SPK テクノ日記 autechre Ministry ゆるめるモ! パフューム

Techno Industrial EBM IDM テクノ エレクトロ トランス J-POP テクノ系日記!  

SPK -Digitalis Ambigua ( Gold and poison) 1987年作品

2016-12-31 13:28:18 | Ele Pop New Wave

SPK -Digitalis Ambigua [1987,Canada]

  Dec/31 ( Sat ) ,大晦日。太陽が燦然と輝く大晦日の午後のゆったりとした時間帯にBoss/cafeとお菓子を持ってシャックへと上がる。

 では、予期されていたように、SPKの最後のstudio盤を聴きましょう、イイェーイ!

1. Breathless

 先ずはヒットしたのかは忘れましたが、singleもある海苔の良いナンバーから始まりますね( ゚∀゚)

 哀愁感あるコンストラクシオンのポップであって、中々オシャンテーなナンバーです。

 Hey ! SPK・海苔にのって、danser ヾ(^ー^)ゞダンス

2. Mouth To Mouth

 KarinaとSinanという棘のある花を操るGraeme氏はタレントのある男だが、ー膨大なライヴを残したとしてもー、本作をもって解散したのは残念ですね。まあ今頃いってもしょうが無いが、

3. Sheer Naked Aggression

 次いでは、そのGraeme氏の力強いヴォーカルが堪能できる良好エクリです。

 "USSR!"などと絶叫している所に時代性がありますね。

 1991年のソ連邦の瓦解いこう、わが反スターリン運動は更なる彩光を放っているではないか。

4. Crack!

 まさにソ連邦や東欧残存スターリン主義国家群の亀裂を予知していたのか、或いは期待しいたのか。

 われわれ、反スターリン主義・革マル主義者の矜持にかけて、らいねんロシア革命100周年をわが同盟の一大飛躍の年にすべく刻苦勤勉するのでなければならない。

5. The Doctrine Of Eternal Ice

 darkwaveです。

 後の数多のユニッツに多大なエフェクトを与えた彼らSPK、

6. Invocation

7. White Island

 インターナショナルなヴァリエーションに富んだシンセ・ポップがシリーズします。

 平穏な世界です。

 予期するに、らいねん2017年は激動の一年になるに違いない。

8. Palms Crossed In Sorrow

 calm world .

9. Alocasia Metallica

 アンビエント感すら感ずるインターナショナル・シンセ・ポップで有りますね。

 はてここらでお土産の「横濱 ビスカット」を食べましょう、コロちゃん・ケロちゃん、ちゅーるる、ぱっくぱくう、チョコっと、美味しいね、

 うーん、おいちい おいちい! (^▽^)

10. The Garden Of Earthly Delights

 さて宴もたけなわで御座いますがいよいよラストの鴇を迎えました。

 ゆったりとしたエレクトロが滔々と流れ去りつつ、チャイニーズ祝言が浮上し終わります。

★★★★

1987年作品。らいねん2017年で30周年を迎えるSPK最後の一撃でした。

 さて、もう少ししたら歌人とショッピングへ出かけましょう。祈念良年!

 JL1UTS Nick

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

12月30日のアクセス数

  • 閲覧数1,188
  • ブログ村 CDレビュー 2位/1287
  • 順位:4,240位 / 2,650,884ブログ中 (前日比)
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Motorama -Horse 2008年作品 | トップ | Assemblage 23 -Endure 2016... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Ele Pop New Wave」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。