気まぐれな神社・仏閣めぐりぶらり旅の備忘録

神社・仏閣、史跡などぶらり散歩・旅めぐりでの写真、珍散文を載せている。(自分の備忘録)

2 平泉・関山中尊寺(中尊寺白山神社)in2016

2016-11-01 | 神社 東北
おはよう、
今日(161020)は、紅葉・黄葉を求めて、「紅葉めぐりドライブ旅行」をしてきました。今日から数回に分けてします。又、その地域の見学スポット、由緒ある「神社仏閣」も合わせて参拝してきました。
平泉・関山中尊寺では、現在、秘仏御開帳「一字金輪佛頂尊」拝観に出かけ、合わせて中尊寺を参拝、8ヶ所のご朱印を頂いてきました。
今回の堂塔(お堂)の参拝は、まず 「本堂」を参拝➡「金色堂」・ご朱印帳を購入➡「経蔵」➡「白山神社」➡「弁財天堂」➡「讃衡蔵」➡「一字金輪佛頂尊」➡「阿弥陀堂」➡「大日堂」➡「峯薬師堂」➡「本堂・ご朱印頂く」➡「薬師堂」➡「地蔵堂」➡「弁慶堂」➡「八幡堂」➡ であった。

----------------------------------------------------------
社格         村社                              参拝日2016-10-20           
神社名       白山神社(ハクサンジンシャ) (通称 ハクサンさん)
御祭神       伊弉諾尊(イザナギのミコト)、伊弉冉尊(イザナミのミコト) 夫婦神である。          
コメント;
神仏習合時代には、この白山神社のように寺院の鎮守として神社が建立されるという事はよくある話である。
----------------------------------------------------------
中尊寺の境内を過ぎて最奥に進むと「白山神社」の境内となる。(月見坂参道)
中尊寺白山神社のご朱印」
手書きご朱印、ご朱印授与所にて、
中尊寺白山神社」の朱色の鮮やかな鳥居(一の鳥居)とその手前には石の幟立てが設置されている。及び参道。

2 参道の両側は「杉の大木の並木道」となっている。 「白山神社」の社名標の木柱

白山神社」の由緒と、     御利益:縁結び・良縁という事。

参道の正面は「野外能楽殿」であるが萱葺き屋根の大修理中であった。(落下物に注意、危険防止)写真は撮らなかった。
「手水舎:水盤舎(すいばんしゃ)、御水屋(おみずや)とも呼ばれる」

中尊寺白山神社」の社殿(拝殿)
2本の向背(こうはい。正面の屋根の庇)柱の間に「茅の輪(ちのわ)」が取り付けられている。茅の輪は、これをくぐり通ることによって疫気を祓うとされている。

「社殿(拝殿)」に掲げられている「白山宮」の扁額(社額)

「社殿」の外観(拝殿、幣殿、本殿と続いている。)

境内の様子 「(社殿)拝殿」の左横に緑の屋根+赤い窓枠の建物が「ご朱印授与所」になっている。

境内社と、     境内の杉並木、および階段のような杉の木の根が地面を這っている。

十二支を祀る境内社(白山神社十二支一代守護神社
特に、辰、巳、猿を撮影しました。(我が家の家族の干支)

面谷坊」:「大長寿院
「大長寿院(西谷坊)」は、中尊寺の塔中(支院)の一つ。本尊は、三丈(約9m)の金色の阿弥陀像、脇には丈六(約4.8m)の阿弥陀像九躰が安置されていた。現在は、本尊:「胎蔵界大日如来

野草(なんの実:マムシグサ(蝮草)!!!)

鳥居前では菊まつりで創作工夫した菊の花の競演展示中でした。(立派な花弁を醸りだしている)

以上
コメント;


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1 平泉・関山中尊寺(中尊寺... | トップ | 3 平泉・関山中尊寺(中尊寺... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

神社 東北」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL