親父、何やってるんだ!

呑んだくれ親父の独り言です

HX4004 コルト

2017年01月03日 | 86

軽トラの荷台に鎮座する巨大な段ボール箱は、なんでしょう?
アネスト岩田のエアーコンプレッサー HX4004コルトです。以前エアーインパクトレンチを買った時、我が家の小型コンプレッサーの容量不足を痛感し購入しました。
気になるお値段は、カインズホームで18800円(税込)でした。カインズホームは、税込み価格で表示しているので頭の悪い私でも解りやすく助かります。
通販並みの安さだったので満足です。値段が同じくらいだったらメカメカした物は、店頭で買いたいからです。


段ボール箱から出して内容物の確認をします。
確認作業が終わったら組み立てます。取っ手を付けるのが地味に面倒でした。


運搬中にオイル漏れを防ぐ為と思われますが、オイルは入っていません。
オイル無しでの運転を防止する為、電源コード(シールを取らないとコンセントに差し込めない)にも貼ってありました。


付属のコンプレッサー用のオイルを適量入れて作業終了です。


組み付けが終わりました。
試運転と行きましょう。


今まで使用していたコンプレッサーと並べてみました。アイワールドで購入しました。宇都宮市の人、懐かしい名前でしょう!
タンク以外は、古い方が大きいですねえ。
タンク容量は、古い方が10リットル、HX4004が30リットルと3倍です。モーターは、2倍の出力があります。(もちろん電気は2倍使いますが)それでも小型化されているのは、技術の進歩を感じます。
値段の進歩は、もっとすごいです。古い方は、20年くらい前に買って19800円でしたが、今度のは、18800円と性能が倍以上になったのに値段は下がっています。


スイッチオン!
30リットルのタンクが、規定の約0.8MPaになり停止するまで2分50秒でした。
音は、爆音と言ってもいいですね! 農家の一軒家なので誰も文句は言いませんが、住宅地だと遠慮した方が良いでしょう。特に夜は、止めておきましょう。


先日買ったパンタグラフ型のジャッキをインパクトレンチで上げるアダプターのエマーソンEM-234を試してみましたが、結果は撃沈!
上る事は上がりますが、タンク一回分でガガガーッて訳に行きません。少し回しては圧が上るのを待つを何度か繰り返しました。
YouTubeで電動インパクトレンチでパンタグラフ型のジャッキを上げる動画を見ましたが、やはり苦しそうでした。そもそも、インパクトレンチでジャッキアップは、無謀なのかもしれません。人力で上げます。EM-234は、お蔵入りです。


タイヤも交換しましたが、圧力に不足は無いのですが、力強さに欠けます。
インパクトレンチの説明書には、内径8㎜以上のホースを推奨していましたが、私の持っているホースは、内径6.5㎜容量不足のようです。
急ぎホームセンターに走ります。外形12.5㎜、内径8㎜、長さ10mのホース、2880円(税込)でした。


ゲージ付きのエアーチャックも買いました。1350円(税込)でした。
エアーガン式なのでゲージを見ながらシューシューとやれば適正値まで空気が入れられます。
ただし目盛りの数字が小さいので老眼にはきついです。
大きな目盛りのゲージで再度チェックしました。
これで再びハロー号は夏用タイヤになりました。天気予報のチェックが欠かせません!


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 道の駅 まくらがの里こが ... | トップ | 小平うどん 小平市 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

86」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事