むうん

日々夢想であります。

サクラフィフティーン、最終戦勝利!

2017年08月26日 21時58分49秒 | ラグビー

女子ラグビーワールドカップ2017アイルランド大会は本日最終日。
決勝は深夜になるが、初戦はわれらがサクラフィフティーンの出番だ。香港と11位12位決定戦に臨んだ。亜細亜のライバルとして勝手しつたる相手で負け無しのチームであるが、亜細亜の明日を考えるにはすばらしい試合をしなくてはならない。香港もサクラフィフティーンもベストを尽くしたと思ふ。香港はこれまでの対戦とはまた違つて大きく成長していたが、サクラフィフティーンも負けるわけにはいかない。

サクラフィフティーンは序盤から優勢に進め、清水、堤、冨田らのトライラッシュで圧倒した。俺的には、今大会唯一のレッドカードで3試合出場停止明けの冨田真紀子のトライがものすごくうれしい。もし、あのレッドカードがなく、アイルランド戦、オーストラリア戦で彼女のタックルがあつたなら、もう少し違つた流れになり、もしかしたら違つた結果が生まれたかもしれない。

サクラフィフティーン 44ー5 香港

ワールドカップで15年ぶりの勝利!3勝目、すばらしい!おめでとう!

高野がプレイヤーオブザマッチである。すばらしい!

11位だ!がんばつた!

とにかくすばらしい!

彼女たちはこの5試合、3週間で10年いや半世紀分、そして100試合にも相当する経験をした。これは大きな宝だ。そして、それは必死になつて、ときにヤケにもなつて、応援し続けてきた俺たちファンにも重要な経験だつた。ありがとう。
女子ラグビーの環境は依然として厳しい。セブンズに比べてやや遅れ気味のフィフティーンはなおさらだ。だが、去年のリオ五輪、そしてこのワールドカップで多くの人たちが感じるモノがあつたはずだ。それが彼女たちへの力となるはずだ。何かが起きるはずだ。
大きな課題はやはり欧米列強とのゲームを増やすことだ。その為のサポートが求められてくるだらう。少なくとも今大会のアイルランドやオーストラリアのやうなラグビーではなく唯力任せに押してくるだけのチームには互角に戦えるやうにはならないと。

だが、とにかく今はおつかれさま。初勝利おめでとう。胸を張つて帰つてきなさい!

がんばれ、サクラフィフティーン!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サクラフィフティーン、最終戦! | トップ | ニュージーランド、優勝! »

コメントを投稿

ラグビー」カテゴリの最新記事