気まぐれな神社・仏閣めぐりぶらり旅の備忘録

神社・仏閣、史跡などぶらり散歩・旅めぐりでの写真、珍散文を載せている。(自分の備忘録)

千代田区・九段北 春の靖国神社を参拝

2016-08-08 | 東京
➡ 再投稿(神社・仏閣めぐりグログ集約)
----------------------------------------------------------
靖国神社               参拝2016-3-30

社格       旧別格官幣社・勅祭社
社号       靖国
主祭       護国の英霊 246万6千余柱
正式名称    靖国神社

----------------------------------------------------------

1年ぶりに「春の靖国神社」を参拝してきました。今回は、ご朱印も合わせて頂いてきました。「千代田さくらまつり」が開催中で、境内は、花見の見学者で賑わっていましたいた。ある事件が忘れたように参道の両サイドには露天商、模擬店が数多く出店されていました。

「靖国神社」:
・地下鉄九段下駅を出て、日本武道館を左手に見ながら歩く靖国通り沿いは、桜のお花見に訪れたたくさんの人々で賑わい、その靖国通りを5分ほど進むと右手に大きな鳥居が見える。
・1879年6月 「東京招魂社」を「靖国神社」と改称、「別格官幣社」となる。
・「靖国」という社号は、明治天皇の命名によるもの、「祖国を平安にする」、「平和な国家を建設する」という願いが込められている。
・靖国神社には、現在、幕末の嘉永6年(1853)以降、明治維新、戊辰の役(戦争)、西南の役(戦争)、日清戦争、日露戦争、満洲事変、支那事変、大東亜戦争などの国難に際して、ひたすら「国安かれ」の一念のもと、国を守るために尊い生命を捧げられた246万6千余柱の方々の神霊が、身分や勲功、男女の別なく、すべて祖国に殉じられた尊い神霊(靖国の大神)として斉しくお祀りされている。
・境内は、桜の名所として知られる他、大鳥居が東に向いている、数少ない神社の一つでもある。
 靖国神社境内には、「ソメイヨシノ」や「ヤマザクラ」など約400本の桜がある。また、靖国神社境内にある「ソメイヨシノ」は、気象庁が東京の桜の開花宣言をする際の基準木となっている。
(出典元:ネット情報)

「靖国神社」のご朱印

「北の丸公園」を出て、歩道橋付近から上段右:第一鳥居(大鳥居:「空をつくよな大鳥居」と歌われて親しまれている。)

参道入口付近から (中央の銅像は、大村益次郎銅像)

参道を途中まで進んだ付近から(第二鳥居:青銅製の鳥居としては日本一の大きさを誇る。)

神門付近から(中門鳥居と拝殿

神門を通り抜けた付近から(中門鳥居と拝殿)

鳥居の前から(中門鳥居と拝殿)

神門の中央の二つの扉には、直径1.5mの「菊花の紋章」が取り付けられている。

「拝殿」正面(通常はこの場所で参拝)

拝殿正面を拡大

境内の様子
到着殿(左奥の屋根が、「本殿」と、右側が「参集殿」(ここでご朱印を頂く))

神門付近のさくら(神門、能楽堂付近の桜の木を「靖国の桜」と呼んでいる。)

「白鳩鳩舎」の白鳩たち:白鳩は、平和の象徴である。

靖国神社の「白鳩」は、1万羽に1羽しか生まれないという真っ白な伝書鳩。約300羽の白鳩がこの鳩舎で飼育されている。

境内の様子(拝殿前、神門付近の参拝者の混雑状態)

境内の出店お店と休憩所

東京の「さくら開花の標準木」のさくらの木は、ほぼ満開でした。



「能楽堂」:この舞台では神霊を慰めるための能や日本舞踊などの芸能が行われる。

「能楽堂」で落語、紙切り芸が行われていた。

半蔵門・九段下駅付近に「九段坂 牛が淵」案内板を発見

以上
コメント;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

墨田区・向島 ぶらり散歩 常泉寺

2016-08-08 | 東京
➡ 再投稿(神社・仏閣めぐりグログ集約)
----------------------------------------------------------
「日蓮正宗 久遠山 常泉寺」      ぶらり散歩2016-2-4

山号     久遠山
寺院号    常泉寺
正式名称  日蓮正宗 久遠山 常泉寺
本尊         
宗派     日蓮正宗
-----------------------------------------------------------

