気まぐれな神社・仏閣めぐりぶらり旅の備忘録

神社・仏閣、史跡などぶらり散歩・旅めぐりでの写真、珍散文を載せている。(自分の備忘録)

奥日光 日光山中禅寺(立木観音)巡り ダイジェスト版

2017-11-10 | 仏閣 関東・甲信越(甲斐、信濃、越後)
奥日光 日光山中禅寺(立木観音)巡り ダイジェスト版(更新禁止)
「奥日光 日光山・中禅寺(立木観音)」を参拝してきました。----------------------------------------------------------......

➡➡➡ 再投稿、おはよう、
今日(171110)は、昨年参拝、拝観した「奥日光・中禅寺」を再します。
神社・仏閣巡りは、四季折々の花木が美しく、眺められ、癒しのエリアでないでしょうか。来年(2018年)また拝観したい一つの寺院仏閣である。
以上
コメント;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

箱根仙石原 五百羅漢、龍虎山・長安寺

2017-10-10 | 仏閣 関東・甲信越(甲斐、信濃、越後)
箱根仙石原 五百羅漢、龍虎山・長安寺
----------------------------------------------------------➡再投稿 晩秋の箱根仙石原・長安寺             ......

➡➡➡ 再投稿、穂は曜、
今日(171010)は、今までの投稿を再整理編集しました。特に、近隣の箱根仙石原にこのような寺院はあることにびっくり驚きである。特に紅葉時期は、格別の景観を映し出している。
又、箱根に行ったときは、又参拝拝観したい寺院である。
以上
コメント;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

町田市原町田 法要山 浄運寺

2017-05-22 | 仏閣 関東・甲信越(甲斐、信濃、越後)
おはよう、
今日(170518)は、町田市で用事があり、ついでに町田市街地を久しぶりに「ぶらり散歩」してきました(浄運寺へ参拝含む)。 時の進むのが非常に早く感じるこの頃である。又新緑を眺めながら歩くのもまた格別でリフレッシュ出来る。今日は、12時頃、15時過ぎ頃の2度ゲリラ雨のような瞬間に大粒の雨が降った。(雹でしょうか!!!、昨今異常気候に驚き!!!)
----------------------------------------------------------参拝日2017-05-18、2016-04-20
山号        法要山
寺院号
正式名称     法要山 浄運寺
本尊        三宝祖師。すなわち十界曼陀羅で、宝堂、釈迦如来、多宝如来(証命仏)等である。
札所本尊     原町田七福神の毘沙門天。
宗派        日蓮宗
コメント;浄運寺(じょううんじ)は、東京都町田市原町田にある日蓮宗の寺院。山号は法要山。原町田七福神の毘沙門天。妙見堂 清正公を合祀している。
----------------------------------------------------------
日蓮宗寺院の浄運寺は、法要山と号します。
入口付近からの眺めと、     鐘楼堂と周りには蔦の深緑が目立つ

本堂と、     晩春を思わせる風景、桜の深緑の葉、薄桃色のシャクナゲの花と本堂

以前、枝垂れ桜の咲いている時参拝したことを思い出しました、新緑の葉もまた良しと、     「昭和大鬼」鬼瓦(おにがわら)なのだと思う、鬼瓦が枝垂れ桜の木元にある。(重量感が伝わる、本堂の屋根に乗っていると思うと、)

ひと際目立つ、赤屋根の「稲荷大明神」の祠

以上
コメント;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高尾山薬王院 参拝 その3

2017-01-23 | 仏閣 関東・甲信越(甲斐、信濃、越後)
➡   「高尾山薬王院 参拝 その2」から続く
高尾山山頂からの富士山の雄姿(少し雲がかかっているが)

---------------------------------------
(高尾山の中復に薬王院がある)
投稿編集構成は、参道、薬王院、境内に設けられている祠(小堂)の3つに分けました。
山道・参道周辺 その1
高尾山薬王院(御本堂、御本社、他)  その2
堂宇、境内社(神変堂、八大竜王堂、倶利伽羅龍堂、愛染堂、聖天堂、薬王院大師堂と高尾山八十八大師巡拝霊場、大小天狗社と福徳稲荷社、奥の院不動堂、浅間社、他)  その3
---------------------------------------
浄心門」を通り抜けると直ぐ左側にある「神変堂

「人物石像:鬼の夫婦である妙童鬼=前鬼、善童鬼=後鬼

「神変堂」に掲げられている「神変大菩薩」の扁額

四天王門(山門)」を通り抜けると両側に様々な仏像、祠、堂宇、(お堂)が観られる。
大天狗、子天狗(烏天狗)」の石像

子天狗(烏天狗)」と、     「大天狗」    

願叶輪潜
ご本尊の智慧の輪とされ、願いを念じながらくぐる。そしてくぐった先にある大錫杖を鳴らして願いをご本尊様に届ける。大錫杖を鳴らすときは、指名と住所を唱える。

納札堂」と、     「八大竜王堂」と、     「倶利伽羅龍堂」と、     「修行大師堂




聖天堂」と、     「薬王院大師堂と高尾山八十八大師巡拝霊場」と、     「愛染堂」と、     「鐘楼堂;梵鐘
聖天堂には、「歓喜天」と「十一面観音菩薩」が祀られている。
大師堂を囲むように四国八十八ヶ所霊場が並んでいる。この霊場を巡ると四国八十八ヶ所と同様の功徳が得られると云われている。鐘楼堂脇に保存されている梵鐘は寛永古鐘とよばれる。

飛飯縄堂

大小天狗社」と、     「福徳稲荷神社

小天狗社」、社の傍らには、草履、下駄、雪駄、運動靴などが奉納され、天狗のように足腰が丈夫になって欲しいとの庶民の願いが込められている。

高尾開山行基菩薩

木遣髙聲會會名由緒碑」、江戸消防第十区

奥の院不動堂」、堂内には不動三尊像が安置されている。

高尾山富士浅間神社」、奥の院不動堂の裏手に浅間神社がある。

「飯縄権現堂」の周辺の販売店に掲示されていた「天狗の面

「薬王院」、「飯縄権現堂」の周辺の販売店の様子

山麓のケーブルカー 清滝駅前の広場に建立している石碑群
「高尾山薬王院の寺院標の石柱碑」、「高尾山本道、琵琶瀧道の石碑」、「おそうじ小僧
高尾山 山麓のケーブルカーの清滝駅前の高尾山への表参道入口右にある「高尾山薬王院別院不動院」、「高尾山飯縄権現遥拝社

以上
コメント:
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高尾山薬王院 参拝 その2

2017-01-22 | 仏閣 関東・甲信越(甲斐、信濃、越後)
➡   「高尾山薬王院 参拝 その1」 からの続き
高尾山山頂からの富士山の雄姿(少し雲がかかっているが)

---------------------------------------
(高尾山の中復に薬王院がある)
投稿編集構成は、参道、薬王院、境内に設けられている祠(小堂)の3つに分けました。
山道・参道周辺 その1
高尾山薬王院(御本堂、御本社、他)  その2
堂宇、境内社(神変堂、八大竜王堂、倶利伽羅龍堂、愛染堂、聖天堂、薬王院大師堂と高尾山八十八大師巡拝霊場、大小天狗社と福徳稲荷社、奥の院不動堂、浅間社、他)  その3
---------------------------------------
----------------------------------------------------------参拝日2017-01-18
山号        高尾山(たかおさん)
寺院号       薬王院 有喜寺
正式名称     高尾山 薬王院 有喜寺  (別名:高尾山)
御本尊       飯縄大権現(いづなだいごんげん)、薬師如来
札所本尊     関東九十一薬師五番、関東三十六不動八番、多摩四国八十八箇所六十八番、東国花の寺百ヶ寺 東京八番
宗派        真言宗智山派
コメント;      薬王院の名は、創建当初、薬師如来をご本尊としていた。大本山として「成田山新勝寺」「川崎大師平間寺」「高尾山薬王院」が三大本山として知られている。天狗様は、飯縄大権現様の眷属(随身)として、除災開運、災厄消除、招福万来など、衆生救済の利益を施す力を持ち、古来より神通力をもつとされ、多くの天狗伝説や天狗信仰があり、神格化されている。この様に高尾山は、飯縄信仰と共に天狗信仰の霊山としても知られている。
----------------------------------------------------------
高尾山薬王院(たかおさんやくおういん)」は、
東京都八王子市の高尾山にある寺院。真言宗智山派の関東三大本山のひとつである。 正式な寺名は高尾山薬王院有喜寺だが、一般には単に「高尾山」あるいは「高尾山薬王院」と呼ばれる。薬王院と参道のスギ並木は「八王子八十八景」に選ばれている。(出典元:ネット情報)

「ご朱印」と、     「ご朱印について」
「奉納;聖武天皇勅願所の印」
四天王門(山門)」
境内側からの眺め

「四天王門(山門)」に掲げられている「高尾山」の扁額

仁王像」、4体ある。
境内結界守護の神として増長天王、持国天王滝、多聞天王、広目天王の四天王がある。

手水舎」、横に「山伏の像」(ほら貝を吹く僧侶):(修験者)

薬王院」の「石段の参道」と「仁王門

狛犬

「仁王門」に掲げられている「厄除開運」の扁額

仁王像

御本堂:薬王院」の正面

天狗の像」が両脇にある。


「御本堂」の拡大
「御本堂」には、左に「緑の小天狗(カラス天狗)」と右に「赤くて鼻の高い大天狗(鼻高天狗)」の面が飾られている。
「御本堂」に掲げられている「飯綱大権現」の扁額


「高尾山御本尊:南無飯縄大権現」の扁額と、     「赤くて鼻の高い大天狗(鼻高天狗)」     

薬王院御本社;飯縄権現堂」の「石段参道」と「鳥居」、やっぱり神社である。(神仏分離以前の神社の姿!!!)


天狗さまの仁王像
運慶作とされる仁王像(八尺・那羅延金剛力士、密迹金剛力士の仁王像)が安置されている。「執金剛神」とも呼ばれ、仏法を守護する神。

狛犬」と、飯縄権現堂の正面両脇には、大天狗と子天狗、そして手前の山腹には三十六童子像が
それぞれご本尊:飯縄大権現の鎮座する聖域を形作っている。

方位石碑:十二支

薬王院御本社:飯縄権現堂」の正面
薬王院の中心となる御本社で、飯縄権現を祀る社殿(神社)である。

「薬王院御本社」の拡大、拝殿に掲げられている「飯縄大権現」の扁額
左に「小天狗(カラス天狗)」、右に「大天狗(鼻高天狗)」の像が御本社の前に建っている。

下段左:薬王院御本堂

「薬王院御本社:飯縄権現堂」の外観、鮮やかな装飾である。

「薬王院御本社(社殿)」周辺の壁彫刻物
入母屋造の本殿と拝殿を幣殿で繋いだ権現造である。社殿全体に華麗で極彩色の装飾がなされていることが特徴である。社殿前方には鳥居があり、神社であることが分かる。


鐘楼堂

高尾山大本坊の石標」、(「客殿」、「方丈」、「書院」など)

客殿」、     「黒門
「客殿」で、薬王院の精進料理を食べることができる。(予約制)

➡  「高尾山薬王院 参拝 その3」 へ続く
以上
コメント;





コメント
この記事をはてなブックマークに追加