気まぐれな神社・仏閣めぐりぶらり旅の備忘録

神社・仏閣、史跡などぶらり散歩・旅めぐりでの写真、珍散文を載せている。(自分の備忘録)

重厚感のあるニコライ堂へ

2017-01-24 | 日記
おはよう、
今日(170122)は、「神田明神(神田神社)」、「湯島聖堂」を巡って、最後に「神田駿河台・ニコライ堂」を見学に行ったが、ミサ中であり、次回にする。念のため外観のみ撮ってきた。
-----------------------------------------------------------
概要
日本で最大の正教会の大聖堂であり、全日本の府主教が管轄する首座主教座教会である。現在の府主教はダニイル主代郁夫。
正式名称
建物としての大聖堂の正式名称は東京復活大聖堂(とうきょうふっかつだいせいどう)。「ハリストス復活大聖堂」といった表記のブレがまま見られるが、こうした表記は当事者によって用いられる正式名称ではない。この大聖堂を拠点とする教会名は「東京復活大聖堂教会」である。
拝観
平日の午後(10月から3月は13時から15時半、4月から9月は13時から16時)拝観可、未信徒は、啓蒙所と呼ばれる聖堂内の一部まで見学可能。
-----------------------------------------------------------
ニコライ堂(ニコライどう、英語: Nicholai-do)」は、
東京都千代田区神田駿河台にある正教会の大聖堂。「ニコライ堂」は通称であり、日本に正教会の教えをもたらしたロシア人修道司祭(のち大主教)聖ニコライに由来する。正式名称は「東京復活大聖堂」(英語: Holy Resurrection Cathedral in Tokyo[3])であり、イイスス・ハリストス(イエス・キリスト)の復活を記憶する大聖堂である。

聖橋」からの眺め
中央が「順天堂大学」、右側が「東京医科歯科大学」方面

JR中央線お茶の水駅付近(オレンジ色の中央線、薄黄色の総武線、赤色の丸の内線の各電車)


ニコライ堂」の外観


「千代田線・新御茶ノ水駅」の傍の居酒屋の前の「牡蠣の山積み」模型品


以上
コメント;
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高尾山薬王院 参拝 その3 | トップ | 神田明神(神田神社)参拝 そ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事