隅田川沿いの「日蓮正宗 久遠山 常泉寺」(向島三丁目)前を通ると、紅梅が見頃を迎えていました。足を止めて、東京スカイツリーをバックに、カメラを向けました。その数コマをします。

「常泉寺」の山門の「久遠山」の扁額を入れた紅梅の開花状況
山門は大きな石柱、石製のゲートスタイルになっていて、そこに木板の山号名の額が掲げられていて東京でも非常に珍しいスタイルの山門。


「常泉寺」の山門前からのスカイツリーの眺め

少し拡大の紅梅と東京スカイツリのコラボ

以上
コメント;
「常泉寺」とは、
境内(伽藍)は、山門・本堂・客殿・御宝蔵・大玄関・庫裡・手水舎・納骨堂・墓地よりなり、結構大きな境内である。言問橋の完成にともない新たに作られた言問通りは、常泉寺の境内の中央を分断する形となった。常泉寺は歴史が古いことを重要視し寺域を縮小して現在地にとどまった。因みに、道路(言問通り)を隔てた向かい側には同じく日蓮正宗の本行寺がある。(出典元:ネット情報)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊島区・巣鴨 真性寺(江戸六地蔵尊)を参拝

2016-08-08 | 東京
➡ 再投稿(神社・仏閣めぐりグログ集約)
----------------------------------------------------------
「江戸六地蔵尊:真性寺」        参拝2016-3-20

山号      醫王山
寺院号     東光院真性寺
正式名称   東光院 真性寺
本尊      薬師如来菩薩    
宗派      真言宗豊山派
江戸六地蔵  巡拝第三番(建立第四番)

-----------------------------------------------------------

「巣鴨地蔵通り商店街」を散策して来ました。三田線・巣鴨駅を出ると、左側に風格のある「江戸六地蔵尊:真性寺」が目に入ってきた。この場所は旧中山道の入口に位置し、本堂と大きな傘をかぶり、杖を持つお地蔵さまがある。「江戸六地蔵尊:真性寺」 江戸六地蔵尊の一つとして知られるお寺。ご朱印は、次回頂く予定です。

「真性寺」の入口付近からの眺め(巣鴨地蔵通り商店街側から)山門のある方が正式な入口!!!

門柱、提灯の飾り棚(目立っているのが、提灯の多さです)

門柱と参道(石造りの参道は広々としており、提灯が華やかな印象)

江戸六地蔵尊開眼三百年祭(2014年)(江戸六地蔵:旅の無事を祈るお守り役)

山門の入口と、     「醫王山」の扁額

石柱(宗派、山号寺号標)と「弘法大師」門碑

山門、お地蔵さま、本堂

本堂正面

本堂とお地蔵さま

大きな笠をかぶり、杖を持つお地蔵さま(銅造地蔵菩薩坐像)が趺座(ふざ)している。右手に錫杖(しゃくじょう)、左手に宝珠(ほうじゅ)を持っている。

江戸六地蔵尊の幟旗と、     「十二誓願」の石像

以上
コメント;
江戸六地蔵尊は、
その他の六地蔵は、東海道の尊像として品川寺(巡拝第一番)、奥州街道沿いの東禅寺(巡拝第四番)、甲州街道沿いの江戸三大閻魔の寺として有名な太宗寺(巡拝第二番)、水戸街道沿いの霊巌寺(巡拝第五番)にあります。第六寺は廃寺。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊島区・巣鴨 高岩寺(とげぬき地蔵尊)参拝

2016-08-08 | 東京
➡ 再投稿(神社・仏閣めぐりグログ集約)
----------------------------------------------------------
巣鴨 高岩寺             参拝2016-3-20

山号     萬頂山
寺院号    高岩寺
正式名称  萬頂山 高岩寺
本尊     延命地蔵菩薩(別称:とげぬき地蔵尊)、秘仏で、非公開   
宗派     曹洞宗

-----------------------------------------------------------

押上で用事を済ませ、その帰り道に、「豊島区・巣鴨 高岩寺(ご本尊:とげぬき地蔵尊)」を参拝してきました。今日は、3連休の中日であり、老若男女問わず「巣鴨地蔵通り商店街は道狭し」と人波が溢れていた。土日には大勢の人が、とげぬき地蔵で有名な高岩寺に参拝がてら、買い物や食事を楽しみに来る。巣鴨のとげぬき地蔵は高岩寺にある。毎月4のつく日、4日、14日、24日が縁日である。「とげぬき地蔵尊 高岩寺」:別称「とげぬき地蔵」の名で親しまれるお寺。その代わりに、そのお姿を元に作られた御影(おみかげ)に祈願してもご利益があるとされる。「とげぬき地蔵尊御影」:縦4cm横1.5cmの和紙の中央に尊像が描かれている。痛いところに貼ったり、のどに骨が刺さったとき飲んだりすると治るといわれる。高岩寺本堂で授与している。(出典元:ネット情報)


