親父、何やってるんだ!

呑んだくれ親父の独り言です

日光市 文治

2016年10月16日 | 自転車で行く メガ盛りグルメ

今日は、朝所用があったので10時過ぎと遅めの出発です。
行先は、数日前の新聞で「竜頭の滝の紅葉が見頃」と書いてあったので何時もの日光です。もしかしたら今年最後の足出し、指切りグローブかも知れません。
ジャパンカップが来週に控えた宇都宮市内では、あちらこちらにこんな看板が見られました。英語で書いてあると言う事は、外国人選手向けでしょうね。


旧今市市街では、屋台が繰り出すお祭りが開催されていました。
交差点の真ん中でグルングルンと回っていましたが、どうやって回っているんだろうと思って見てたら


中心部を油圧ジャッキでジャッキアップしていました。
経験があるので大丈夫だと思いますが、万が一の事を考えると怖いですね。


他にもメインストリートには、彫刻屋台が多数引かれていました。→走行しながらの撮影はやめましょう。


何時もの神橋前です。
この辺は、まだ紅葉はしていません。
写真が曲がっているのは、観光客がいっぱいで慌てて撮ったからです。旧日光市街は、大渋滞でした。家に帰ってから知ったのですが、今日は東照宮の参道で流鏑馬が行われたんですね! 何かある時は、日光には車で行かない方が賢明です。


今日は、出発が遅かったので昼食を摂ってからいろは坂を上ります。
今日の昼食は、手打ち蕎麦 文治(栃ナビ)です。
民家を改装した店ですが、かなり奥まった所にあり解りずらい場所にあります。
場所も解りにくいですが、営業日は4月から11月までの土日祝日のみ! と言うハードルの高い店です。しかし、その分味は期待できます。


注文の二色もり蕎麦1.5盛り(750円税込)です。
二色盛りの内容は、江戸蕎麦と日光蕎麦でどちらを1盛りにするかは、注文時に選択します。


江戸蕎麦です。
白く細く繊細な蕎麦です。
味も繊細でウンマかったです。


こちらは、日光蕎麦。
蕎麦の香りが強く力強い味がします。
日光蕎麦も江戸蕎麦に負けず細麺です。


では、いただきま~す!
ズズズーッ。
ウンメエ!
私は、蕎麦をズズズーッと上手くすすれなかったのですが、この蕎麦は普通にすするだけでズズズーッと上手く喉に入って来ます。
蕎麦を手繰るのは食べる方だけじゃなくて打ちての力量もあったんですね! 感動的な美味い蕎麦でした。

写真には写っていませんが、蕎麦茶が絶品でした。
開店前にその日に使う分だけソバの実を炒っているのだそうです。実は、ソバ茶は香りが嫌いだったのですが、ここのソバ茶は、嫌な香りが無く美味しく頂けました。


帰りにお土産まで頂きました。
ヘチマの繊維を使ったボディウォッシュでした。
機会があったらまた来ます。次は、限定5食のカレー蕎麦にしようかな!


絶品蕎麦を食べて満腹になったらいろは坂を上ります。
今回は、観光目的なので何時もの明智平より100m低い場所にある黒髪平で記念撮影です。 決して上るのが辛くて途中で足を付きたくて休んだ訳じゃないですよ。←ウソ
この辺も紅葉はまだまだでした。
この後、中禅寺湖畔まで行きましたが、例年だと湖畔に植えてあるモミジが赤く紅葉しているのですが全然でした。竜頭の滝は、去年自転車でも嫌になるくらい渋滞していたのでパスします。


中禅寺前の歌が浜駐車場から望む男体山です。
例年だと年賀状にするNo.1候補になるんですが、今年はイマイチですねえ!


華厳の滝です。
水量は多いのですが、紅葉はまだまだです。滝の周辺は気化熱で早く色付くのですが全然です。
農作物もそうですが、天気には勝てません! 人の手が加えられない紅葉はなおさらです。
来年は、良い景色が見られますように。

本日の走行距離、128km
獲得標高、1460m

ダウンヒルは、メチャ寒でした。上はウィンドブレーカーを着ましたが、下は若いっぷりをして脚出しだったのですが、寒さで攣りそうでした。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年の稲刈りが終了しました。 | トップ | 大通りクリテリウム 2016 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む