気まぐれな神社・仏閣めぐりぶらり旅の備忘録

神社・仏閣、史跡などぶらり散歩・旅めぐりでの写真、珍散文を載せている。(自分の備忘録)

港区・元赤坂 迎賓館・赤坂離宮の一般公開 その2

2016-08-10 | 東京
➡ 再投稿(神社・仏閣めぐりグログ集約)
----------------------------------------------------------
迎賓館・赤坂離宮           公開見学2016-2-9
----------------------------------------------------------

一般公開された「迎賓館・赤坂離宮」を拝観してきました。皆さんへしたい情報が沢山あり、投稿します。

***本館内部は写真撮影禁止でした。残念(ネットで内容確認すると良いでしょう。一度は見られてはいかがでしょうか!!!)***内部は、残念ながら写真がNG。「迎賓館赤坂離宮写真集」をクリックすると、頭の中がクラクラするくらいの煌びやかな世界です。公開された部屋は、彩鸞(さいらん)の間・花鳥の間・朝日の間・羽衣の間・中央階段と2階ホールとなっている。主庭は、噴水池や花壇などが整備されていた。 

「迎賓館・赤坂離宮」の正門付近の全景(朝7:30頃の様子)


拝観入口西門を入ったすぐそばの本館(西側です):ここに本館内部に入るゲートが設けられていました。
(写真の左下)


主庭左側からの撮影(外観の全景)

本館の西側を拡大

主庭からのほぼ正面の本館の外観

少し目立つ部分;
グレイが基調の建物に少し目立ったのが真新しい赤銅色の雨どい。付け替えたばかりなのでしょう?これも少し経てばあの緑青色に変わって渋さを演出する!!!。

噴水池側からの真正面
南に面した主庭は中央には噴水池や花壇などがある。洋風建築ですが日本らしく松も植栽されていた。ここからの景観が一番美しかった。)


噴水池を含めての外観

本館南側の正面の階段付近を拡大

柱の重厚さに驚かされる。


本館南側を主庭から撮影(花壇、噴水池とのコントラスが美しい)
南に面した主庭は全面砂利敷きで、中央には、噴水池や花壇が設けられており、そのまわりには枝振りのよい松が植えられている。

噴水池(主庭は大きな噴水池があって、とっても素敵でした。)


噴水には羽根の生えた豹のような架空の動物がいて、口から水を勢いよく吐いていました。

館内、主庭拝観出口西門付近の花牡丹

迎賓館・赤坂離宮敷地周辺の様子
上段左:鮫が橋門(旧鮫河橋)と、     上段右:警視庁四谷署南元町警備派出所
下段左:若葉公園と、     下段右:学習院初等科の正門

以上
コメント;
ここからは、当日配布されたパンフレットの写真画像を通して建物内部を紹介。 (取扱注意)
もとは東宮御所。戦後、紆余曲折を経て、現在の迎賓館として使用されている建物。
・裏表紙、表紙と、     ・迎賓館設立の沿革

・4つの公用室の紹介
彩鸞の間と、     花鳥の間

朝日の間と、     羽衣の間

見学順路は、No.1からNo.4で、途中にNo.5が入ります。途中に休憩する椅子が用意されている。
No.1 「彩鸞の間」
部屋の名前の由来になっているのは、部屋の左右の鏡や暖炉に飾られている「鸞(らん)」という想像上の鳥。鳳凰の子とされ、もともと東宮御所として建てられた建物にはぴったりのシンボルとして選ばれたとか。白い壁と金箔で装飾された石膏飾りが印象的な部屋。空中で煌めくのはバカラのシャンデリア。この部屋に限らず、石膏飾りや天井画など、建物を飾る装飾物のほぼすべてがフランスで作られ、分解して日本に持ってきて組み立てられた。
No.2 「花鳥の間」
天井に描かれた絵、欄間に飾られたゴブラン織り風の織物、腰壁を飾る30枚の楕円形の七宝焼、すべてが花と鳥をモチーフにしている、花鳥尽くしの部屋。主に公式晩餐会を催すときに大食堂として使われている部屋で、重厚な雰囲気。使用されている木材は、国産のシオジやケヤキとのことで、なんとなく和の雰囲気が漂う空間。
No.3 「朝日の間」
入り口の左右に鏡が貼られている。中を覗き込むとずーっと鏡像が反射し続けてすごい奥行き。奥にはまるで新緑のような鮮やかなグリーンの光が溢れて、それはそれは美しい眺めである。迎賓館の中で、もっとも格式の高い部屋。国・公賓用のサロンとして使われているそう。天井には、名前の由来になっている、「朝日を背にして女神が香車を走らせている姿」が描かれていた。
No.4 「羽衣の間」
謡曲「羽衣」のストーリーを、フランス人画家が一生懸命、彼らなりに噛み砕いて描かれた天井画に飾られた部屋。もともと、舞踏会場として使うことを想定して作られた部屋で、正面中二階にはオーケストラ・ボックスが。壁を飾る石膏の浮き彫りも、バイオリンや琵琶、鼓など、音楽にまつわるモチーフになっている。
さすが、国の威信をかけて、各国のゲストを「おもてなし」する空間だけに華麗絢爛であった。
No.5「中央階段・2階大ホール」 (裏表紙の写真の空間です)
ゲストが到着して、中央正面玄関を入ってすぐの空間。床や壁、柱に大理石を贅沢に使った豪奢な造り。大ホール正面の左右の壁面には、小磯良平の「絵画」と「音楽」をテーマにした油絵の大作が飾られている。
(出典元:ネット情報、パンフレット情報)
以上


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

港区・元赤坂 迎賓館・赤坂離宮の一般公開 その1

2016-08-10 | 東京
➡ 再投稿(神社・仏閣めぐりグログ集約)
----------------------------------------------------------
迎賓館・赤坂離宮           公開見学2016-2-9
----------------------------------------------------------

一般公開された「迎賓館・赤坂離宮」を拝観してきました。皆さんへしたい情報が沢山あり、投稿します。今年、期間限定で一般公開されている。(期間:2016-2-5~2016-2-18 10,17日は休館)今後は、通年公開を検討中とのこと。(2016-4月~実施!!!)
・迎賓館赤坂離宮 前庭:事前申し込み不要、本館の外観を間近で観られる。(正門から) 前庭は入場自由なので、問題なく入れる。開門前は多少の行列が出来るが、あまり並ばずとも入れる。(団体がいると!!!) いつものように、手荷物チェック、金属探知機を通す。蓋の開いたペットボトルや水筒などは、その場で飲んでみるように言われる。
・迎賓館赤坂離宮 本館内部、主庭:定員制、当日先着順(2,000名)で公式行事で本館4つの公用室と建物南側のお庭(主庭)が観られる。(西門から) 1日当たり2,000人が入場することができる。時間ごとに定員が決まっているが、本日は制限なし。朝8時前から整理券を求める行列が出来た。ちなみに小生も7時30分頃に到着、7番目でした。本日の入場整理券は、10:00頃配布終了とのこと。9:30頃までに行かないと手に入らない。西門からの入場時30分くらい手荷物チェック、金属探知機を通すので時間がかかる。

当日入場整理券入手(小生は、7番目でした)

正門前の行列の状況
上段左:7:30頃・小生の待ち列(十人程度) 9:30頃・以降は、長蛇の列ができていた。

見学後、12:00頃退散時の正門状況(朝と同じ状況)(前庭拝観の列が続いていましたが)

「迎賓館・赤坂離宮」の正門付近の全景(朝7:30頃の様子)


正門の門(開門前)あまりにも華やかである。!!!


前庭を拝観する人たちのの行列(手荷物チェックなどで時間がかかる)

下から見上げた正門の門

本館に入る小ゲート(中門)
中門は水色と金色に塗られて綺麗でした。


前庭の正面からの本館(迎賓館赤坂離宮)
緑青の屋根、花崗岩の外壁、各種の装飾類などが調和のとれた美しさである。

少し目立つ部分;
グレイが基調の建物に少し目立ったのが真新しい赤銅色の雨どい。付け替えたばかりなのでしょう?これも少し経てばあの緑青色に変わって渋さを演出する!!!。

この玄関広場は、国賓の歓迎式の場でもありTVでも何度も見たことがある景観です。こんなところに立てるなんて夢のようです。(一生に一度でしょうか!!!)

本館の正面の格調高いドア(玄関)
間近で見ると、新しい発見が沢山ある。(菊の御紋が印象的)正面中央にはバルコニーのついた玄関がある。緑青の屋根には日本の甲冑を形どった装飾が左右対称をなし、中央部には菊の紋章が飾られている。ドアは3つある。(国賓の方は、中央を通る。側近、警護の方は、両サイドを通る。(警備係の方の話))
中央の扉
本来の賓客の皆さまはこちらの正面中央ドアから入場する。菊の紋章と五七の桐のレリーフは格調の高さを誇っている。

左:中央の扉              右:左右の扉

本館側から見た正門の門
中央には皇室をあらわす「十六八重表菊紋」も見られ格調の高さを感じる。

正門の門の装飾


本館、前庭の様子

本館正面

本館の建物の様々な角度から撮影(ヨーロッパ風の建物に観える。)
日本における唯一のネオバロック様式の西洋風宮殿建築。左右が湾曲している。


迎賓館の建物は、ヴェルサイユ宮殿やバッキンガム宮殿のようなネオバロック様式の西洋風宮殿建築で、日本における唯一のもの。
屋根の左右には、兜が輝いている。(屋根の上には、こんな日本の甲冑像も。)

屋根上の装飾物の置物に注目すべき。
上段:ドーム型の装飾と周りは、鸞(鳳凰の幼鳥だそうです)
下段:日本の武将の兜(片山東熊は長州・萩の生まれ。12歳で奇兵隊に入隊。 戊辰戦争では、官軍の一員として会津に遠征しました。)


欧風の街灯

前庭
下段左;本館前の広場の石畳

前庭は芝生、松など、きれいに整備が行き届いている。

以上
「その2」で本館内(写真撮影不可)、本館南側の外観、主庭、噴水池の様子をします。
コメント;
迎賓館(げいひんかん)は、外国の国家元首や政府の長などの国賓を迎え入れたときに、宿泊等の接遇を行う施設。(出典元:ネット情報)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

港区・元赤坂 迎賓館・赤坂離宮 当日配布のパンフレット集

2016-08-10 | 東京
➡ 再投稿(神社・仏閣めぐりグログ集約)
----------------------------------------------------------
迎賓館赤坂離宮の一般公開情報                 公開情報2016-6-9
----------------------------------------------------------
→ 追記2 一般客が宿泊できるように、現在検討中のニュースが流れている。
      (残念なことは富裕層が対象) 一度は、訪れては、如何でしょうか!!! 
→ 追記1 2016年4月以降は、通年公開となった。
      本館、主庭、及び和風別館の見学は有料ですので注意願う。一度は拝観の価値はあります。

----------------------------------------------------------
迎賓館赤坂離宮の一般公開情報」について、アップします。
概要;
「迎賓館赤坂離宮」では、昭和50年から毎年夏の10日間、一般公開(参観)を実施し、日本外交の一端を担う迎賓施設の意義をご理解いただくとともに、明治以降の建造物として初めて国宝に指定(平成21年)された貴重な建物を多くの方々にご覧いただくよう、努めてきたそうです。平成28年2月に実施した公開の結果、平成28年4月より、国外からのお客様をお迎えするのに支障のない範囲で、可能な限り「通年公開」を実施するようになった。
今般、公開の詳細内容は、ネットを確認するようになっている。
参観可能な日:
 平成28年4月19日(火)から5月13日(金)ただし、4月27日(水)及び5月9日(月)~11日(水)を除く。
 平成28年5月31日(火)から6月21日(火)ただし、6月1日(水)、6月8日(水)、6月15日(水)を除く。
※公開日程等の状況は「迎賓館赤坂離宮公開予定」からもご確認できる。
 一般公開の詳細(公開日時・定員等)に関するお問い合わせ
 一般公開テレフォンサービス :03-5728-7788
※本館及び主庭、和風別館入館のお申し込みは、お電話では承ることができない。
公開施設;
1)迎賓館赤坂離宮 前庭の公開について (入場自由)
2)迎賓館赤坂離宮 本館及び主庭の公開について
 (定員あり・当日受け付け(先着)制と事前申し込み制の併用・有料)
3)迎賓館赤坂離宮 和風別館の公開について (定員制・事前申し込み要・有料)


参考資料:
2016年2月9日に一般公開・拝観したときのパンフレット。(早朝から並んでチケットゲットした時のもの。)
以下の内容は、当日配布されたパンフレットを複写したものです。(参考まで)
・表紙、裏表紙と、     ・迎賓館設立の沿革

・4つの公用室の紹介
彩鸞の間と、     花鳥の間

朝日の間と、     羽衣の間

以上
コメント
この記事をはてなブックマークに追加