「とげぬき地蔵尊 高岩寺」のご朱印

「とげぬき地蔵尊 高岩寺」の山門前

「とげぬき地蔵尊 高岩寺誌」の案内板

境内の飾り提灯棚(提灯の数が多いですね、毎月4のつく日が縁日であり、奉納のためか!!!

参道、山門、常香炉、本堂を眺めて

山門


山門と「高岩寺」の扁額

常香炉 (立ち上るお線香の煙りを自分の治したいところに当てる、という姿がよく見られる。)

本堂正面

本堂の内部(「とげぬき地蔵尊」)は拝観できなかった(非公開)。(この奥に祀られているのでしょうか!!!)

小僧稲荷、鳥居 (三つ目小僧に化けて現れたタヌキを祀った小僧稲荷でしょうか!!!)

「洗い観音さま、別称:聖観世音菩薩」
参拝者の列が途切れることがなかった。(とげぬき地蔵さまと勘違いされている方が多い!!!)


「数多くのお地蔵さま」

以上
コメント;
「洗い観音さま」は、
本堂脇にある「洗い観音さま」。体を拭いてあげると病気が治ると言われていて、常に多くの参拝者が行列を作っている。この観音さまのことを「とげぬき地蔵」と勘違いしてる人がまだまだ多い。ご利益は同じかもしれないが、本物のお地蔵さまは本堂に鎮座する。洗い観音で使う「お身拭い(白い布):タオル」は購入できる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊島区・巣鴨 巣鴨猿田彦大神康申堂を参拝

2016-08-08 | 東京
➡ 再投稿(神社・仏閣めぐりグログ集約)
----------------------------------------------------------
巣鴨猿田彦大神康申堂              参拝2016-3-20

社名       巣鴨猿田彦大神康申堂
御祭神      大己貴神、猿田彦大神、少彦名神、青面金剛

-----------------------------------------------------------

「巣鴨・高岩寺」を参拝後、巣鴨地蔵通り商店街を抜け、都電・庚申塚駅近くの「巣鴨猿田彦大神康申堂」を参拝してきました。江戸時代、中山道の立場(休憩所)として「江戸名所図会」にもその賑わいが描かれている(巣鴨庚申塚)(出典元:ネット情報)
「巣鴨猿田彦大神康申堂」
現在は、庚申堂に猿田彦大神を合祀している。猿田彦大神とは、日本神話に登場する神様。天孫降臨の際に道案内をしたということから、「道の神」、「旅人の神」とされるようになり道祖神と同一視される。巣鴨地蔵通り商店街(旧中山道)の都電荒川線「庚申塚駅」前に鎮座する小さなお社。狛犬の代わりに猿神が左右にいる。「お猿さん」を祀っている。この申(さる)=猿と猿田彦が一緒になったわけ。正式な名前は「巣鴨猿田彦庚申堂(すがもさるたひここうしんどう)」(出典元:ネット情報)

巣鴨地蔵通り商店街を抜けると直くそばに石柱2つが観える。
右:「江戸名所図絵」は江戸時代の観光案内書、その本にも描かれた絵と同じものが石碑。茶店が描かれ、なかなかの賑わいぶり。

「庚申塚標」:「猿田彦大神康申堂」と「庚申塔造立、五百年記念」と手水舎

上段:「猿田彦大神康申堂の由来記」の案内板と「猿田彦大神」の扁額
下段:神門、本殿(拝殿)

「狛猿」
「申:さる」が祀られている。いい表情のお猿さんで、赤のちゃんちゃんこがやけに似合う。
(下にはそれぞれ見ザル(猿)、聞かザル、言わザルが彫ってある。)

以上
コメント;
今年、2016年は、申年。
申年は変動、変化の多い年といわれる。申年には「さるの神様」へのお参りはどうでしょうか。申年には、赤い下着を身に付けるとご利益があるといわれる。
ご朱印の頂くタイミングは、
縁日は、庚申塚にちなんで、庚申(かのえさる)の日に開かれ、御朱印もこの日に授けて頂く。(要確認)普段は無人。60日毎の「庚申の日」に庚申祭が行われる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加