vol.129 ヤーコンジュースの開発変更を余儀なくされる

2007年11月19日 | Weblog
前回も書きましたように、ヤーコンはオリゴ糖をダントツに多く含有する野菜です。
これまで1日に必要なオリゴ糖量を5~10グラムと考えて、
容器を80~100ccで商品化を進めてきました。この容器サイズですと、
レトルト殺菌に耐えるものがないようです。条件を変えて努力をしましたが、
どうしても数%の不良品が出来、お客様にご心配をかけてきました。

160ccの容器サイズなら連続的に機会詰めが出来、不良品は発生しません。
ただ、オリゴ糖量が必要量の2倍になるだけです。
腸の敏感な方にはお通じが良くなりすぎて半分に減らすよう求められていたのです。
逆説的にいえば、ヤーコンジュースの効き目がそれくらい強いと言う事です。
このことを誰よりも良く知っているので、薬を開発する気構えで頑張っているので
す。

お客様に160ccを2回に分け2日で飲んでくださいとは言えません。
この度100ccから160ccに容器変更を余儀なくされましたが、
後はお客様に飲み方を工夫してもらわざるを得なくなりました。
今私はヤーコン100%に加え、ヤーコン豆乳を一刻も早く出すべく準備中です。
結果として、お客様の選択肢を増やしていく考えです。
ジャンル:
健康食品・飲料
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« vol.128 ヤーコンジュースの... | トップ | vol.130 学歴よりも人物本位... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ヤーコン 料理 (ヤーコンの栽培方法、料理の仕方、食べ方教えます)
ヤーコン芋は生でも食べられますから、サラダにしても良いですし煮崩れしにくいので煮物料理にも向いた食材ですヤーコン芋を揚げてもキンピラに炒めても美味しくいただけます。ヤーコン芋は、ごぼうやレンコンなどと同じに灰汁がありますから1分くらい水か酢水にさらし「...