いままで そしてこれから

人の為と書いて・・・

母にも面会です

2017-07-17 19:36:14 | 日記
いくら施設にお預けしてあるといっても
せめて一か月に一度は面会することにしています。

3連休で時間もあり、じっくり母と逢ってきました。
職員さんにいつもお世話になっていることから、近くのスーパーで手土産を持ち
恐る恐る、ユニットの部屋に行きます。
35℃近い気温でも施設内は温度管理されているので、快適です。

入所されている方々と一緒に車いすに乗りテレビを観ています。
職員の方が私に気づいたのか「息子さんいらっしゃいましたよ」と母に伝えます。
気づいた母は、私を見て涙目になりました。「息子だよぉ」と職員さん言いました。
このシチュエーションはあまり好きでないんですよね。

ろくに話もしないまま20分くらい傍にいました。部屋の様子を確認し
職員さんに「体調はいかがですか?」
すると職員さんは「食事は完食するし、夜もぐっすり寝てますよ」と。

そうすれば、以前家にいた時よりもやせてスマートになったようだ。
「もう帰るのかい?」と言われ辛い別れになるかと思ったら「また来なね」だって。

安心して帰ってきました、しばらくは大丈夫。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 命日 | トップ |   

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
母が思い出されて... (jinam64)
2017-07-18 20:13:12
そうですか・・・

母のことが思い出されて..。

重なるんですね。

いやはや、もの悲しいもんです。

失礼しました。

Unknown (ちゅうりっぷ)
2017-07-19 06:00:56
ほんと、つらいですよね。こちらと流れが合わないというのは。でも人間としてのおつとめかなあ
Unknown (nekura)
2017-07-20 20:49:45
jinam64様
毎朝・夕のあいさつと焼香は欠かしていません。
亡くなって一年が過ぎましたが、生前のことは今でも鮮明に覚えています。
親孝行したいときは親は亡し。
愚かでした。
Unknown (nekura)
2017-07-20 21:05:15
ちゅうりっぷ様
母がこの施設に入所したばかりの頃は、慣れないせいがあったのか、帰りたいとか面会に行くともう帰るのかと泣かれたり、つらい時期がありました。
亡くなった父の事、家の周辺の事親戚のことなどはあまり言わないようにしています。
刺激を与えないためです。それが母のためかなと思います。
この日も、逢った時に涙ぐまれましたがあまり後を引かず安心しました。
入所している人と誰と話をすることもなくただボーっとしています。
手をさすったり、頭をなでてやったりしたわけで、特に何をするわけでもなくこれでいいかなぁと思いました。
いろんな意味で、ずっと長生きしてほしいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。