晴れた休日は自転車に乗って! (akio)

いよいよ60歳代も後半親爺の「気楽な自転車散歩」やチョット頑張った「サイクリング」の備忘録
(ボケ防止かな?)

「古民家カフェ 藍&古民家日本茶喫茶ギャラリー楽風」ポタの巻(さいたま市)

2016-12-13 20:17:20 | ポタリング・サイクリング

つぶやき・・・今年は自転車の走行距離は、サボっていたので昨年と比較すると思うように伸びていない

遠出も少なくなったせいもあり、と言うか「気分ムラ」があるからだ。

乗る理由は何でも良いので、ここにきて距離稼ぎだ

もう、どう足掻いても遅いが、今日もポタろう!!


さて、我が家では、昼食は殆どの日が別々となっている。(決まり事です。)

何処で何を食べようが自由です。(笑)

家にいるときに、用意がされている日を除くと、情けないけれど最近は自分で作るのが面倒、コンビニで済ませることが多くなった。

この前もそうだったけれど、今日はまた「古民家カフェ」に行ってみるか。

最近は嵌りつつあるかも・・

都内にも幾つかあるけれど、どうも「自転車に乗った」という気分になれないなぁ~

さいたま市浦和駅界隈の古民家を探したらヒットしました。

それは、「古民家カフェ 藍(食べログ」と「日本茶喫茶ギャラリー 楽風」でした。

さいたま市浦和となると、都会だから同じようなものか・・(笑)

でもいざ出発!!

今日は何時もより更に遅い11時過ぎです。

何時もの道を通って「秋ヶ瀬橋」上で荒川  を撮る。

橋を渡ってから、小川沿いの「秋ヶ瀬緑道」を通って行くと、コサギ  と遭遇。

中浦和駅から「別所沼公園 に寄ると、やはり初冬の雰囲気  だね。

R463号線を走って、「花月北交差点を右折し、直ぐに「古民家カフェ 藍食べログ」に到着する  と12時35分。

場所はココをクリック!!です。

表向きは古民家リフォームした様です。

さて、外のメニュー  を見ます。

入店  します。店内は   古民家風?でした。

煮込みハンバーグ」にしようと思ったけれど・・・

お勧めは「鰤大根」だそうだ。あれっ、「鶏大根」はあったけれどメニューに書いてないな?

鶏大根」じゃないの? 書き間違い? でも「気まぐれ」って書いてあったね。(笑)

じゃぁ、それを」と、オーダーです。

来ました。

  

箸置きを初め、全て洒落ています。

オーナーさんの手作りとのことです。

よくよくと眺めてしまった。

良く煮込まれていて美味しかったです。

水菜のスープも旨かった。

コーヒーもこんな感じで  運ばれてきました。

食べ終わって13時20分です。

お店を後にします。

暇なのでこの界隈を探検します。(道探しです。)

住宅街の良い感じの  道路(一方通行)です。

そして、浦和駅に出てから、「日本茶喫茶ギラリー 楽風」に行きます。

場所はココをクリック!!

ここは隣の茶舗、「青山茶舗 のお茶を飲める古民家です。

ここは旧中山道昔はこんな感じの家が沢山あったのだろう、今はビルだらけだけれど・・

お茶も良いけれど・・建物見物   だけにする。

直ぐ近くの「調神社 に寄ってみた。「つき神社」って読むんだね。

ここは鳥居がない神社とのことです。

帰ってから調べたら、調(つき)の名が、月と同じ読みであるところから、月の動物と云われた兎が神の使いとされ、中世の月待信仰(月のもつ神秘に畏敬をなし、月の出を待って祈る信仰)の広がりと結びつき、江戸時代には月読社とも呼ばれていたようですとあった。

そうか、それでの石物が沢山あったのだ。

折角、行くなら下調べが必要だね、知らないと楽しくない!!

  

勉強・べんきょう」です。

では退散します。

そして秋ヶ瀬橋に到着です、少し走り足りないし、時間もまだ14時半です。

彩湖」を回ります。

      

時間も程よい15時を過ぎました。

そして自宅着15時45分でした。

頑張ってみたけど・・走行距離は55.27km止まりでした。

街中では距離は無理だね。

それでも・・「彩湖」に寄って正解でした。

2016年の今日現在の走行距離は7953.05kmとなった。

距離に拘りはないけれど、寒いから年末までこんなポタチビチビと積み重ねよう!!

ジャンル:
自転車
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「たまごを買いに行く」ポタ... | トップ | 「べに花ふるさと館」古民家... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (カナエ)
2016-12-14 10:11:54
今回は知ってる箇所がいくつもありましたね。
調神社「つき」と読むんですね。私たちはいつも「つきのみや」と読んでいました。
20年ほど前、東京から夜逃げ同然で浦和市に越して来て、調神社の近くのアパートに住みつきました。
当時の浦和西口のざわめき(乗降客の多さ)や駅前の大きな建物が、その前に住んで居た東京を思い出させ違和感がなかったので良かったんです。
都会風な1面と田舎風の1面が混じり合った変な町。
第2の故郷になってしまいました。
Unknown (y54akio( あき))
2016-12-14 13:36:28
>カナエさんへ
浦和駅界隈は色々と思い出深いのですね。
「つき神社」と読む、発音が同じ(調=月)からウサギとは洒落ていますね。
あそこのお茶屋さんの所の「楽風」でノンビリとするのも良さそうですね。
因みに今日も出掛けようとしましたが、雨でした。(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL