気まぐれな神社・仏閣めぐりぶらり旅の備忘録

神社・仏閣、史跡などぶらり散歩・旅めぐりでの写真、珍散文を載せている。(自分の備忘録)

2016 振り返って(葛飾区柴又 帝釈天(境内の庭園))

2017-07-29 | 東京
おはよう、
今日(170729)は、私用が重なり、ぶらり散歩が中断しています。2016年この時季に、神社・仏閣巡りした所を振り返ってみました。少し、蒸し暑い感じを思い浮かべます。
エリアは葛飾区柴又、寅さんで有名な「帝釈天」、「寅さん記念館」、「矢切の渡しの情緒風情」である。それらを順次します。

心が落ち着く広大な庭園(緑が鮮やかである)「庭園(邃渓園:すいけいえん)」
庭園内には、休憩室(大きなテーブルと椅子、ベンチ)が、回廊の途中にある。
なんと、無料給茶機も置かれていてホット・アイスのお茶が頂ける。
暫らくベンチに腰掛けて、庭の草木や鳥を眺めるのもよし。回廊のどこから庭を眺めても庭を美しく魅せる設計になっている。
昔の板ガラスがゆらゆらと景色を映して、田舎を思い出します。

回廊になっている廊下
 
4

右側に写っているのが休憩室の一部である。

6


以上
コメント;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 振り返って(葛飾区柴又 帝釈堂彫刻ギャラリー)

2017-07-28 | 東京
おはよう、
今日(170728)は、私用が重なり、ぶらり日帰り散歩が中断しています。2016年この時季に、神社・仏閣巡りした所を振り返ってみました。少し、蒸し暑い感じを思い浮かべます。
エリアは葛飾区柴又、寅さんで有名な「帝釈天」、「帝釈天彫刻ギャラリ-」、「寅さん記念館」、「矢切の渡しの情緒風情」である。それらを順次します。
昔の人の技術、力量、色彩感覚に絶句する。
十二支、天女が奏でる雅楽、法華経説話、花鳥風月の彫刻は、日光東照宮に勝るとも劣らない棟梁たちの力作である。
見事な木彫刻作品である。
 
3
 
5

6


以上
コメント;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 振り返って(葛飾区柴又 帝釈天)

2017-07-27 | 東京
おはよう、
今日(170727)は、私用が重なり、ぶらり散歩が中断しています。2016年この時季に、神社・仏閣巡りした所を振り返ってみました。少し、蒸し暑い感じを思い浮かべます。
エリアは葛飾区柴又、寅さんで有名な「帝釈天」、「寅さん記念館」、「矢切の渡しの情緒風情」である。それらを順次します。

柴又帝釈天の境内ご紹介(柴又駅周辺)

b

c

柴又帝釈天のご朱印(力強い毛筆体)と、     山号、寺院号、宗派標
 
二天門(山門)

帝釈堂」 本堂と、     「祖師堂(本堂)」(題経寺)
 
参道と商店街様子、     有名な「草だんごとおでん」 美味しく頂きました。

以上
コメント;

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 振り返って(中央区上溝 禅寺 宝光寺)

2017-07-17 | 仏閣 相模原
おはよう、
ようやく梅雨明けの時季を思わせる天候に入ってきたでしょうか!!!(連日蒸し暑い日が続いていますが!!!)

今日(170717)は、2016年(2016-06-03)に相模原市内にある神社・寺院を巡った中から気に残る神社、寺院を再度します。道保川公園の近くにある「中央区上溝・宝光寺」です。6月は深緑と梅雨時であり、活動が少なくなる時季である。
宝光寺:寶光寺(緑区上九沢・梅宗寺百番観音(西国三十三番、坂東三十三番、秩父三十四番の合祀)、住職は縁戚に当たるそうです)

門柱(山門はなく、山号標、寺院標の石柱)

本堂と、     本堂正面の拡大

以上
コメント;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

茅の輪くぐりの神事(再投稿)

2017-07-13 | 神社 相模原
おはよう、
今日(170713)は、昨年(2016-07-04)参拝中に「茅の輪くぐり」がおこなわれてたタイミングであった。今年は、所用で参拝の機会がなく、近じか訪れたい。因みに2017年は6月25日に開催された。「茅の輪くぐり」神事:「蘇民将来」と三度唱えながらくぐると、健康と長寿を得られると言う。写真は2016年に撮影したものです。

ご朱印と、     亀の姿がいたる所に彫られている。
 
大鳥居正面

神門

社殿(拝殿+本殿)
拝殿正面の広場に「茅の輪」が設けられている

以上
コメント;

コメント
この記事をはてなブックマークに追加