気まぐれな神社・仏閣めぐりぶらり旅の備忘録

神社・仏閣、史跡などぶらり散歩・旅めぐりでの写真、珍散文を載せている。(自分の備忘録)

九品佛浄眞寺開山堂 その3

2016-12-13 | 東京
おはよう、
今日(161209)は、東京・世田谷区にある「浄土宗 九品佛浄眞寺」を参拝・拝観してきました。紅葉もまだ楽しまれる。やはりビックリぽんは、「九品佛と三仏堂」は、稀に見る壮観である。

以下順を追ってしてゆきます。
-----------------------------------------------------------
山号      :九品山                             参拝日、拝観日2016-12-9
寺院号     :唯在念仏院浄眞寺
正式名称   :九品山 唯在念仏院浄眞寺、九品山 浄真寺   別称:九品仏浄真寺   
本尊      :釈迦牟尼如来
札所本尊
宗派      :浄土宗
コメント     :「九品仏」(くほんぶつ)とは、一義的には、同寺に安置されている「9体の阿弥陀如来像」のことである。「桜や紅葉が綺麗な自然豊かなお寺」;参道や境内には緑があふれていて、とても東京とは思えないような自然豊かで風情のある景色を楽しめる。特に、紅葉の時季には、モミジやイチョウが色づいて鮮やかで、美しい(赤、黄色)。一見の価値あり。
-----------------------------------------------------------
開山堂」の「山門」と「洗手偶(せんしゅげ)」とあるが、「手水舎
右が「安産厄除開運」 左が「九品山寺務所」の表札が掲げられている。



開山堂」と、「珂碩上人 開山堂」の石柱標

屋根に注目!!!

開山堂」内部


「開山堂」周辺の紅葉

「三十三観音板標」がひっそりとある。石碑には「西国三十三番札所供養塔」。「観音堂」発見、参拝

「観音堂」の前には、左が「如意輪観音」、右に「千手観音像」が安置。堂内内部は、今回未拝観(九品佛拝観が目的、次回拝観)


「観音様の石像が三十三個」あるのでしょうか!!!(三十三の顔を持つ観音様)

以上
コメント;
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 九品佛浄眞寺総門 その2 | トップ | 九品佛浄眞寺仁王門と本堂 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL