気まぐれな神社・仏閣めぐりぶらり旅の備忘録

神社・仏閣、史跡などぶらり散歩・旅めぐりでの写真、珍散文を載せている。(自分の備忘録)

秋色の鎌倉の紅葉巡り(鶴岡八幡宮)その6

2016-12-01 | 鎌倉
おはよう、
今日(161201)は、「晩秋の北鎌倉・鎌倉の神社・仏閣の紅葉巡り」をして来ました。紅葉も色づき、一部葉は落ち始め、地面は落葉が創り出す、綺麗な模様でした。巡った順とは順不同でアップします。
----------------------------------------------------------
鶴岡八幡宮」  :鎌倉市にある神社。別称として「鎌倉八幡宮」とも呼ばれる。       参拝、見学日2016-12-1
御祭神      :応神天皇(おうじんてんのう)、比売神(ひめがみ)、神功皇后(じんぐうこうごう)
コメント      ;旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。総本社は、宇佐神宮(大分)。鶴岡八幡宮は、相模国の一宮で、宇佐八幡宮(大分)・石清水八幡宮(京都)と共に、三大八幡宮の一つ。
----------------------------------------------------------
真新しくなった「段葛(若宮大路(史跡))」、「参道」、「二の鳥居

「二の鳥居にある狛犬」

「参道」、2017年は、両サイドのさくら並木満開の姿が観られるか!!!、「二の鳥居」からの眺め
この参道は、「二の鳥居」の辺りでは幅4m程だが、「三の鳥居」では幅が約3m程度となっており、先に進むほど徐々に細くなっている。人間の目の錯覚を利用し、参道を実際より長く見せ、奥の本殿を厳かに見せるための設計との説。


三の鳥居」、三の鳥居から、ご神域に入る。一礼して、鳥居をくぐる。



「三の鳥居」付近からの「鶴岡八幡宮(「本宮(上宮)」)」の正面



「鶴岡八幡宮(「本宮(上宮)」)」へ続く参道

手水舎

舞殿

太鼓橋」からと、     「舞殿」付近からの「楼門」
「鶴岡八幡宮(「本宮(上宮)」)」は、大石段上にある。大石段は61段あり、登りきると「楼門」、その奥に「拝殿」とつながった本宮がある。

「鶴岡八幡宮(「本宮(上宮)」)」
朱塗りの鮮やかな「楼門」は、左右を阿吽の随身像が守護し、扁額の「八」の字は、八幡神の神使の鳩で表現されている。屋根には、水を表す火除けの巴紋。


「楼門」に掲げられている「八幡宮」の扁額と、     彫刻物

境内の銀杏の木(銀杏(舞殿横))と、     「本宮(上宮)」からの眺め、「舞殿」、「三の鳥居」から奥は「由比ヶ浜海岸」へ     

境内の様々な紅葉様子
宝物殿(ほうもつでん)」、


「楼門」の大石段の下側にある狛狐

境内社、「旗上弁財天社」、源氏池の島に鎮座。周囲には源氏の二引きの白旗が多く見られる。

「旗上弁財天社」の由来板標と、     拝殿

「旗上弁財天社」周辺に棲みつく白鳩

真新しい「段葛」の両側に観る建造物

以上
コメント;
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋色の北鎌倉の紅葉巡り(円... | トップ | 秋色の鎌倉の紅葉巡り(高徳... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鎌倉」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL