飾り巻き寿司のりのり

飾り巻き寿司や料理、手作り、読書など日々のあれこれを書いています



群青に沈め 僕たちの特攻

2017年08月10日 | 読書
北朝鮮の威嚇ニュースが世界を騒がせています。
毎年、平和を考えるこの時期に何ということでしょう。

戦争の愚かさを全世界が認識してほしいものです。

昨日読んだのは「群青に沈め 僕たちの特攻」です。

    熊谷達也 角川書店

「神風特攻隊」は映像や手記によって広く知られています。
人間魚雷「回天」も知られています。

けれども戦争も末期になると特攻機は不足し、回天はベニヤ板で作られる有様になったのです。
物資不足の中、余剰特攻隊員の利用をせんがために考えられたのが「伏龍特攻隊」

なんと、敵艦が上陸するタイミングを海に潜って待ち、竹やりのような棒の先に起爆装置をつけ、敵艦を船底からついて爆破するという作戦です。
結局この作戦は実戦で使われることはありませんでしたが、真剣に訓練に取り組んだ若者たちの様子と心情がリアルに描写されています。

15,6歳の若者が、60キロもの潜水服やボンベを身に着け、何時間も海の中で生死と隣り合わせで訓練を受けたのです。
特殊な訓練の中で命を落とした若者も多く、散華するのでなくまさに無駄死にだったわけです。

「伏龍特攻隊」のことは世に知らされませんでした。
ここにも知られざる戦争がありました。

今夜は池上彰が美輪明宏とともに、子どもたちに戦争について語る番組をやっていました。

我々も含め、戦争を知らない世代に戦争の愚かさを伝えるために、過去の現実を知ることです。
平和ボケにならず、世界情勢に目を向けていきましょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« しめ鯖で花火寿司 | トップ | 朝から一仕事&朝食で元気に »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
のりのりさんへ (まりも)
2017-08-11 12:12:30
この季節になると いつもボーっと生活しているワタシも 平和の事を考えさせられますね
特攻隊で 若い命を落とされ
ご家族の元に遺骨も戻らない
生きてやりたいことがたくさん有っただろうし
〆鯖の美味しいお寿司なども 食べたかったろうと思います
お仕事をしていた時は 靖国神社に近かったので何度か足を運びましたが
胸が痛くなりました
世界全体で 平和に力を注ぎ
戦いの無い世界にしなくては いけませんね
まりもちゃんへ (のりのり)
2017-08-11 12:31:43
お仕事は靖国神社の近くだったんですか。
私は去年初めて靖国神社へ行きました。

閣僚の参拝うんぬん言われていますが、そんな政治的レベルで考えることはともかく、優秀な若者が「靖国で再会しよう」といって国のために死んでいったことを思うと胸がつぶれます。

今また、戦争参加に加担する流れが感じられ、危惧しています。

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事