リサっぺの仕事事情

仕事の愚痴をブログでなんてナンセンス?

鮮やかに咲くブーゲンビリアを思い出す

2017年06月28日 | 日記
我が家には昔からブーゲンビリアの鉢植えがありました。
ところが2年前に病気にかかって枯れてしまってから室内には目立って鮮やかな花はなくなりました。
うちにあったブーゲンビリアは毎年6月から8月くらいにものすごく鮮やかに、盛大に咲いて毎日ピンクの花びらが落ちて掃除は大変でしたが見ごたえがあって大好きでした。
子供のころはブーゲンビリアの鮮やかなマゼンタピンクの部分は花びらだと思っていたのですが、大人になって世話や掃除をするとどうも花びらというより葉っぱが色づいているように見えてなりません。
そこで調べてみると、葉っぱでも花びらでもなく「苞(ほう)」というものでした。
この「苞」は花びらでも葉っぱでもないそうで、葉が変化したものだそうです。
植物には花と葉っぱというイメージでしたが、なるほど、そういう部分もあるのかと新たな発見をしました。
ブーゲンビリアの花だと思っていた部分は「苞」が3つ集まっているだけで、中央に見える額は1枚の苞に一個ついているものなので一つに見えても3つあるということでした。
ここでもなるほどと思ったのは、花が落ちたと思ったら木の葉が散ったように床にばらばらと大量にちらかるのはこういう構造だからなのかと納得しました。
南国リゾートのスイートルームのように苞がごっそりと落ちるのでガラスの器に入れて飾ってみたりしたことがあります。
香りはほとんど感じないのでポプリみたいには使えないのですが見栄えがするし、花びらみたいに縮んで枯れたりせず長持ちなので、長いこと目を楽しませてくれました。
病気で枯れて見れなくなって2年たちますが、その鮮やかな色や苞の形はすぐ思い出せます。
植物は長生きなので今から育てると私の死後も大切にしてくれる人を探さなければならないので、ブーゲンビリアをまた育てるかは考え中です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏の冷房冷えに「冷え知らず... | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。