COCOほれ!わんわん

ココ&ココママの毎日

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「阿蘇マロンの樹」での支援活動に参加して

2016-05-07 | 日記

2016年5月3日(祝・火)~5月4日(祝・水)

2016年4月14日午後9時26分、

熊本県でマグニチュード6.5の地震(前震)が発生し熊本県益城町で震度7を観測、

その28時間後の4月16日深夜1時25分には

同じく熊本県でマグニチュード7.3の地震(本震)が発生し

熊本県西原村と益城町で震度7を観測しました。

本震では遠く離れた北九州市でも震度4の揺れで、恐怖を感じた人も多くいました。

テレビなどの報道で被災した熊本県や大分県の状況を見たり

度重なる余震のため避難所や車中で不安に怯えている姿を見たりして

同じ国民、九州人として何か協力できないかと思っていました。

こうしたなか、4月21日に被災地へ「自己完結型の炊き出し」をこうぱぱから打診され

「是非とも協力したい」と即答したのでした。

こうぱぱは信頼できる人を介して5月4日に「阿蘇マロンの樹」での支援活動を決定!

「阿蘇マロンの樹」は被害の大きかった西原村にあるドッグカフェで

被災した人たちやわんちゃんたちの活動拠点になっているとのことです。

4月24日の「ふらってぃールーム・こうぱぱ」のフェイスブックで

わんちゃんたちを含む被災地の方々の復興を応援するアクションプラン

「Bridge of LOVE ~愛の架け橋~

被災地の皆様とわんちゃん達にエールを贈るプロジェクト」を提示

趣旨と概要を説明するとともに必要な物資と募金を呼びかけました。

4月25日には最初の打ち合わせミーティング、

メンバーたちからいろいろな意見やアイデアが出て

みんなの被災地の方を応援したいという思いが伝わってきます。

当日、現地に行くことができなくなった華ちゃんママやじゃんちゃんママは

食材の提供や買い出し、事前準備にと後方支援に回ります。

ココママは食材・資材の買い出し・調達、支援物資の回収、料理の下準備…

ココパパは被災地のワンコに「COCOのおやつやさん」のおやつを提供するため

新たなディハイドレーターを購入したりワンコ友だちから借りたりして、おやつ作り…

ココママの友だちからもたくさんの募金や支援物資の提供、

車(10人乗り)の提供、当日の出発準備の手伝いなどなど

たくさんのご厚意を受けて感謝の気持ちでいっぱいになりました。

そのみんなの気持ちと一緒にココパパ・ママは現地へと向かったのです。

◆ 5月3日(祝・火)

皆さんからお預かりした支援物資や炊き出し用調理器具、食材、資材などを満載した

2トントラックと軽ワゴン車に、こうぱぱ、さちまま、マジックGoさん、ゆずちゃんママの

4人が先発隊として朝に出発(さちままは荷物を降ろして日帰り)。

午後から、ぼぶママから借りたキャンピングカーで、ドッグサロン・あられの美穂さん、

コウイチロー君、空くんママ、ジラママ、テンマルママ、ココパパ・ママの7人も出発します。

 

(ココ家の出発時、見送りに来てくれたラビ&ママとココ&長男)

(ふらってぃーの前で「ぼぶ号」に乗り込む7人)

(じゃんママが自分と華ママの差し入れを持って来て見送りに)

全線開通した九州道を南下し、「益城熊本空港IC」で高速を降り

西原村へと車を走らせると、今回の震災の爪痕を目の当たりにし

改めて支援の必要を感じました。

 

無事、「阿蘇マロンの樹」に到着。

マロンの樹さんのスペースを借りて全員で夕食!

 

残念ながら飯塚市で後方支援として奮闘した華ママとじゃんママから

現地入りしたスタッフへ食事とデザートの差し入れがあり、

みんなは感激しながら英気を養ったのでした。

(華ママからおにぎりや唐揚げ、玉子焼き、竹の子、蕗、阿蘇高菜など)

(じゃんママからは白玉の三色団子)

食後、持参の寝袋に入り、ウトウトしたのも束の間

午前3時半には、こうぱぱやゆずちゃんママ、GOさんは起床

朝食も摂らずに午前6時前から準備に取りかかりました。

(当日の熊本は「あっ晴れ」気持ちの良い五月晴れ)

(具たっぷりの豚汁は寸胴と大鍋で準備)

(みんみんママ提供の大納言を使用した白玉たっぷり贅沢ぜんざい)

(当日、いなり寿司300個を用意)

(フルーツをカットして容器に盛り付け)

(野菜を刻み圧力釜で煮込んだ栄養満点のワンコごはん)

(「COCOのおやつやさん」のワンコおやつも進呈用に準備)

(開店に向け着々と準備は進行)

(開始1時間前の午前9時にワンコケアを希望する被災者が来場)

その後、午後3時の終了時間まで爪切りや足裏カット、耳掃除などの

ワンコケアコーナーは多くのワンコ連れで途切れません。

(地元のトリマーさんの手伝いもあり2か所でワンコケア)

(大型犬・ジャイアントシュナウザーの時は、こうぱぱが抱き抱えGoさんがあやす)

(何とも言えない表情のゴールデン・嵐くん)

(健康的で美味しいジラママ特製ワンコごはんも大好評)

食事コーナーへもたくさんの方々が訪れました。

(熊本県荒尾市から応援に駆けつけた松下さんは焼きそば担当)

(松下さんの奥さんや息子さんも、とにかくよく働く)

(コウイチローくんはこうぱぱ直伝のとんぺい焼きを完全にマスター)

(テンマルママとココママは、豚汁、ぜんざい、ぶっかけうどん・そば担当)

(マジックGoさんのマジックに子どもたちは大喜び!)

(空くんママは避難所から来られた男性をヘアカット「さっぱりしました~」)

(ゆずちゃんママのリコーダー演奏に子どもたちは喜び大人は癒やされる)

(皆さんから提供されたワンコ用おもちゃ、フード、シートなどは無料で提供)

「こんなにも暖かく美味しいものは久しぶりに食べました」

「本当に無料でいいんですか~」

支援物資やワンコ用品をご自由にお持ち帰りくださいと勧めても

必要最低限しか持ち帰らず、

「もっと困っている被災者へ渡してください」と謙虚な方ばかり。

家族の一員であるわんちゃんと一緒に食事をして、ケアして、

広いドッグランで思いっきり遊んで笑っている姿を見ると

被災地へ来て本当に良かったと思いました。

途中、ジャック・シーザー&パパ・ママも大津で被災した親戚宅へ行った後、

マロンの樹へ合流、後片付けまで手伝ってくださいました。

片付け終了後、みんなで記念撮影

(スタッフは全員、充実感で笑顔いっぱい)

そして何より、今回の震災でご自身も被災者となり、ご親戚を亡くされたにも関わらず

ボランティア拠点として復興支援に全力で取り組んでいるなか、

今回の支援活動の場を提供してくださった「阿蘇マロンの樹」のオーナー夫妻には

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

(こうぱぱ、GOさんとオーナー夫妻)

(最後は、こうぱぱと2ショット)

今回は縁あって被災地へと赴き、

直接、被災された方と接したり話したりすることができました。

しかし、現地でのボランティア活動だけが支援ではありません。

支援の仕方は各自が無理なく出来ることを

継続的に行うことがより重要なことです。

被災地(熊本産・大分産)の品物を買う、

震災で観光客が減った観光地を訪れる、

つり銭を募金する、被災自治体へふるさと納税するなど

自分に合った方法で行うことが大事だと思います。

5月4日の深夜、ココパパ・ママが自宅へ到着すると

ココがココママの顔を舐め、喜びを全身で表します。

ワンコと普段どおりの生活をすることの幸せを噛みしめる

ココママなのでした。

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

岡垣町「フリーダム」⇒芦屋町「ドッグサロン&カフェ あられ」

2016-04-09 | お出かけ

2016年3月22日(火)

「FREEDOM(フリーダム)」は遠賀郡岡垣町で、

ワンコ用のハンドメイドのレザーアイテムや迷子札、

鑑札ケースなどのグッズ、オリジナルデザインのスタッズ首輪などを

受注制作、販売しているワンコ仲間御用達の店です。

フリーダムさんで作ってもらったココのハーネス&リードは4セットありますが、

今までとは違うタイプのハーネスができたということを聞き

ココママは5セット目をオーダーすることにしたのです。

(フリーダムは大人気のため、制作は約6か月待ち)

訪問に合わせ、フリーダムのママさんから看板犬・リック&ロイ用に

「COCOのおやつやさん」の「ワンポッキー」の注文をいただきました。

(早速、ワンポッキーを貰うリック君、ロイ君、ココ)

(ワンポッキーを見つめる3ワンコ)

(ワンポッキーは4種類(プレーン、黒ゴマ、クレソン、紫芋))

可愛いリック君とロイ君に癒やされたココママは

芦屋町の「ドッグサロン&カフェ あられ」さんへ向かいます。

あられさんでは、昼から休みが取れた じゃんママと合流します。

(看板犬・しーちゃんがお出迎え)

(じゃんママ、ココママとも和風ランチをオーダー)

(ココは美穂ちゃんからトリミング)

この日、じゃんぼちゃんによく似たチョコタンのダックス「とんちゃん」が来店。

(パピーだけどお利口な「とんちゃん」)

とんちゃんのパパさん・ママさんも、とても良い人で会話も弾みます。

そこで、4月2日にふらってぃールームで開催されるダックスのオフ会へ、

とんちゃんファミリーをお誘いしました。

(まるで姉妹のような、じゃんぼちゃん、とんちゃん)

さて、あられさんまで来たら芦屋海岸へ寄らない訳にはいきません。

じゃんちゃん、ココとも砂浜が大好き!

シャンプーして男前になったことを忘れて

気持ち良さそうに砂浜を走り、「ゴロスリ」転げ回ったココなのでした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハッピーねえねの写真展⇒アジュール⇒足立山森林公園

2016-04-07 | お出かけ

2016年3月21日(祝)

さまざまな写真を通して情報発信をしていくコミュニティサイト「写道」

その「写道写真展」が3月16日~22日の間

リバーウォーク北九州の市民ギャラリーで開催されました。

写真展にはトイプードルのハッピーちゃんのお姉さん(ハッピーねえね)の写真も展示

ハッピーねえねさんはワンコの写真を出品し

そのなかに「飛行犬・プリン」の写真も展示されるとのことです。

そこで、プリンちゃんの同級生=すずねちゃん、ラビちん、テンマルくん、ココ

とママたちで写真展へ行くことになりました。

(バッグインしたワンコは写真展会場に入ることができる)

(写真展は2班に分かれて交替で観覧)

(ハッピーねえねさんは、残念ながら不在でした~)

(ハッピーねえねさんの写真の前で)

(展示された「飛行犬プリン」)

写真展鑑賞後、ママたちはランチへ

ラビ&ママはここでお別れ…

この日、湯布院の「ラモリクラブ」にて「2人きり」で宿泊するそうです。

ランチは小倉北区片野にある「ミネラルダイニング アジュール

こだわった素材だけを使用した「からだにいいごはん」の店だそうです。

(アジュールはテラス席ワンコOK)

(ランチは、ビュッフェ880円にドリンクバー190円を付ける)

ランチ後は近くの「足立山森林公園」に散歩へ

ここからココパパも合流します。

(遊歩道での森林浴は気持ちいい~!)

その後、「妙見神社(御祖(みおや)神社)へ移動

そこですれ違った女性がココパパの顔を見て驚いた表情をしています。

女性は3日前(3月18日)、

友だちワンコ・ひなちゃんが失踪した際に保護してくださった方の友人で、

ひなちゃんとママの感動の再会をした場に居合わせた女性でした。

そのとき、その女性は18歳になるダックスを飼っていると言っていましたが、

そのダックスちゃんは昨日(3月20日)に亡くなり、

遠方の息子たちも帰北して葬儀を終え、妙見神社へ参拝に来られたとのこと。

さらに、女性はココ家が小倉北区黒原に住んでいた頃にお世話になった

小児科医院の奥様だったことも分かり、偶然の再会に驚いたのでした。

(妙見神社は770年、和気清麻呂によって創始)

写真展~ランチ~森林浴~神社参拝と

この日も充実した一日を過ごしながらも

「ラビとママだけのラモリクラブ宿泊」が気になるココママなのでした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「戸畑図書館蚤の市」に「COCOのおやつやさん」を出店

2016-04-01 | 日記

2016年3月13日(日)

現在の戸畑図書館は80年以上前に戸畑市役所庁舎として建築され、

その後、5市合併した初代北九州市庁舎を経て戸畑区役所庁舎へと

長く市民や区民に利用されてきましたが、

2007年に戸畑区役所新庁舎の完成後は「空家状態」になっていました。

改築するよりも新築の方がコスト的には安価ですが、

当時の貴重な建物を耐震補強して

戸畑図書館は2年前に生まれ変わったのです。

(重厚な外観の新戸畑図書館)

その開館2周年を記念して「戸畑図書館蚤の市2016」が開催され

戸畑区の「図書室カフェitoh」さんも蚤の市へ出店することになり、

その一角に「COCOのおやつやさん」も商品を出しませんか?

とカフェのオーナー・伊藤さんから嬉しいお誘いをいただいたのです。

(雑貨、陶器、パン、コーヒーなど30もの店が集まる)

(図書室カフェのブースをCOCOのおやつやさんなど3者が共同出店)

(ワンポッキーや各種ジャーキーなどを出品)

(伊藤さんも「こだわりのヘルシーカレー」を徹夜で準備)

(「図書室カフェ」ブースの横のテーブル席で食事が出来る)

蚤の市はワンコイベントではないので、

ワンコのおやつが売れるのかどうか心配しましたが、

当日、ココの同級生ワンコをはじめ、

お友だちワンコ&パパ・ママさんがたくさん来てくださいました!

(ココの同級生:プリンちゃん、すずねちゃん、ラビちんとバッグイン・ココ)

(ジライヤ君とペーター君)

(天夢丸(テンマル)君)

(たまちゃん:エアーバギーも格好いい!)

(ひなちゃん)

(スタンプーのムッシュ君)

(ココと同じ名前のココちゃん)

「戸畑図書館蚤の市」は大盛況

閉幕が迫った頃

家族写真の出張撮影をするプロカメラマン・岩下さんから

「ワンコの写真を撮りましょう」とお声かけいただきました。

(撮影料は無料で、ホームページから好きな写真を注文する方式)

図書館横の公園で岩下さんが順番に写真撮影をする間、

テンマルママもワンコを撮影

素晴らしい写真・思い出となりました。

以下はテンマルママ(一部はココパパが借りて)撮影

(岩下さんは「SORA photo and cinema」の代表)

ワンコを通して、たくさんのお友だちと知り合い

ワンコを通して、「図書室カフェitoh」のオーナー・伊藤さんと知り合い

素敵なイベントに、お声掛けいただき

素晴らしい一日に感謝するココママなのでした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

直方市「たろはな」⇒「紅葉の森」⇒八幡西区「ちんぐ屋」

2016-03-23 | お出かけ

2016年3月7日(月)

ラブラドールの あんちゃんの姉妹犬・ライちゃん&ママさんと会うことになり

くぅ・じぅ・あんちゃん&姉さん・Mちゃんと直方市のドッグカフェ「たろはな」さんへ。

お友だちのチワワ・ひなちゃん&ママや

普段、平日には来ないジャック・シーザー&パパなども来店

賑やかな月曜日になりました。

まずは、たろはな名物・今週のお勧めランチ「瓦そば」をいただきます。

(牛肉・椎茸たっぷりの絶品瓦そば)

ママたちの食後、外でワンコたちと遊び、記念撮影

(手前:ライちゃん、奥:あんちゃん)

(ちびーズたち:左からココ、くぅちゃん・じぅちゃん・ひなちゃん)

ここで、ゴールデンのルーン君のパパ・ママ(アラペイザンヌ)さんから

ホワイトデーのケーキの差し入れがありました~!

(ワンコ用ケーキだが人が食べても美味しい)

(偏食のココも大喜び)

ケーキの後はワンクレープタイム

(ワンコたちが大好きなワンクレ:たろはなさんのFBより)

みんながお喋りをしているとき…

たろはなパパ・ママさんからテラス前の川に自生しているクレソンが

採り頃だと勧められてココパパはクレソン狩りへ。

(たろはなパパさんの長靴を借りて川へ)

(たろはなのテラスから応援するココ)

天気が良いので、たろはなさんを後にして

車で10分ほどのところにある「紅葉の森」へ。

(公園の入口で、カブくん、ベルくん、ゆずちゃん&ママに出会いました)

(「紅葉の森」公園を奥へ奥へと歩いて行く)

(公園最深部は誰も来ないので、ワンコと遊びます)

(「東屋」でちょっと休憩)

(ひなちゃんママからおやつをもらう)

(ワンコたちも良い表情)

自然の中で癒やされて家路へと向かおうとしましたが、

くぅ姉さんが韓国料理店へ行きテイクアウトするとのことで、

遠方のライくんママと、またの再会を約束して分かれます。

(八幡西区香月にある「韓国おかず・ソウル屋台 ちんぐ屋」)

(店内でも食事ができますがテイクアウトもOK)

(韓国海苔巻(キンパ):安くて旨い!)

ココママは韓国海苔巻や海鮮チヂミ、するめキムチなどをテイクアウト。

充実した一日の締めくくりはクレソン鍋!

(惜し気もなくクレソンを鍋に投入)

この夜、クレソン鍋と韓国料理が食卓に並び

不思議な取り合わせだけど、みんなが満足した

ココ家なのでした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加