失敗しないリフォームの注意点

初めてのリフォーム、何からやっていいのだか分からない、だから注意して業者を探さないといけません!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

リフォーム/電気式床暖房がおすすめなのはこんな家庭

2017-04-29 20:20:33 | リフォーム


私はここで安い見積もりを見つけました。
私の体験談をお話しします。
リフォーム一括見積



電気式床暖房がおすすめなのはこんな家庭

2つのタイプについてご紹介しましたが、では実際に床暖房を設置するならどちらがいいのでしょうか?

それぞれの特徴をふまえて、ライフスタイル別におすすめの床暖房を考えて見ましょう



「電気式」床暖房は、設置費用は安く抑えられますが、温水式よりもランニングコストはやや割高なので、使用時間が短いご家庭におすすめです

とりわけ「蓄熱式」の電気床暖房は、夜間時の蓄熱だけでほぼ一日中家を暖かく保てるのが魅力!

日中の外出が多い方、朝晩のみ床暖房を使用するご家庭などは、電気式の床暖房が向きます

また、設置工事も簡単なので、キッチンのシンク前や、ソファの足元など部分暖房として使う場合も、電気式のほうがいいでしょう

温水式床暖房がおすすめなのはこんな家庭

電気またはガスを使ってお湯を沸かす「温水式」の床暖房

オール電化住宅の場合は、電気を使った温水式が合っていると言えます

中でも「温水式電気」の床暖房が合うのは、多機能型のエコキュートをすでに搭載している家庭です

温水式床暖房を設置する際には、専用のヒートポンプか多機能型のエコキュートが必要になります

多機能型エコキュートをすでに使っているご家庭ではヒートポンプの追加が不要なため、準備にかかる手間や費用が大幅に減るのです



一方、ガスを使う「温水式ガス」床暖房には、使い始めだけ熱いお湯を流す機能が付いています

床をスピーディーに加温できるので、帰宅時にすぐに暖めたいという人におすすめです!

設置費用は電気式に比べると高いですが、その分ランニングコストを抑えることができます

在宅時間が長いご家庭や、リビングなどの広い部屋、家全体を暖める場合にふさわしいのは温水式です

また、電気式床暖房だと、高温になった部分で低温やけどをしてしまう危険性があります

幼いお子さんや、要介護者がお住まいの家庭なら、約40度までしか上がらない「温水式」の床暖房の方が安心です



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リフォーム/畳 | トップ | リフォーム/キッチン ぴっ... »

リフォーム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL