飾り巻き寿司のりのり

飾り巻き寿司や料理、手作り、読書など日々のあれこれを書いています



お寿司教室とハーブティー試飲会

2017年05月15日 | 飾り巻き寿司
レッスンがありました。
5月は全部同じ絵柄を作ることにしたので、金太郎とかぶとです。

今日は初めて男性が、しかも若い男性が高齢女性に混じってレッスンに参加してくれました。
友人の紹介ですが隣の県から高速道路を使って来たというので驚きました。

理解が早く、器用にどんどん作っていく様子はとても初めてとは思えませんでした。
工作が大好きだったという彼は「図工の成績はよかったです。作るのは楽しいです」と満面の笑顔です。






出来上がったお寿司をおいしいおいしいと言って食べてくれました。


彼は「ティーコンシェルジュ」として、オリジナルのハーブティーを紹介する仕事をしているということで、
食後ハーブティーの試飲会となりました。



プロの手で淹れてくれます。これはルイボスティーだったかな。体質改善したい人に最適な1杯。けっこう出回ってますね。



リコリスブレンドは肌荒れや免疫向上したい人に最適。飲んだ後に甘みが残って柔らかな味でした。



カモミールブレンドは低血圧や冷え性の人に最適。うーん、カモミールの香りだ。



これはフェンネルだっかかな。スレンダーな体型を目指す人に最適。知人が毎日飲んでるティーだそうです。



マローブルーブレンドは寝付きの悪い夜や不眠の人に最適。夜飲むといいらしいです。



他にもローズマリー、ローズヒップなども試飲。あれ?前飲んだのは何だったっけ。

どれも飲やすくおいしかったです。
健康、美容、アンチエイジングを目指すおばさま方にとってはおしゃれでおいしい飲み物といえるでしょう。

我が家でのお寿司教室の場を借りての試飲会は、営業活動の一環なのでしょうが
決して押しつけることなく、ハーブテイーの特徴や味を紹介してくれたので好印象でした。

仕事の紹介を兼ねての参加とはいえ、お寿司作りまでいっしょに楽しんでくれる男性はなかなかいませんよ。
さっそくファンになって、ハーブティーのセット買っちゃいました。



何でも楽しんじゃうことにします!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母の日 | トップ | 成果ありや »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは! (watako)
2017-05-15 23:33:32
母の日に、嬉しいプレゼント。
お嫁さんとも、上手にお付き合いされてるんですね

そして、今日は若い男性もご一緒のレッスンでしたか。
隣の県から、高速を使っての参加だったんですね。

飾り巻き寿司の教室、一度は私も参加してみたいです

シーズンは過ぎましたけど、やはり梅から作ろうと考えてます。
ヤマゴボウは、見当たりませんけど・・・。

ハーブティーも、奥が深いですね。
ルイボスティーは、毎食飲んでいます
カフェインが入っていないので、夜でも安心なので・・・
体質改善もできるんですね

のりのりさんへ (まりも)
2017-05-16 06:10:26
男性、それもイケメンの若い方のお教室参加で
皆さん元気パワーを貰ったのに
ハーブティーも、試飲して益々美しく、元気に!
違う方が、お一人入るだけでお教室の雰囲気変わりますね
良い刺激を受けましたね
watakoさんへ (のりのり)
2017-05-16 20:39:42
スパイスに詳しい人ならハーブにも興味があるでしょうね。
ハーブティーはいろいろ説明してもらうと、毎日飲みたくなります。
味に慣れるまでがちょっと、と思いますが慣れれば健康にいいでしょうね。
ダイエット、美肌、不眠、その他全部飲まないといけないですね。
コーヒー党でしたが、これからはハーブティーにもチャレンジです。 
まりもちゃんへ (のりのり)
2017-05-16 20:45:17
そうです! 
ソフトで人当たりがよくイケメンのかっこいい男性でしたよ。 ふふふ。
紹介してくれた友人もそう言ってましたから。
毎回来る高齢のおばさまたちも、その男性に負けじと
いつもより張り切って取り組んでいる様子が
ありありと感じられました。
あー楽しかった!!  

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。