飾り巻き寿司のりのり

飾り巻き寿司や料理、手作り、読書など日々のあれこれを書いています



素材のおいしさを生かした味付け

2017年02月27日 | スクールルポ
ご飯、牛乳、いか団子汁、とり肉と里芋のあまからだれ、キャベツのしらす塩昆布あえ



何が入っているのかな、と思ってよく見たら、キャベツにしらすと塩昆布が入っていました。
これは小学校の児童が考えた献立です。

素材のおいしさを生かした味付けになっています。



とり肉と里芋の組み合わせもおもしろいです。



いか団子汁には、いか団子、豆腐、しらたき、えのきだけ、白菜、人参、ねぎ、えのきだけ、しょうがなどが入っていました。


市では夏休みに高学年の児童を対象に、献立の募集をしています。
お手伝いをしながら考えた献立が給食に出されたら、嬉しいでしょうね。

夕食はサワラの味噌漬け、大豆の呉汁、大根のカレーチヂミ





片栗粉でもっちりもちもちのチヂミ、干しエビをたっぷり入れてカレー粉で味付けをしたら、好評でした。
子どもの考えたレシピのように、ちょっと工夫をしていけたらいいな。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加