goo

住みたい街・住むのに便利な街

関東の住みたい街ランキング(suumo調べ)では独身・賃貸が主流だと思われ、違和感がある。

僕の基準だと、1)買い物が便利、2)都心まで10〜20分程度、3)交通至便、できれば始発駅である。間取りは2〜3LDK。

1位の恵比寿は都心過ぎるし(スーパーがなさそう、家賃が高い)。

2位の吉祥寺は新宿まで20分で始発ではない、始発の渋谷まで30分、職場によるが三鷹か中野の方が座れる気がする。買い物をするという視点ではよくわからないが、両駅でも悪くない気がする。

3位の横浜は横浜駅近辺でないと思われるのだが、桜木町・東神奈川・戸部・保土ヶ谷・みなとみらいあたりか。桜木町・みなとみらいは通勤時座れそうで、商業施設も充実している、でも家賃高そう。

 

トップ10で(2LDK)家賃15万以下で、買い物・通勤が便利なのは強いて言えば武蔵小杉で、その武蔵小杉も通勤の混雑度は半端ではない。であればお勧めは始発駅か混む前に奥に入れ込める駅ということになろうか。

 

(住んだことないけど)思いつくのが地下鉄などの始発駅である。ちなみに始発駅を挙げると、蒲田・東十条・赤羽(京浜東北線)、三鷹・中野・西船橋(中央緩行線・東西線)、本八幡(都営新宿線)くらいか。単なる始発駅であれば新木場・西馬込・綾瀬などがあるであろう、街が不便そう。

suumoでのランキングとはかなり異なる。多分独身と既婚者の視点の違いであろう。

 

ちなみに地下鉄路線図

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ルノワール展と六本木ハンバーガー雑記

連休後の土日は空いているという仮説で混雑案件に行ってきた。

そもそも5/7・8は空いているということで河口湖に1泊した、というか直前の予約にも関わらず泊まれた。行き帰りの高速は渋滞知らずであった(平時の土日よりも空いていた)。連休最終日ですら空いているのであれば、連休後のイベントは空いているという仮説である。

 

そこで超混雑案件、ルノワール展若冲展の攻略である。後者は開催期間が1か月と短いこともあって超々混雑案件という認識であるので前者から攻略した。あと嫁が若冲に興味が無いので休みが合った5/14だったという理由、さらに嫁は印象派に興味が薄いという事情もある。

そもそも新婚旅行はパリ滞在で、美術館巡り。ルーブル1.5日とオルセー1日であった(オランジェリーは改装閉館)。
東京の企画展でのデートでも観たい絵は異なり入場後はバラバラ、ビッグネーム満載の本場でも当然のごとくバラバラ(2時間くらいはいっしょに鑑賞していたのですが、昼飯を食った後はバラバラ鑑賞にしました)。
そのときに「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」は鑑賞済みですが、本物は何度見てもいい。

結論を言えば、予想よりも展示が素晴らしく、「ムーランドラギャレット」「ダンス」を初め有名な作品が多くてびっくりしました。オルセーを訪れた観光客に申し訳ないと思えるレベルでした、さすが東京。
さらにガラガラと言っていいほど空いていました。「ムーランドラギャレット」は引いて観ることはできないものの混雑とは程遠く、連休マジックが効いていたと感じました。 

 

若冲展の空き具合に期待したいですね。

 

当日は10時半に入場し、11時半に出て、六本木ヒルズでハンバーガーランチ(リゴレットアンドグリル)を食して帰ったのですが、コース仕立て(ドリンク・スープ・前菜・サラダ・メインプレート・デザート)で1800円と美味しくてお安く大変満足しました。
熱意が続けばレポートを載せます。 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

GW東京速報〜混雑は嫌い(空いているところはどこだ)

標題の件、毎年GWの穴場を探している訳ですが、家族とのお付き合いもあって思いの外、自由に時間を切り取れません。
そんな中で、今年は「空いているエリア」を探しました。GW後半戦の役に立てればと思います。

 

1)皇居東御苑

皇居(江戸城)が公園となっているということを知っている関東人は少ないと思います。僕もWeb検索で引っかかったので興味を覚えたわけですが、その場では「根津神社」に行く予定でした。根津神社は混んでるだろうなと思いつつ(経験あり)、「皇居東御苑」というワードに引っかかって行ってみた次第です。

皇居にはランナーと外人しか居ない

皇居東御苑は旧江戸城公園です。大手町から大手門まで歩いたわけですが、GWの午前中なのでガラガラ(ビジネスマンは皆無)。ランナーと外人しか居ません。日本人観光客は1/10も居ないと思います。4/29午前10時頃に入場しました。

中は手入れの行き届いた広々とした公園でした。というより、大手門に公園があることを知っている日本人はTVでいえば「日本人が3割知っていること」以下であろうと思います。母親・妹・妻に聞いても知らなかった。なので日本人は皆無で、実地で見た日本人は「ハトバス」関係者とジジババくらいでした。

早い時間に入って、11時頃に出て、大手町・丸の内でランチするのがお勧めです。

 

2)三渓園

5/3、鎌倉への花巡りを計画していました。「5/2の江ノ電遅延情報」を得て、鎌倉の混雑状況を確認すると、とても「行くもんじゃない」と思われ、庭園散策の方針を変えました。その先が三渓園です。理由は近隣であって交通が不便なこと、花と庭園散策ができそうなこと。

三渓園は「当たり」でした。花はいまいちでしたが、広くて散歩最高。あと重文が10ケ以上あったりとか、それなりに楽しめた。あと空いてる、外人は非常に少ない。さらに特別公開の建物もすごい。

我々は10時頃に入園した。園内には2ヶ所休憩所があり、喫食できる。昼食時になるとベンチや東屋が多いので、弁当を食しているカップルや家族が多数である。

三渓園はバスでしか行けない上、バス停から歩く(ガラガラであるがシーズン時には駐車場は絶望的である)。バスは乗り場や時刻表が一般化されていない(例えばyahoo乗換案内とか)ので不便である。だからこそ空いている。
我々は今回、最寄駅である根岸駅から三渓園までタクシーを利用した。片道1500円程度であった(ちなみにバスで10分、徒歩10分らしい)。
GWに往復2500円程度の費用(タクシー代)で空いていて、きれいな庭を散策できるのはいい。
ちなみに、紅葉の季節がいいと思われる。

ちなみに花を期待してはいけない。藤も牡丹もだめだった。

早く入場して横浜でランチをするか、弁当を持参してゆっくりするのがお勧め。(ちなみに喫食・喫煙所も完備で弁当が無くても可)

一日楽しめる。多分だけどお勧めは紅葉。

 

以上が僕の2016GW前半戦の結果である。 
後半戦の参考にしてほしい。 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

橋本環奈はいつシャンプーのCMに出るのであろう

漆黒の髪がきれいな橋本環奈氏。シャンプーや化粧系のCMに抜擢されるのはいつだろうか。

女性タレントの出世度の指標として、「シャンプー」「化粧品」のCMに出ることであろうか。AKBを始め、アイドル系ではなかなか出ていない。筋金入りの美少女である橋本環奈はそろそろ出てもおかしくない。髪がきれいだし。

先行事例としては広瀬すずのシーブリーズ中条あやみのメリットとかあるし。川口春奈も若うちにパンテーンに出てた。

セブンティーン系やニコラ系が幅をきかせているけど、橋本氏にも出世していただきたい。きゃりーさんも出てたし

 

まぁシャンプー・化粧系と彼女のファンと距離感がありそうなので難しそうだけど、期待する。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

エピローグが足りない

一時期、有川浩に嵌っていて、普段読まない単行本を図書館で読んだ。単行本が出ていることを知ってはいても、文庫が出るまで2年待つのであったが。
そのせいでここ3冊出た有川の文庫は既に単行本で読んでいて、飢餓している。
とくに「ストリーセラー」と「植物図鑑」は途中で読むのを辞めたので飢餓感MAXである。加筆されているなら「空飛ぶ広報室」を再読してもいいかも。

 

標題の件、プロットとしてのラストではなくて、表現としてのラストに「表現が足りない」と思うことが多い。
ラストに向かう情報が散りばめられていて、読者が容易に補完できる内容だとしても、文章で読んでスカッとしたい。無駄な表現は切り詰めたい、読者の想像を豊かにする、みたいな作家の意向があったとして、それを分かっていても、大団円な結論を求めるのは甘えだろうか?

例えば、池井戸の短編集である。池井戸の作品は章ごとで一つのストーリーとして完結しているものの、大きなストーリーが動いている作品が多い(ex.シャイロックの子供たち)。読後感として、スカッとできないのである。
もちろんラストがどうなるかという示唆はされている。それでも犯罪解決またはその後の大団円を読みたいのである。一方で「日常は永続している」というの分かるが、それでもなのである。

七月隆文氏の「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」は中盤でネタが知らされ、それ以降文章はスカスカになる。アイデアが小説の魅力ではあるが、登場人物に魅力があるから面白いのだ。だから、ネタばれ後の彼・彼女の心の描写を後半にこそして欲しいとおもったがそうではなかった。その後の彼女の希望と葛藤をもうちょっと丁寧に描写してくれてもと思う。(続編が読みたい)

 

無駄をそぎ落とした文章はもの足りないのである。言いたいことが分かっていても視点を変えた感情を読みたいのである。それがエピローグである。

有川の「図書館戦争」は3作目までで一応の小説とうい体裁か。4作目は恋の壮大な「大団円」であろう、さらに2作のスピンオフでバイプレイヤーのエピソードを追加して、読者を満足させている。
池井戸が足りないとすればこのサービス精神であろうか。もっとも「ベタなエピローグ」を書くのは許せない人も多いのかもしれない。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

自転車が邪魔

クルマサイドからはロードバイクがよく非難されているが、歩行者サイドからはママチャリがアカン。

1)突っ込んでくる

クルマでいうレーンを無視して歩道の真ん中を歩く紳士とか、2〜3人で歩道を塞いでいる淑女とかもいるけど、駅近で歩行者の数が多いのに、 ぎりぎりまで減速できない紳士淑女が多い、多過ぎる。徐行できない。
突っ込まれる側とすれば、そっちの技量を信用していないわけで、常識が無いし、迷惑でしかない。首都圏近郊の駅に向かう歩道を走る自転車のほぼ全部が「突っ込み型」である。
殴ってやりたい。高校生とか若年なら許せるが「いい大人」もだ。

この項を読んで『私は違う』と思わないことだ。ほぼ全員だから。ベルを鳴らすタイミングもあるし、歩行者の捌き方もぎりぎりが多い。

 

2)進路を塞ぐ

交差点で横断歩道直前で信号待ちをしているロングホイールベースの自転車が、青側の進路を塞いでいる。歩行者でもよくあるが自転車は長いので、くそ邪魔である。交差点では交差する側の進路の確保してほしい。

障害物なので蹴っ飛ばしたくなる。暇なときに蹴っ飛ばして賠償金を取ろうかと思う。最近、小径ホイールでロングホイールの自転車が多く、邪魔を助長している。 

 

歩行者サイドも反省点は多い、邪魔である。二人並走して幅をとったりとか。相対する人の為や、抜かす人のためのスペースを取ることができない人は多い。まぁ小学校で教えてくれないし。

一方で法律の問題もある。

原則日本は左側通行で、歩行者だけが右側通行である。対面交通というやつだ。歩行者が右側を歩き、自転車が左側を歩けばどちらかが避ける必要があるが法律は正解を述べていない。事故やトラブルが起きるのは当然である。

さらにややこしいのは商業施設などでは「歩行者左側通行」を求めていることが非常に多く、「歩行者の正解」は無いに等しい。自転車側だけが責められる問題ではない。

 

諸悪の根源は「歩行者交通政策」の矛盾があることである。だからこそ小学校交通教育で「交通原則が明示できない」事態に陥り、自転車が歩道でやんちゃをし、優先度の低い問題(ここでは自転車が交差点で進路を塞ぐ)を論じられない問題がある。

 

まぁ、このブログで何回も繰り返しているけど、歩行者右側通行を廃止すると、議論が次のステップに移ることができる。例えば歩道での自転車の扱いとか(歩行者・自転車ともに左側通行であればかなりの問題が解決できる)、駅など施設によって歩行者の歩く側がローカルルールで混乱するとか。

法律がおかしいから、事業者が独自に交通を管理している。

 

閑話休題。自転車が突っ込んできたとき「きちんと事故を受けて」損害賠償と刑事責任の追及をしてくれるとか、または交差点で邪魔をしている自転車に『邪魔だ』と声を上げて因縁をつけるか自転車を蹴っ飛ばして直進する、闘うニートは居ないかしら?

応援・寄付するけど。

 

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

車線を意識したインフラを望む

「歩きスマホ」がなんで駄目かというと、「邪魔」だということに尽きる。

簡単な話だが、車を運転しているのを想像すれば理解できる、「よそ見」をしているのは周りを状況を理解できない。
例外はない。 「歩きスマホ」は全員邪魔である。通路の端で止まっている、ホ−ムで邪魔でない位置で確認する方がいい。

車には「車線」というものがある。それに相当する「線」がひかれていないことが悲劇の元である。車線を意識するような線を引いて欲しい。キャリーバッグを引いている御仁にも邪魔な行為を認識させる助けになるであろう。(キャリー民の大半(90%以上)が邪魔である)


「歩きスマホ」の多くが車線が引いてないので車線を意識できない。左側通行の場合、遅い、どんくさいのは最左を歩くべきだが、半歩右にずれ、車線を潰す事例が多数である。エスカレーターで歩く人の少なくない人が真ん中を歩いている。後進に譲る気はない模様、くそ邪魔。  

邪魔な御仁は馬鹿なのであるが、多くは「自分はモラリスト」と認識しているので教育の効果はない、馬鹿は馬鹿として扱う必要がある。

であれば、整列させるために「路面に線を引く」必要がある。場所により「2列なのか3列なのか」を決定するために。階段では効果的な千鳥は否定して、列を作らせて、前に着いていけない人は左側に誘導する方がいいと思う。

歩くのが遅い人が快適に過ごせ、「歩きスマホ、外部環境理解できない」が右側に出てこれない設備設計が欲しい。

 

個人的には「武蔵小杉駅長」と「保土ヶ谷駅長」の実力差を感じる。

前者はすごくすごく「仕事」をしている、今回の提案とは別に、物理的に困難な部分も顧客を誘導しようとしている様が感じられる。

一方で後者は「仕事が迷惑」レベルである、設備更新は邪魔でしかなかった。その際の手当ては無く、馬鹿だと確信できた、その後の仕事も雑で。駅長が存在しない方がいいレベル、異動してほしい。
保土ヶ谷駅は右側通行と左側通行が混在していて、そのクロス部分で混雑するのであるが、首都圏としては過疎駅でそれを解決できない歴代駅長は無能の極みである。

JRの駅長は「お役所」でそんなもんかと思っていたが、「武蔵小杉駅長」が有能過ぎたので考えを一変した。保土ヶ谷駅長は無能であった、工事期間の混雑を放置していた。そのことを改善できないJR東本社人事も馬鹿である。

 

閑話休題。

人の流れは施設管理者がコントロールできる、するしかない。「歩きスマホ」は無くならない、日本人の倫理観はその程度。では馬鹿な「歩きスマホ」が存在する仮定で制度設計の必要がある。

そのため一案として車道の「車線」を歩道にも設ければいいのではないか。車線を引いて列をコントロールするのである。幼稚園児向けの発想であるが、その程度なので仕方がない。デブとキャリーバッグが1.5人分幅を取るのも邪魔の大要因でもあるし。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

団塊の世代は金を持っているけど、そのうち貧乏な老人が増える

徒歩100mくらいのところに桜の名所(川沿いに1時間くらい散歩できる感じ。ちょいちょい河津桜・八重桜・遅咲き八重桜等も配備)があるんですけど、すごくラッキーです。1か月以上桜を楽しめます、梅が無いのは残念ですが。
引っ越した時には全然気付いてなくて、初桜のときに「結構な規模やな」と驚いた次第です。いいところに住んでいると実感できます。

 

閑話休題標題の件、最近「老害」という単語がはびこっているが、裏を返せば現代の老人が不憫であり、金が無いということに尽きるのではないかと考える。

団塊の世代近辺(70歳くらい)は元気で金があって、現代の孫世代は6ポケッツ(両親、その各々のジジババ)を有していて、まぁ金持ちということである。

ところが現代の20代は「奨学金貧乏」に陥っているとのこと、現代の50〜60代が子世代に教育資金を調達できないということであり、急速に貧乏化している実態がうかがわれる。
老害というのは引退世代であって、厳密には65歳以上であろう、そのあたりから貧乏人が増えている、その結果老害が増えているという仮説を提唱したい。
65歳近辺といえば、バブルの頃、無理な住宅ローンを組んでいて、目論見通りに給与・退職金を得られなかった人が多いと思われる。退職金でローンの残債を行ったとか。核家族なのに老後の貯蓄がきちんとなされていないケースが多いと思われる。だから不満を恥ずかしげもなく他人にぶつけるのが「老害」と考えている。

現代の65歳は40歳頃にバブルが崩壊した、住宅ローンを組んだ頃であろう。その後の給与は上がらず、リストラされ、退職金は減った。やさぐれてもおかしくはない。

問題はその後の景気は「失われた20年」と称すほどであった、現在の65歳未満が金持ちであるはずはない。

現代の奨学金問題は、昭和一ケタ〜団塊の世代が「親に仕送りして、子供の教育資金を払う」ということを実行していたが、それ以降の世代ではできなくなったということである。若い老人と老人予備軍は貧乏なのだ。

子弟の教育費を負担できないポスト団塊世代は相当貧乏である。この世代が定年退職すると社会不安が訪れてもおかしくない。子世代は両親の面倒をみる能力が無く(稼ぎが悪いうえ奨学金を返す必要がある)、貯金の無い老人が放置される。今後、社会保障費はうなぎのぼりであろう。

 

団塊の世代が作った社会システム「核家族・専業主婦」はパックスアメリカーナを模したわけで、資源が無い日本は遅かれ破たんする。

 

ただその点では悲観する必要はない。金が無い世代では妻が働くことが当然だからである。欧州ではシングルマザーが活躍する(離婚できて働く)のが'70、アメリカでは'80くらいからか?日本も20年遅れで機能している。女性の自立は進んでいる。

 

若者支援は女性が働くことで解消できる。しかし老害の解消は難しい、子弟に学費を払えない親に貯金があるはずがない。貧乏老人が増えるのである。

これはもっと社会問題になるであろう。英国病である。悲惨だ。
これを読み解くと「消費税軽減税率」が合理的であることが分かる。公明党の真意は分からないけど、食品以外の税率は20%程度以上になるということである、そのためには軽減税率(=インボイス制)を導入する必要がある。
弱者を守るためではなく、食品以外の消費税を上げるシステム構築が急務であるということ。軽減税率が導入されたら増税は簡単にできる。(それは良いことだと思っているけど、反対派の論理にはそぐわないとも思う。軽減税率導入が増税反対という主張に繋がるのが理解できない。)

ただでさえ政府のプライマリーバランスは赤字であるが、今後好転する可能性は無い。そこで増税の道筋をつける必要がある。そのための軽減税率であり、インボイス制導入である。

 

閑話休題。将来の増税を防ぐのであれば「軽減税率反対」だと思うのだが、民進党を始めそうではない。民進党は与党ではないので今後の財政には興味が無いと思われる。今後の増税を知った上での軽減税率反対は、「票マシーン」でポピュリズムの権化だと思う。

民進党が問うのはMadMax世界観とデフォルトとどちらがいいかという話である。

 

野党の主張は、家計の財務バランスは安全サイドに振るが国家運営は別。というのは異常である。

 

本記事はいろいろ盛り込み過ぎて「分かりにくくなった」ようだ。元気があれば再編成を試みる。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

女子大生が学費を風俗産業で稼いでいるらしい

標題の件、告発者がいかがわしい。

そもそも男性はその恩恵に属さない。さらに女性なら誰でも風俗産業で働けるという認識なのであろうが、そんなに甘いものではない。
容姿や接客態度で嬢を客が選ぶ。きわめて属人的な職業である。

サヨクは性を「記号」として捉えたいのかもしれないけれど、現実は「量」である。量だからこそ、単価や時給の差異が発生し、「薄利多売」と「風俗店でのアルバイト」が存在する。サヨクの方々の現実無視の態度は驚嘆に値する。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コーセーが儲かっていそうな件(CMに女優囲い込みな件)

インバウンドで「(株)コーセー」社が儲かってると噂に聞いている。具体的なブランドはALBION、雪肌精、クリアターンと思われる。(株価や業績は知らん、あくまで主観)
カネボウ化粧品(花王グループ)を抜くのではないかとワクワクしている。 

というのは「布陣」が贅沢過ぎるのだ。http://kose70th.jp/
雪肌精の新垣結衣を始め、北川景子、上戸彩、桐谷美玲と人気女優総取りである。年配向けには森高千里と小泉今日子である。
このサイトではe-girlsのAmi(Fasio)は無視されている、なんか残念。地味にローラも居る。

 

花王・カネボウ化粧品の惨敗感がすごい。

プリマビスタは男性に大人気の石原さとみ・井川遥を擁している一方でどうも売れてないらしい。

機能の花王・情緒のカネボウに引き摺られた感があるのかしらカネボウのメーキャップは混迷を極めている。コフレドールは雑誌有名モデル(僕は知らない)をCMキャラクターに選んだ。綺麗なんだろうけど「華」は無い、「誰だよこのおばさん?」って感じ。

一方でカネボウの「KATE」は悪くないと思う。黒木メイサはきれいでエロいと思う。

 

閑話休題。資生堂社が「(やんちゃな)水原希子」を推すのは理解できる。古くは山口小夜子のような独特な世界観を求めているのであろう。一方で、カネボウは有名女優をキャラクターに選択してきた。

その判断がずれた隙をコーセーが突いたのではないかと思う。北川はsaraALLIE(西内まりあは嫌いではない)を首になって、コーセーに移籍した。

 

ちょっと駆け足に紹介したが、僕は業界の内部に居ないので外野観点である。
化粧品CM業界は楽しいのですよ、例えばロート製薬がメイクに進出した宮崎あおいとか。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

自民党が憲法改正に動き、旧民主党が護憲への違和感

今期のバレンタインというかロッテガーナチョコレートの3人娘(広瀬すず・土屋太凰・松井愛莉)のうち、土屋と広瀬は今をときめく女優で、松井の代わりに橋本環奈であれば完璧だと思う反面、詰まらないと感じたかもしれない。一方で松井推しなので出世して欲しい。

 

閑話休題、表題の件。

共産党を除く政党では「自衛隊は合憲」となっていると理解する。新安保も自衛隊の存在と比べれば「違憲」と強い意見を主張することが分からない。多分、旧民主党幹部は自衛隊のことを違憲だと思っているのであろう。
一度政権を担った、社会党(現社民党)、民主党の少なくない勢力は自衛隊の存在は「違憲」なのであろう。一度認めてしまったけど。

とはいえ、「自衛隊の存在は違憲なので解体」というのは多くの国民が望まないであろう。

ロシア(ソ連)や中国に対する空自スクランブル(年百件以上)や、中韓により尖閣諸島他領土領海を侵された事例を鑑みると「九条で平和」は机上の理論で現実的には間違っていることがすでに証明されている。

 

それでも民主党は憲法学者を用いて、「自衛隊は違憲」というニュアンスを表明し、憲法に書いていない「集団的自衛権」を否定した。

一方与党自民党は中韓の不安定さから自国を守るために、新安保を制定した、合憲というスタンスである。新安保によって米国から見放されることを阻止する意図が見える。

 

ここで両党の政策に矛盾を感じる。自民党にとって新安保は合憲である。ということは防衛問題で「憲法改正」は必要ない。(家族観とかは知らんが)

同様に、「新安保が違憲」という共産・旧民主党は、「自衛隊」の存在が合憲かどうかで改憲の必要がある。

共産党は問題ない、自衛隊は違憲で解体すべきということであろう。

一度政権を担った旧民主党の立場は微妙(最大限好意的に表現して)である。自衛隊を国民が必要としていて、党としてそれを是として、新安保が違憲であると表明するのであれば、「憲法改正」をする必要があるのではないか。
同じ文脈で、自民党にとって自衛隊も新安保も「合憲」であれば、少なくとも安全保障の観点からは「改憲」の必要がない。

 

結論じみたもの。「自衛隊と新安保」が違憲である旧民主党は「改憲」を主張すべきであり、防衛問題で問題ないというスタンスの自民党には「改憲」の必要が無いと思う。

すごくすごく両党には矛盾と闇を感じる。 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ドラマ短評

カラバッジョ展に行ってまいりました。恐竜展などで大混雑の上野、国立西洋美術館は初めてと言っていいほど空いていました。
候補はボッティチェリとダビンチと恐竜展があったのですが、ダビンチは絵画は1枚?ボッティチェリもそれほど、恐竜展は春休み後に行けば、と迷いなしに決定。
カラバッジョとカラバッジョ派(カラバッジェスキ)の展示でしたが、筆遣い・構図・ハイライトどれも本家は圧倒していました。同じテーマを本家と派、他派(ポストルネサンス?)で展示してあったりするので分かり易いです。
説明も秀逸で、一応教科書で事前準備・復習をしたのですが、いきなり行っても楽しめると思います。 

さすがプレバロック本家です。天才です。もっともお近づきになりたくないタイプのようですが。お勧めです。


閑話休題。標題の件。2前記事と被っています。

1)最後まで観た(予定含む)ドラマ:「だれか私に恋してください」「フラジャイル」「マネーの天使」「カスミスミレ」(おもしろかった順)

「だれ恋」:キャスト・脚本・演出のどれもが面白かった。特にディーン・フクジオカの声・ルックスともに引き込まれた。三浦翔平君に霞まない存在感がいい。
翔平君の持ち味は「構ってしまう母性本能」だと思うが、違う魅力が引き出されていたのだと思う。
コメディではキャラがはっちゃけていた方が演じやすいというか見ていて安心するのだと思うが、深キョンはなりきっていて、好印象。

「フラジャイル」:こちらもキャスト・脚本・演出が噛み合っていたと思う。
長瀬のつっけんどんな演技も演出だろうし、武井も溌溂さが良かった、野村を初めとした脇役のキャラクター役割がきちんとしていた。

「マネーの天使」:片瀬のべたなキャラクターと葵の大人びた演技の対比が面白かった。話ごとのゲストが吉本芸人という趣向も面白い。
また竹中直人が絞めていて、安心して見ることができた。 

「カスミスミレ」:演出と桐谷の演技が秀逸。脚本はまだ最終回に至ってないので保留。
桐谷も「おばさん臭さ」が僕にとっては「適当(鼻につかなかった)」だった。この手の脚本では演者はやり過ぎる傾向がある。
例えば「パパとムスメの7日間」 ではガッキーの演技は落ち着いていたが、舘の演技は女子高生過剰であり、主人公の性格と異なる演技だったと理解している。
違和感を感じる程度に「おばさん臭さ全開」であった(全開なので抑えているわけではない、ある意味過剰。しかし適当だと思った)。 

 

2)途中でやめた:「わたしを離さないで」「いつかこの恋〜」

「私を」:子供編はSFっぽくて面白そうだと思ったけど、綾瀬・水川・三浦の関係性が面白くなくて辞めた。

「いつか」:暗いので1話で脱落。

4つも残れば上出来でしょう。

 

残念なのは、ドラマ業界に対する不満ですが、同じ枠でやる局と、初回に延長をすることです。ドラマ好きにとってドラマはバラエティやスポーツ・ニュース・ドキュメンタリーより優先されます。
競合しないのです。なので見るものが無い日(時間帯)は結構多い。 

僕はドラマは録画で見る(見逃しがないように)ので、同じ枠は一つしか見られません。視聴率ランキングをドラマ部門で争っているのであれば余計に不思議です。ここは談合してでもドラマが被らないようにお願いする次第です。20時から4枠×7日間の全てがドラマをやっているわけではないのですから。

また、延長もドラマ視聴率に影響を与えます。馬鹿馬鹿しいのでやめてください。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

無知な大衆派・知性が高い利権派、あと共産党独裁でどれを選ぶ?〜米大統領指名選挙への雑感

米共和党のトランプ氏の躍進には興味がある。米国では共産党は無いにしても、本音で選挙してる。

言うまでも無くトランプ氏は大衆派であろう。税収低減や国防費増大が故に「世界警察」からの脱却というところであろうか。
そのターゲットが日韓である。トランプ氏は在韓・在日米軍を否定している。乗っかってクリントン氏もTPP反対の根源を日本に求めている。

米国の未来のリーダーは中国の台頭を韓日に抑えさせる投資をしないようだ。日本も韓国も米軍に対して大手の新聞社が拒否のキャンペーンを実施している。
そのおかげでは無いと思うがトランプ氏の台頭で日韓左派の理想に近づいてきた。

左派:韓国は米国から「見捨てられないか」という心配がありつつ親中、日本は能天気に「反米」である。 

 

閑話休題。米国の大統領選挙への日本人の関心は「貿易」「安全保障」である。米国での最大の関心ごと:景気対策には日本人にはあまり興味がない。
多くの日本人には客観的にしか見えない。もっと言うと日本の主観である。

 

で戻るけど、米国選挙はポピュリズムであふれている。共和党のトランプ氏は最右翼で民主党も。

エスタブリッシュメントが否定されたからといって、共産独裁は選択できない。であればポピュリズムは必然である。

 

民進党はその波を自民党に独占されていると悲観しているように見える。自民党はポピュリズムだとして、そのターゲットを老人に限定している。だからこそ地盤が強い。


だからといって民進党は若者に肥料を蒔くという思想・思考は無いのかと途方に暮れる。 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今期ドラマ雑感

今期見てるのが、「ダメな私に恋してください」と「フラジイャル」「わたしを離さないで」が残った。深夜枠のほうが楽しんでいて「マネーの天使」と「スミカスミレ」である。

月9「いつかこの恋〜」は女優陣が豪華にもかかわらず、暗い展開で脱落した。それなりに視聴率があるというのは有村・高畠ファンにとっては朗報である。録画はしているが見ないと思う。

ダメ恋とフラジャイルには競合が存在したが、初見無しに選択を判断した。競合に興味がないのとそれなりに楽しんでいる。

 

閑話休題。新進女優について述べたい。
1)注目株は「マネーの天使」の葵わかなである。「表参道高校合唱部」で主人公の旧友を演じていて、最近では格安携帯mineoのCMに出ている。

2)「ダメな私に〜」のディーンフジオカ氏である、ルックスもいいのだが、声がいい。人気になるのはわかる。佐野ひなこが目立たないのは残念である。

3)「スミカスミレ」新進ではないが「桐谷美鈴」を推したい。65歳が20歳に若返った役なのだが、それはそれはおばさんぽくて(映像視聴者として)はらはらする。すごく上手いのだ。桐谷の演技は「すごくおばさん」で、いやみや過剰にならない手前ですごく好印象なのである。ディレクタを褒めたい。

 話は変わるが似たようなドラマに「パパとムスメの〜」がある。新垣の代表作になると思われるが舘の演技は酷かった。新垣と舘が演じたのだが、新垣の演技は自然であったが、舘の演技は過剰というより、女子高生の個性を演じ分けられるレベルではなく、超絶大根であった。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2016ブレイク女優 高畑充希じゃね

2014年は橋本環奈・有村架純、2015年は広瀬すず・土屋太鳳がブレイクしたと思っている。個人的に土屋は推していないが、露出はすごい。

さて2016年の筆頭は「高畑充希」であろう、。以前からブレイクすると言われており、露出もそれなりに多かったが(女子ーズ等)、docomo、蝶屋、JPのCMや月9(見てないけど)、朝ドラと一気に露出が増えた。そしてすごくきれいになったと感じる。

特にdocomoのCM。「得ダネ」「演歌」「斉藤さん」どれもかわいい。

「女子ーズ」をあらためて覗いてみたのだが、そんなに可愛くない、山本美月(僕の中では長澤まさみに匹敵する未完の大器)も。やはり最近の高畑は一皮剥けたと思う。

(画像無い、やるきが感じられない)

 

次点としては「中条あやみ」なんだろうけど、すでに十分に露出している。ポカリメリットといった王道のCMに出てたし、2015年組かな。というより、土屋より僕的にはこっちだったし。

個人的には松井愛莉がブレイクしてほしい。結構な露出があって(ガーナチョコレートCM)騒がれないところをみるとむりなのかしら。

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