むうん

日々夢想であります。

サクラセブンズ、イングランドに勝利するも、10位終了!

2017年06月26日 00時32分31秒 | ラグビー

HSBCワールドラグビー女子セブンズワールドシリーズフランス大会。われらがサクラセブンズは招待チームとして参戦。次シーズンはコアチームとして臨むがその前哨戦。公式サイトのストリームで観戦。
初日の昨日は、3戦全敗。どのゲームも100%の力は出しているが、地力の差でことごとく粉砕された。ボールを左右に振られると辛い。振られる前に捉まえなくては。
2日目の今日は、下位4チームによるチャレンジトロフィー(9ー12位決定戦)トーナメントで2戦。なんとか、1勝を!

初戦はイングランド。イングランドの今大会は若手主体で本気度合いが分からないが、格下の日本に負けるわけもない。。。だが、サクラは突進した。先制して今大会初リード。すぐに逆転されたが、ひるまない。タックルがきちんと決まる。イングランドにパスをさせない。ボールをガンガン奪う。そして、サクラのトライラッシュとなつた、5トライ。

サクラセブンズ 25ー7 イングランド (主催者サイトの結果表示

快勝。すばらしい!夜中なのに思はず大声で『よつし!』と叫んでいた俺である。

"make the history!"と実況が叫んでいた。日本はイングランドに初勝利なのだ!まさに歴史的勝利である。これで、イングランドは日本相手といつて手を抜くことができない。今後、サクラはより強い相手と戦うことができる。よいことだ。

さて、チャレンジトロフィー決勝(9位10位決定戦)の相手はスペイン。力量的にはさほど変わらないと思ふが果たしてどうか。さすがにスペインは120%で来る。しかも、パトリシア・ガルシアのテクニックがすごすぎる、さらに気持ち良く走られてはどうしやもない。だが、後半、猛追する。。。平野が快足トライした時、実況が"Shin-kan-sen!"と叫んでいた。大黒田の勇者のトライには"beautiful try!"と叫んでいた。トライラッシュが予感された。追い詰めた。。。だが残り20秒。

サクラセブンズ 14ー15 スペイン (主催者サイトの結果表示

チャレンジトロフィーにあと一歩およばず10位で終了。カップトーナメントは遙かに遠いことはよく分かつたが、1勝できたことは大きな成果だ。NZを一瞬追い詰めた、若手主体のイングランドに名前負けせず勝つことができた。ガルシアさえなんとかすればスペインには勝てさうだ。精進しやう。次は、POOLで勝ちたいね。

夏の15人制女子ワールドカップが終わつたら、サクラセブンズはコアチームとしてセブンズワールドシリーズに臨む。来年のセブンズワールドカップまでとにかく突き進め。悲壮な表情や深刻な顔は不要だ、迷つてはダメだ、自分たちのやることに自信を持つて、笑顔で突き進め。がんばれ、サクラセブンズ!

 

さて、大会決勝戦は、準決勝で、開催国フランスを粉砕して今シーズンの総合優勝を決めたNZと、カナダとの激戦を制したオーストラリアなのだが、最後まで観ていると明日の仕事がきちんとできる自信がないので、もう寝る。結果はこちらで

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サクラセブンズ、フランス大... | トップ | サンウルブズの連敗はつづく! »

コメントを投稿

ラグビー」カテゴリの最新記事