青少年なやみ相談室

相談室だより

相談室だより7月 「ちっちゃな達成感」で自分をほめながら‥‥

2017年07月01日 09時42分16秒 | vol101~110

 

 題:  「ちっちゃな達成感」で自分をほめながら……

   

 7月です! 何ということでしょう……平成29年も後半に入ったのです……。あと6ヶ月で平成30年、そう思うと何か焦ってきませんか?私はこのブログを書きながら何となく焦りを感じてきました……。

 

 さて、5月も後半の日曜日の朝、もうすぐ6月か…と少々焦りを覚え、天候不順も手伝ってか、何となく気持ちも下降気味の私の耳に、そうした気分から脱け出す「こつ」のような話が聞こえてきました。その「いい話」を皆さんにも教えますね。耳から聞いた耳寄りな話です。(NHKラジオ『からだの気持ち』コーナーの海原純子先生のアドバイスです。:海原先生は心療内科の医師)

 

「気分が乗らない、気分が落ち込みやる気が出ない……そんな時には『行動療法』がいい。ちょっとその辺、机の上を整理するとかデイスクを掃除するとかでも、やり始めると何となく気持ちが上向きになってくる……。その上向きのリズムをいかにして働かせるかが大事。」として次のような話をしました。慌てて起き上がって、メモを取りました(笑)。

 

 ①まず、「体を動かす」。→ 動くことによって変わっていく!

  たとえば身のまわりをきれいにするなど、何かをやることにより → ちっちゃな達成感が得られる!

 ②やることリストを書き始める。→ 細かく書く→ 頭の中で優先順位をつける → 優先順位に従って体を動

  かす → 終わった時、赤ペンでピッと線を引いて消す → この  達成感が次への弾みになる!(やり始

  めたことそのこと自体が達成感になる)。

 ③未来のいい気持ち、いいことを思うと幸せになる。幸せ感は大事。

 ④ごほうびを用意しておく。

 

「ちっちゃな達成感」の「ちっちゃな」がいいですね。身の回りの「ちっちゃな」ことを積み重ねていくと、何かほかのことも出来そうな気になってきて気持ちが上向きになってくるから不思議です。「ちっちゃな行動」で、気になっていたことをひとつひとつ片付け、赤ペンでピッ、ピッ、と線を引いて消していって「ちっちゃな達成感」を得る!できた自分をほめながら…。

 

7月スタートの今日から、「ちっちゃな行動」「ちっちゃな達成感」で、自分をほめ、ほめ、気持よく楽しい夏が迎えられるといいですね。  

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「心と身体をいたわっていま... | トップ | 相談室だより8月 »
最近の画像もっと見る