲は「アンジー」に続く。
もしかして、来日のプロモーションか?とも思ったけれど、実は7月12日は「ローリング・ストーンズ記念日」らしい。

ちょっと調べてみると、1962年の7月12日、ローリング・ストーンズはロンドンのマーキー・クラブでファースト・ライブを行ったらしい。
この時のメンバーは、まだドラムはチャーリー・ワッツではなく、ベースもビル・ワイマンではない。
彼らのデビューは1963年だから、1年に満たない期間でメンバーチェンジとプロ契約までもっていったのは、かなり早く、何もかもトントン拍子にコトが進んだのだろうか。

僕が不思議に思うのは、バンド結成して初めてのライブがどうしてマーキーなんだろう?ってこと。
マーキーって、ロンドンのロックシーンの最重要拠点といっても過言ではないよ?
マーキー出演アーティストを並べると、そのままブリティッシュ・ロックの歴史になるほど、すごいヤツらが出てる。
ざっと上げても、ヤードバーズ、ザ・フー、キンクス、クリーム、ツェッペリン、フェイセズ、クリムゾン、フロイド、デビッド・ボウイ、ピストルズ、クラッシュ、ポリス、アイアン・メイデン、デフ・レパード・・・。
ブリティッシュ・ロック登竜門ともいえる伝説的ライブハウスが、バンド結成してのファーストライブって、あまりにも出来すぎてるんじゃない?

実はストーンズがファーストライブを行ったマーキークラブは、あの伝説的マーキークラブとは違うのだった。
厳密にいえば、同じ店なのだが、ブリティッシュ・ロッカー御用達のマーキーは2号店であり、ストーンズが出演したのは1号店らしい。
マーキー1号店はR&Bやブルースを演奏するクラブで、そこの常連バンドの前座としてストーンズが出演したのだった。
そうか、それなら話はわかる。
いくらミック・ジャガー、キース・リチャーズ、ブライアン・ジョーンズが揃ってたとはいえ、まだまだ無名の若者、そうは問屋が卸さないのだ。

このマーキー1号店は、それなりに商売繁盛していたようだけど、映画館設営のために立ち退きさせられることになり、別の場所に装いも新たにオープンすることになる。
それが有名なマーキー2号店であり、そこは最初から来るべきロックの時代を予測して、大音量に耐えられるハコとして作られたという。

1963年ストーンズは目出度くデビューし、ビートルズのライバルみたいな位置づけで不動の人気を得る。
そして、晴れてマーキー2号店にも出演するのだった。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルインコでシェイプアップ... | トップ | 売れたミュージシャンを嫌い... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (忍者)
2017-07-17 01:52:27
>かなり早く、何もかもトントン拍子にコトが進んだのだろうか。
忖度があったのでしょう。

>伝説的ライブハウスが、バンド結成してのファーストライブって、あまりにも出来すぎてるんじゃない?
マーキーありきが、最高レベルの意向だったのです。

証拠?黒く塗られてわかりません(爆)
裏手口 (ヤスバ)
2017-07-17 22:28:42
忍者さん、こんばんは!
ストーンズのデビューは、いろいろ裏口があったようです。
まず、ビートルズ関連の人がマネージャーになったこと。
さらに、レコード会社との契約については、ジョン・レノンが一枚かんでたようです。

ストーンズのメンバーは、デビュー前からエリック・クラプトンやジャック・ブルースなどとも交流があったようだし、そういう人脈の築き方もうまいと思います。

やばいことは黒く塗ります。
まるで、最初からそんなものはなかったかのように(汗)

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。