バラいっぱいのミッキーの庭

自宅のミッキーガーデンの出来事や、日々感動したことを日記風に綴ります

 葉唐辛子の佃煮と 唐辛子味噌  その4

2016年10月14日 | 手作り

古川に行った時 道の駅で見つけました

葉唐辛子の中に唐辛子が入った袋

なんだか青い唐辛子も沢山入っています。

よし 佃煮と、唐辛子味噌を作ろう。という事で2袋買い求めました。

自宅に戻り 葉と 唐辛子に分けました

  

 

   葉っぱは熱湯の中に塩を一振りして

   茹で上がったものを絞って5センチほどにカット

   醬油 味醂 酒 かつおのだし顆粒を入れ 水分がなくなるまでコトコト煮ます。

   

    ハイ 完成 

   

 

 唐辛子味噌は

  辛味が増すので赤いものは外しました。

  

 ヘタを外し、フードプロセッサーでカットしたものを多目のごま油で炒めます

 今回は赤味噌と砂糖 味醂 酒を入れ ポッタリするまでコトコト煮こみます。最後に白胡麻を入れて完成です。

  

 少し辛みが有って、熱々のご飯に乗せると食が進みます。

 空き瓶を煮沸して詰め込みました。

 早速お嫁に行きました。気に入ってもらえるかな???

 

 
     今日も訪問ありがとうございました 

 

 

    

『手作り料理』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« せせらぎ街道 ステキな喫茶... | トップ | トールペイントの部屋 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ひまわり)
2016-10-15 16:58:19
唐辛子味噌は似たりを良く作ります
美味しくてご飯が進み 困りものです

葉の佃煮 これは知りませんでした
唐辛子はドライフラワーにして楽しもうと植えています
へぇ~ 目から鱗でした
ミッキーさんへ (くりまんじゅう)
2016-10-15 19:15:29
唐辛子の葉は これにヒメイチという赤い小魚を入れて
母が炊いていました。辛子煮とよんでおりご飯が進みました。
唐辛子味噌 おいしそうですね ご飯の友でよし 調理にも
もちろん使えますね。
ひまわりさんへ (ミッキー)
2016-10-15 21:19:53
唐辛子味噌
いつもは麹味噌や、ミックス味噌で作ったりしますが、今回は久し振りに赤味噌で作りました。
保存が効き箸休めやおにぎりの中に入れたりで食が結構進みますね。

葉唐辛子は学生のころ、友人のお母さんが群馬出身でお土産に頂いたのが、この味を知ったきっかけでした。

本来捨ててしまう所ですが、最近はお料理やさんなどで、箸休めに少し乗っかっていたりします。
辛さもなく結構いけます。
もちろん酒の肴にも。
今、この季節でしか作れないものですよ。
くりまんじゅうさんへ (ミッキー)
2016-10-15 21:25:09
ヒメイチを入れた唐辛子の葉っぱは 魚の出汁が効いておいしそうですね。
ヒメイチなる魚はこちらでは見る事もできませんがじゃこみたいな魚ですか。

唐辛子味噌は結構保存が効きます。
使い勝手はアイデアしだい。色々使えると思いますよ。
唐辛子味噌 (sugina)
2016-10-15 22:35:34
手作りの唐辛子味噌 美味しそうです
手作りの頂きものは嬉しく喜ばれますね
飛騨高山には何度か行きましたが
飛騨古川には行ったことがありません 
山に囲まれて空気も澄んでいて紅葉を
愛でながらステキなカフェでゆっくりできたら
なんて幸せなんでしょう 
飛騨と言えば朴葉味噌 初めて食べた時は
あまりにも美味しすぎて衝撃でしたぁ  
suginaさんへ (ミッキー)
2016-10-16 19:59:09
飛騨へはこられたことがあるんですね。
私は同じ県内でも平野部ですので、又違った気持ちで空気を感じることが出来ます。

ほうば味噌おいいしいですね。
ひだの人は自然の物を用いて料理に旨く生かしておられます。
ほうばの葉っぱで包んだ,ほうば寿司を作ったり・・・。
飛騨牛をほうばの葉っぱにのせて炭火で焼肉を焼いたりして使っていましたね。
古川は高山から30分ほど 富山寄りの所ですが、静かな落ち着いた街でした。
ひだ桃も産地のようです。
山はいいですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。