失敗しないリフォームの注意点

初めてのリフォーム、何からやっていいのだか分からない、だから注意して業者を探さないといけません!

リフォーム/キッチンリフォームのレイアウト

2017-05-17 11:51:22 | リフォーム



私はここで安い見積もりを見つけました。
私の体験談をお話しします。
リフォーム一括見積



キッチンリフォームのレイアウト

I 型

壁付けI 型のキッチン

I型はシンクとコンロが一列に並ぶ最もオーソドックスなレイアウトで、省スペースなので狭い場所の設置に適しています

無駄なく省スペースで、左右に動くだけで作業ができることに加え、比較的費用が安価なのが魅力です

間口は、250cm~300cmが主流で、300cmを超えると、作業中に動く範囲が長くなるので、人によっては使いにくいと感じる場合があるので注意です

II 型

II 型のキッチン

Ⅱ型は壁側と反対側の両方に平行に設置するレイアウト

調理スペースを広く取れ、左右の動きと回転動作で作業が出来るので調理の効率が高まります

デメリットとしては、2列の作業台の間を行き来するため、床に物をこぼしたり、汚しやすい点があります

壁側には配膳や収納のスペースがたっぷりとれますが、間のスペースが狭いとかえって使いにくくなる場合もあるので気を付けましょう

2列の作業台の間隔は90cm~120cm程度は必要です

L 型

L型のキッチン

L型は、壁を二面使いシンクとコンロをL字型に配置したレイアウトです

短い距離の移動で効率的に調理ができます

ただし、壁を二面使用するため、広い空間が必要になります

また、L字の角の部分は作業スペースにあてることが多いですが、実際にはコーナーでの作業はしにくく、ものを置くスペースになってしまうことも

実際に使い勝手を確かめたり、平行な部分での作業スペースを広くとるなどの工夫をしましょう

U 型

U型のキッチン

U型はコンロとシンクをL字型に配置し、さらに作業台を追加したレイアウト

広いワークトップが確保できるため、作業効率もよいですが、広い部屋のスペースと、2か所にあるコーナー部の収納に工夫が必要です

インテリア性の高い配置が可能なので、システムキッチンにこだわりのある方にはぴったりです

アイランド型

アイランド型のキッチン

キッチンがその名の通り「島(アイランド)」になっていて、家族や友人達とキッチンを取り囲んで料理が楽しめます

高級感がありますが、周囲にスペースが必要なため、広い部屋でなければなりません

島にあたる部分にはシンクを設置するプランが多いですが、作業台としても使用可能です


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リフォーム/階段リフォーム... | トップ | リフォーム/キッチンリフォ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL