バラいっぱいのミッキーの庭

自宅のミッキーガーデンの出来事や、日々感動したことを日記風に綴ります

日本昭和村

2017年07月16日 | お出かけ

昭和の缶詰のようなところ

そうそう子供の風景 こんなんだったわね。

衣装を着て  記念撮影のセットがありました

学校を移築したという事です

中は・・

電気屋さんの再現

 懐かしいレコード

家庭の再現

こんな形の藤車 幼かった弟が中に入っていて 成長と共にだんだんじっとしておれずよく転落したな~

どれも懐かしい風景です。

 

外は

竹の明かりの道がありました。暗くなってからも見たかった。

 

暑い1日でしたが、のんびり村内の山を登り楽しんできました。

 

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本昭和村で タスキンライブ | トップ | 今日はケーキ作り »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちわ (ひまわり)
2017-07-16 15:44:57
此処行ってみたいと思っています
懐かしいですね
アッ この電気釜 今でも私は持っています
一升炊きです  岩国寿司を作る時これで炊きます
現役で頑張っていますよ

↓ ミッキーさん素晴らしいですね
プロとコラボでしたのね
何時もケーナ持ち歩いているのですか??
どこか懐かしい (そよかぜ)
2017-07-16 19:04:12
こんばんは

今日も暑かったですね~
日本昭和村 どこか懐かしい風景で
小学校の廊下を走っている姿が浮かびます
行って見たい所ですね^^

ひまわりさんと同じですが
ミッキーさん自作のケースにケーナを入れて行かれたのでしょうね(^^)/
良い趣味をお持ちで素晴らしいです
こんばんは (sugina)
2017-07-16 22:11:03
ここは昭和村ですか
昔 名古屋だったか?明治村っていうのが
ありましたが 今でもあるかわかりませんが
行ったことがあります
昭和も遠くになりにけり・・・ですね
懐かしいミゼットや藤車 生活道具 
故郷に帰ったような温かい気持ちになりました
ひまわりさんへ (ミッキー)
2017-07-16 23:03:30
昭和の匂いプンプンでしょ。
なんだか最初に行った時、懐かしいな~って思いましたよ。
ひまわりさん家にまだ現役で炊飯器活躍中。大切に使っておられるんですね。
ところで岩国寿司ってどんなお寿司ですか。
またいつか作られるとき見せてくださいね。

ケーナはお出かけの時 持ち歩いています。
竹1本ですからね。
サンポーニャは場所を取るので留守番です。
なかなか練習できないので、出かけた時どこかで
5分程 (こんな事ではたいした事ないですね)
1曲ぐらい音が出せるよう心掛けています。
ど素人の音に、さすがプロさん
よく合わせてくださいました。
感謝感謝です。
そよかぜさんへ (ミッキー)
2017-07-16 23:14:10
廊下私が通っていた学校の廊下そっくりでした。
なんだかスッとタイムスリップしたかのように入っていけます。
昭和に生まれ昭和にどっぷりつかった世代
どこか埃くさいような
でもこれがまた懐かしい

ケーナは竹1本ですからカバンの中にポイと入れて持ち運べます。
軽いですしね。
伴奏になる部分をチャランゴで合わせていただけ最高に幸せでした。
というより、よくもまあ素人に合わせてくださったものだと感謝感謝でした。
suginaさんへ (ミッキー)
2017-07-16 23:29:50
明治村いまだ健在ですよ。
愛知県犬山市にあります。

日本昭和村は岐阜県美濃加茂市にあります。

どちらも山に施設があります。
昭和村は、移築された建物は少ないですが
昔、目にしてきた光景がそのままといった感じで懐かしさを感じます。
suginaさんの故郷もこんな感じだったんですね。
故郷を感じてもらえればうれしいです。

昭和村 (ぐり)
2017-07-17 16:15:22
ずっと縁がなかったんですけど
昨年行きました
中村玉をさんがえんちょうなんですよね
昭和の香りが色濃いですね
ぐりさんへ (ミッキー)
2017-07-17 23:06:56
ぐリさんもいかれたことがあったんですね
感想は?って聞かれれば
懐かしい
の一言でしようね。
華やかさは何もないですが・・。
平成生まれの子供たちからすると、ついこの前の時代ですが・・
随分遠い知らない時代に写るんでしょう。
まさに昭和は遠くになりにけりですね。

コメントを投稿

お出かけ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。