goo

真ん中を歩く人

いやぁ今週は暑かったですね。月火は身体が暑さに慣れてなくて夏ばて状態でした。
水曜日くらいから慣れてきて、木曜日は展示会に出張しました。りんかい線の国際展示場駅からビッグサイトまで遠いこと、ユリカモメは時間かかるし高いし、あと大井町のお気に入りのビストロで昼食を摂るのも楽しみなので甘受しました。

僕の通勤はラッシュとは逆方向で、ほぼ座れ、少なくとも電車内で汗が引くために団扇を使うことができます。おまけにオフィス勤務なので出張でもない限り外出はしません。ラッシュに突撃されている方や営業の方などから見れば天国なのですが、暑いものは暑いのです。

さらに今週は3件の面会がありまして、サプライヤさんとの自オフィスでの面談です。申し訳ないやら、一応喫緊でなければと断ったのですが、内2件は今年配属の新人の研修の一環とかで、、、ご苦労なことです。

 

標題の件、これは「エスカレーター」や「動く歩道」での話である。混雑時右側を歩いている人が、団子を抜けて先頭に立った瞬間に真ん中を歩く人が非常に多いことへの愚痴である。「邪魔なんじゃ、ボケ」

多くのエスカレータや動く歩道では2列を想定していると思われる。事実ボケも団子を抜け出すまでは右側を歩いている、団子を抜け出した瞬間に真ん中を歩くのは頭が悪すぎる。後ろに人が居ることを完全に忘れている、自分だけ最高で、、、邪魔だボケ!

 

高速道路での小規模の渋滞は「団子」を形成することである。このメカニズムは前を走っているクルマが遅く、後ろのクルマに譲るタイミングが遅いからである。また前が空いているにも関わらず「渋滞の先頭」を形成するとか。多くの人が渋滞にイライラしていると思うのだけれど、その真犯人は自分だったりするわけだ。

話を戻すと「高速道路」まだ車線が認識できるように線が引いてあるが、エスカレータや動く歩道には線が引いていない。ボケは団子を抜けた瞬間に真ん中を歩くのだ。高速道路やバイパスの団子を抜けて車線を無視して真ん中を走るのと同じ。

なので高速道路の渋滞より性質の悪い渋滞が発生している。左から抜かれた経験がある人はボケなので自覚してください。

 

あと2人組などで、対向者の通路をふさいでいる人居ますね。彼らは蹴られても殴られても仕方がないと思います。ギリで避けるとかサッカーで言えばオブストラクションです、例えが悪いですね、白昼堂々と善良な歩行者にタックルを仕掛けています。前記は邪魔なだけですが、これは暴行犯です。暴行犯に祭り上げられたときには自分の常識の無さを恨んでください、被害者に当たるのは言語道断です。

コメント ( 16 ) | Trackback ( 0 )