なぜ(?)こんなに馬が好きになったのだろう?(2)

2017-04-05 23:33:29 | 日記
               そもそも・・
          
           よく覚えてないが、競馬を知った初めの頃の印象のある馬の名前は

           「タケシバオー」だ。とにかく強かった!という印象がある。

           本気で競馬場まで行って馬を応援したのは、弥生賞のハイセイコーだった。

               地方から中央に挑戦し、あっさり勝った!凄く興奮した!

           思えば、地方から東京に出て来ていた田舎っぺの自分をハイセイコーに重ねて

          夢を見たのかもしれない。だから、ハイセイコーを負かすタケホープが嫌いだった。

          この好きだ!嫌いだ!と言う気持ちの揺れが本気で馬に入り込んだ理由かもしれない。

                       まだまだ学生だったのに・・

              ハイセイコーの生産牧場の明和牧場を見に行った記憶がある。

                           ハイセイコー                
                  
                           写真:JRAより                   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なぜ(?)こんなに馬が好き... | トップ | クロフネフリート、シャドウ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL