失敗しないリフォームの注意点

初めてのリフォーム、何からやっていいのだか分からない、だから注意して業者を探さないといけません!

リフォーム/和式から洋式にリフォームするときの注意点

2017-06-02 09:12:28 | リフォーム
和式から洋式にリフォームするときの注意点

トイレを和式から洋式にリフォームするとき、施工期間は3~5日は見ておきましょう

費用相場は、40万円以上が一般的ですが、内装リフォームや床下の解体、電源増設などの工事が入る場合、60万円以上かかることも少なくありません

さらに、トイレ室内の状態や完成時の仕上がり、洋式トイレのグレードによって、工事費に差が出ます

和式トイレから洋式トイレへリフォームするときに最もポイントになるのは、トイレの段差の有無です

和式トイレは主に、20cm位高くなった段の上に設置されているタイプと、廊下とほぼ同様の高さの床の上に設置されているタイプとがあります

まず床に段差がある場合、和式便器を撤去した後、床の段差部分を解体し、下地補修工事が必要になります

床の段差がないトイレの場合は、和式トイレの撤去後に配水管の移動もしくは延長、そして下地補修工事をします

また、トイレスペースが0.3坪(半畳程度)位に狭いときは、通常の大きさのタンク付き洋式トイレをつけることはできません

この場合、コーナー設置タイプ(コンパクトリフォームモデル)の便器を選ぶことになります

なお、介護目的で和式トイレから洋式トイレにリフォームする際は、介護保険が適用されるケースが多いです

必要な方は、自治体の窓口や、ケアマネージャーの方などに相談してみると良いでしょう





私はここで安い見積もりを見つけました。
私の体験談をお話しします。
リフォーム一括見積



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リフォーム/張り替え | トップ | リフォーム/外壁 機能性塗料... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL