気まぐれな神社・仏閣めぐりぶらり旅の備忘録

神社・仏閣、史跡などぶらり散歩・旅めぐりでの写真、珍散文を載せている。(自分の備忘録)

8 平泉・関山中尊寺(中尊寺本堂)in2016

2016-11-01 | 仏閣 東北
おはよう、
今日(161020)は、紅葉・黄葉を求めて、「紅葉めぐりドライブ旅行」をしてきました。今日から数回に分けてします。又、その地域の見学スポット、由緒ある「神社仏閣」も合わせて参拝してきました。一方、平泉毛越寺、松島瑞巌寺、山形立石寺と共に「四寺廻廊」という巡礼コースを構成している。平泉・関山中尊寺では、現在、秘仏御開帳「一字金輪佛頂尊」拝観に出かけ、合わせて中尊寺を参拝、8ヶ所のご朱印を頂いてきました。

今回の堂塔(お堂)の参拝は、まず 「本堂」を参拝➡「金色堂」・ご朱印帳を購入➡「経蔵」➡「白山神社」➡「弁財天堂」➡「讃衡蔵」➡「一字金輪佛頂尊」➡「阿弥陀堂」➡「大日堂」➡「峯薬師堂」➡「本堂・ご朱印頂く」➡「薬師堂」➡「地蔵堂」➡「弁慶堂」➡「八幡堂」➡ であった。
(出典元:ネット情報)

----------------------------------------------------------
山号        関山(かんざん)                      参拝日2016-10-20
寺院号       東北大本山       
正式名称     関山中尊寺本堂
本尊        釈迦如来(本堂本尊)  丈六釈迦如来坐像(丈六仏という一丈 六尺の大きな仏様)
札所本尊     奥州三十三観音番外札所、四寺廻廊札所
宗派        天台宗
コメント;
ご本尊は、阿弥陀如来で、本尊の両脇にある灯籠は「不滅の法灯」といわれ、宗祖伝教大師最澄が点して以来消えたことがない天台宗の象徴的な灯で、総本山延暦寺から分けたもの。同様の「不滅の法灯」は山形県の立石寺にも灯されている。
----------------------------------------------------------
「中尊」は、「奥州の中心に位置する」の意と解釈されている。「月見坂」と呼ばれる参道を登った丘陵上に諸堂が点在する。山内には中尊寺本坊のほか、17か院の子院がある(大徳院、地蔵院、瑠璃光院願成就院、金剛院、積善院、薬樹王院、真珠院、法泉院、大長寿院金色院、釈尊院、観音院、常住院、利生院、円教院、円乗院)

本堂」のご朱印

中尊寺の表門」、「秘仏 一字金輪佛頂尊」御開帳の板標が立っていた。

中尊寺の表門」に掲げられている「中尊寺」の板標・扁額
中尊寺の「山門」になる表門。通常の寺院の門の造りとは異なる、前面のひさしが深く、脇門のある「薬医門」であることからも、その出自を窺い知る事が出来る。

授与所

鐘楼

本堂」正面,外観

この時期は、「菊まつり」が行われる。花の開花は、蕾!!!

2 「本堂

ご本尊「釈迦如来坐像


境内の様子
本堂の松」:中尊寺境内の松。表門をくぐると無数の竹で松の枝を支えている印象的な光景が見え。また奥の方には梅や桜の木があり日本庭園のようになっている。

ご朱印所」の玄関前に「自慢の菊の花」が展示されていた。

ガイド・パンフッレットの写真を撮りました。(紅葉時期はとても綺麗です:経蔵(経堂))

四寺廻廊」の案内が掲示されていた。(中尊寺、毛越寺、立石寺(山寺)、瑞巌寺(松島)を指す)

以上
コメント;



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7 平泉・関山中尊寺(中尊寺... | トップ | 平泉・関山中尊寺巡り ダイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

仏閣 東北」カテゴリの最新記事