バラいっぱいのミッキーの庭

自宅のミッキーガーデンの出来事や、日々感動したことを日記風に綴ります

ドバイのお掃除やさん その3

2017年01月04日 | 暮らし

ビルの外でガラス拭き

朝何気に窓から外を眺めると・・・・・

向かいのビルの外で人影が・・・

そして、足元を見ると・・・。

道路を走る車は小さく見えます

   ビルの左手に見えるのはヤシの葉の形をした人工島の幹の部分

  

 命綱1本を頼りに、黄色いバケツに入れた水とワイパー1本で、ガラスを磨いていきます。

 今の季節は年間で一番過ごしやすい季節です。外気は20度少し

 もちろん半袖でOKです。

 雨は年に4~5回

 砂漠で巻き上げた砂埃に雨が当たると汚れは最悪らしい。

 モールの駐車場内では車のお掃除屋さんがスタンバイしています。

 

 ショッピングから帰ると車はピカピカ

 (暑い国だから夏場は外でなんかできないですよね。)

 気候が安定した今の季節でも、地下の駐車場はけっこう暑いですね。

 昨年、日本の東京都庁隣のビルで、同じように窓ガラスの掃除をしていましたが、しっかりしたワイヤで

 ボックス型のゴンドラを吊り 職員さんが、お仕事してましたよ。

 ドバイでは危険な仕事を、インドやパキスタンからの出稼ぎ労働者が行っているんだそうです。

 事故で命をなくす方も多いんだそうですが。大きな記事にもならないとか・・・

 午後からは街が霞んで見えます

 

   今日も訪問ありがとうございました

 

 

 

 

 

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドバイのクリスマス その2 | トップ | ドバイマリーナ ダウ船遊覧... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
|ョェ・`)))プルプル (キミコ)
2017-01-05 21:58:46
私高所恐怖症なので 今のマンションは4階に住んでいますが
下を覗き込むことができませんΣ(=∇=ノノ ヒィィ!!
こんな画像を見るだけでお尻の辺りが恐怖でじんじんしてきます^^;

慣れた仕事とはいえ 怖くないのでしょうかσ(^-^;)アセ

2も見せて頂きましたよ
こんなハウスあるんですねえ
一緒に作りたいくらいです。:*:・(*´ω`pq゛ポワァン
キミコさんへ (ミッキー)
2017-01-05 23:53:37
ネッネッ おんなじだ~
私も高いところは苦手
隣のビル下を見るとお尻がムズムズしてきます。
でも窓ガラスの汚れで霞みがかって・・・

仕方なく少ししか開かない窓の隙間からレンズだけ出してパシャリ。
ピントは勝手にカメラが合わせたという感じでしょうかね。

ジンジャブレットの家つくり
結構大人が楽しんでできました。
カイ君が食べると言いだすかひやひやでしたが
サンタさんが迷子にならないように作る。
といわれては食べられませんよね。
アイシングのつららを口に入れるだけで、我慢できたようです。
ドバイはイスラムの国。サンタさんの存在はありませんが、イベント的なツリーの飾りは町中でありましたね。


こんにちは (そよかぜ)
2017-01-06 15:37:40
ミッキーさん
窓掃除の人は出稼ぎ・・納得です。
些細なことと記事にもならない事故死・・
これも納得です
高層ビルから眺める風景は流石に凄いですね~
ドバイブログは新鮮で面白いです(^^)/
こんばんは (sugina)
2017-01-06 23:08:06
ドバイの写真 驚くことばかりです
マンションが79階建の41階とはすごいです
大阪の新名所に日本で一番背の高いビルとなった
あべのハルカスがありますがそこでも60階300mです
私は高いところから見る景色が大好きです 
マンションから撮られた景色に海が見えます
暑い国でもクリスマスツリーやサンタ絵本 おかしの家
など子どもたちは楽しいでしょうね
ビルのおそうじやさん仕事とはいえ命がけですね
楽しく見せていただきました
そよかぜさんへ (ミッキー)
2017-01-07 00:23:52
華やかな街を支える舞台裏の方々
生きるがための人々人生
ギヤップを感じます。

suginaさんへ (ミッキー)
2017-01-07 00:35:00
行くたびに新しい背高ノッポビルができています。
毎回写真を撮ってため息が出ます。

私の技術不足から ビルがまっすぐに立たないんす。

シャッターを切る時には  今日こそと 
シャッターを押し 画像を確認すると右か左に揺れている・・・

平衡感覚 いや垂直感覚が 保てないんです(笑い)
ビルが高すぎてということにしておきましょうかね。

ドバイはイスラムの国 
サンタの存在は認めませんが、世界的なイベントとして、デコレーションというイメージで街には装飾されている気がします。
国は変わると見えるものも違ってきますね。


コメントを投稿

暮らし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。