気まぐれな神社・仏閣めぐりぶらり旅の備忘録

神社・仏閣、史跡などぶらり散歩・旅めぐりでの写真、珍散文を載せている。(自分の備忘録)

台東区・浅草 伝法院・庭園 特別拝観

2016-08-14 | 東京
➡ 再投稿(神社・仏閣めぐりグログ集約)
----------------------------------------------------------
国指定名勝 伝法院庭園 特別拝観と大絵馬寺宝展       拝観2016-5-1
伝法院は、浅草寺の本坊である。

山号      金龍山
寺院号     浅草寺
正式名称   金龍山 浅草寺
本尊       聖観世音菩薩(慈覚大師円仁作)
札所本尊    聖観世音菩薩(秘仏)    
宗派       聖観音宗(総本山)
-----------------------------------------------------------
「浅草周辺;浅草寺、伝法院特別拝観 まるごとにっぽん」を散歩してきました。現在、「国指定名勝 伝法院庭園 特別拝観と大絵馬寺宝展」が開催中であり、入場、「大絵馬、扁額」の貴重な寺宝を観ることができ、驚きと、偉大さが伝わってきた。また伝法院の庭園内は、通常日公開。絶好の機会でした。春の桜の満開時に拝観できればと思います。「枝垂れ桜」が綺麗さを漂わせていた。(現在は新緑の青葉の時季)尚、拝観順は、庭園より前に「大絵馬展」を拝観する流れになっている。絵馬堂内は、撮影禁止であり、是非実物を見て頂きたい。木目や絵の具の質感まで伝わってくる。(絶対に触らないで下さい!)。浅草寺は、寺宝として200枚以上の大絵馬を所蔵している。
開催期間」:2016年3月18日(金)~5月9日(月)
伝法院」は
浅草寺の「本坊」という位置づけにあり、浅草寺住職の住居や、僧侶の修行道場となっている。時の将軍や宮家をもてなしたと思われる「客殿」をはじめ、大玄関、使者の間、大台所、「大書院」、住職の間など、江戸時代の古建築は貴重な文化財。
伝法院庭園名勝指定
当寺の伝法院庭園が2011年9月21日付けで、国の名勝に指定された。伝法院は当寺の本坊であり、庭園は寛永年間(1624~45)に小堀遠州によって築庭されたと伝えられている。この指定により、本園の歴史的・文化的な重要性が公的にも確認された。浅草寺の本坊で、もとは観音院、智楽院などと称したが、元禄年間(1688~1704)以後この名称が付けられた。(出典元:ネット情報)

案内(院内の日本庭園が一般公開

池を挟んでの庭園の景観、裏からの五重塔も重厚で、立派です。


大絵馬寺宝展の入場券と案内


絵馬堂」の外観(伝法院に行く前に大絵馬展を見て行く順です。)

伝法院」の景観、きれいに整地された砂利道を進む。

伝法院の景観(東京スカイツリーを含む)

伝法院の景観(浅草寺五重塔と東京スカイツリーが一望できる。浅草のランドマークと称する。)

伝法院の景観(五重塔を含む)

伝法院の景観(五重塔を含む)

庭園(同じ池を見ていても、場所や目線の高さで景色がまったく変わり、それぞれに趣がある。)

池の水鏡に映り込む景観が素晴らしい。

伝法院の屋敷を拡大、集合写真にしました。(お休み処で、緑茶をいただきました。)

庭園の内部(藤の花も終わっていました。)

水路

庭園の内部を拡大、集合写真にしました。(庭園といえば灯籠)

庭園の様々な顔(大池泉:石や植物が配され、見事な景観

裏側からの五重塔(ビュースポット)

集合写真(普段見かけている景観とはまた一味違います。)

チョウも歓迎している。

以上
コメント;
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台東区・浅草 三社祭 | トップ | 江戸三十三観音巡り ご朱印... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

東京」カテゴリの最新記事